テニス フットワーク

スマッシュ

スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い

スマッシュをしっかり打つ、ポイントを取る。

そのために、初心者の方でもある程度コースは決めて入った方が良いでしょう。

迷ってしまうから、ミスになる。

スマッシュミスは大惨事、みたいな感じで落ち込んでしまう。

無理なくこれ、で良いんじゃないですかね?

 

スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い

 


 

1.相手のバックハンド、を狙おう

スマッシュを、狙ってコントロールする。

「いや、そんな余裕無いんですけど」と言う方も、考えてみて下さい。

スマッシュミスする人って、何も決まって無いんですよ。

打つコースも、どこで止まってジャンプするのか、も。

とにかくロブに対してまず下がって、落ちて来たら考えようかな・・・とう感じ。

これでは、絶対に試合では勝てないし、スマッシュが苦手になるだけ。

先に決めておくこと、すごく大事ですよ。

 

2.相手の利き腕だけ、先に確認しておこう

これも、簡単ですね。

左利きの選手がいれば、覚えておくだけ。

それ以外は右利きですから、アナタ自身も右利きだったらスマッシュは逆クロスに打つ。

左利きの方なら、クロスに打つ。

そうすれば、右利きの相手のバックハンド側に自然とスマッシュが打てます。

先に確認しておけば、スマッシュを打つ前からもう打つコースに結論が出ている。

これが、安定感の源になります。

 

3.特に女性の方は、バックハンドが狙い目

これは、確実に言えます。

特に、初中級レベルまでの相手には、スマッシュをバックハンド側に打つことが有効。

なぜなら、男性のように片手のスライスを使うのが難しいから。

恐らく、通常の両手バックハンドのストロークで返球、しようとしても上手くはいかないでしょう。

スマッシュがバック側に来る、というだけで怖気づいてくれますしね。

女子ダブルスでは、徹底してスマッシュをバック側に入れる。

これを意識しておくだけで、迷い無くミスが減るでしょう。

 



 

4.男性のスマッシュなら・・・?

男性なら、こう考えましょう。

バック側にスマッシュを打って、もっと甘いロブを引き出す、ということ。

甘いロブを引き出し、最後はまたスマッシュ。

1発で決めようとしないで、じっくり打っていく作戦を選択していく。

試合の後半は、バック側を警戒させてのフォア側で仕留める、なんてのも有りですね。

バックハンドのロブは、スライスでなかなか深く返球するのは難しいでしょうから。

じっくり、じっくりスマッシュで追い込んでいきましょう。

 

5.お勧めの練習法

まず、スマッシュ練習=球出し、というパターンを捨てましょう。

ロブ対スマッシュ、でラリー練習をやってみて下さい。

これは、スマッシュ側だけでなくロブ側も良い練習になる。

2対1で、ロブ側を2人にすればかなり続くと思いますよ。

スマッシュ側も、1発で決めないでしっかり安定感重視、コントロール重視。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

スマッシュの実力を上げれば、試合でも前に出やすいですよね。

威力は無くても、しっかりバック側にコントロール出来る人は試合でも強いはず。

特に女性のみなさんは、迷い無く狙えるように練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?

    ダブルスの試合で、「どっちが先に、どちらのサイドでサーブを打つのか?」…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  3. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう

    スマッシュは、結果的にポイントを獲れるかどうか。速さや威力、も…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  6. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない…
  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
  3. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
PAGE TOP