シングルス

シングルスでネットに出るのが、怖い方に

シングルスでも、ネットに出ましょう!

と、言い続けて来ましたが、やはり抜かれるのが怖いというみなさんに。

私がいつも意識している、シングルスの試合でのネットプレーのポイントについて。

コツさえ押さえれば、ダブルスよりも楽です、実際。

 

シングルスでネットに出るのが、怖い方に

 


 

1.一気に前に出なくて良い

ネットプレー、ボレーと言えば、ついダブルスの前衛をイメージしがち。

でも、それはかなり高望みでしょう。

だって、そもそも前衛は前専門、ですからね。

最初から前にいるし、後ろは後衛に任せることが出来る。

これと一緒にはしない、全くの別物と考えて良いでしょう。

ボレーでノータッチで華麗に決めるなんて、望まないことです。

シングルスのネットプレーには、いぶし銀な要素が求められると思っておいて下さい。

 

2.相手に難しいことをさせるつもりで

これで大丈夫です。

私なら、まず相手のバックハンドを狙ってバックハンドで処理させる。

出来れば低い打点で打たせたいので、スライスを使ってアプローチ、前には出過ぎない。

ここで警戒すべきは、ロブです。

相手はロブを打って来る可能性が高いので、あまり前に出過ぎないでOK。

早めに止まって、サービスラインくらいで待っていて良いと思いますよ。

相手のバックハンドの打点を見て、しっかり構えているならクロス、少し振り遅れ気味ならダウンザライン、ストレートに来る可能性が高い。

前に出過ぎなければ、距離があるので相手が打ってからでも間に合いますからね。

 

3.ライン際のパッシングショットなんて、プロでも触れない

実際に、プロ選手の試合を観ていると、パッシングショットのコースがエグいですよね。

でも、これは触れなくてOK。

ここまで警戒していると、そりゃネットになんて出れないですから。

相手のナイスショットは捨てて、無難に打って来るボールをしっかり警戒する。

これがシングルスのネットプレーの基本スタンス。

ダブルスと違って、相手も一人ですから慌てなくて大丈夫。

普通に返球出来れば、それだけで脅威になりますよ。

 



 

4.相手を走らせれば、大成功!

私も、シングルスの試合でボレーするときには、相手を走らせる。

ネットから遠い場所でボレーして、走らせれば大成功なんです。

決めようと思うから、力が入るしミスになる。

走ってまた次、であればどんどん相手のショットの精度は落ちていくでしょう。

特に、シニアやベテランの方のシングルスは、ストローク側が粘るなんてまず無理。

走らせるだけで良い、シングルスなので相手は1人ですからじっくり料理していきましょう。

それくらいの意識で、ちょうど良いはずです。

 

5.お勧めの練習方法は?

まず、ネットから離れた位置でのプレーを磨きたい。

球足の長いボレーや、ハーフボレーを打てるように意識しましょう。

普段のボレー対ストロークのラリーでも、意識してネットから離れてみる。

ロブを打たれても自然に追っていけるような距離感、でストローク側の選手とラリーしてみましょう。

それだけで、かなりシングルス向きのネットプレーの練習になりますよ。

詰め過ぎてボレーの練習をしても、シングルスでは上を抜かれて終わりですから。

 

そもそも、最初から成功させようと思わないこと。

シングルスでボレーが上手い人も、最初はたくさんの失敗を重ねて来たはずですから。

失敗を重ねてこそ、自分で感覚が養える。

シングルスの試合に出ているみなさん、やはりネットに出ましょう!

それが周りとの違いを作る、良いアクセントになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  4. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  6. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

    シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。これを繰り返していると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず
  2. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
  3. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道
  4. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  5. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
PAGE TOP