ボレー

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。

試合に出ていると、この必要性を感じませんか?

浮いたボレーは、前衛に捕まるとやられてしまう。

でも、浮かないボレーなら相手のミスも誘える。

ネットが怖い、だけどボレーを浮かせたくない・・・という方に、今回は打点でのヒントを一緒に考えてみましょう。

 

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

 


 

1.なぜ、ボールは浮いてしまうのか?

要因は色々あるでしょうが、やはり大きいのはラケット面の作り方。

ボールの下を打つようなボレーであれば、当然山なりなボレーになります。

でも、こういうボレーが必要な場面もあるんですよ、実際。

ネットから遠い位置でのボレー、ファーストボレーを深く返すような時には、必要ですよね。

でも、例えばダブルスで4人共にネットに出て、ボレーボレーを打ち合うような場面ではどうでしょう?

浮かないボレーを打つ、しっかり抑えを効かせたボレーに仕上げておかないと、ビビって打てないんじゃないですか?

 

2.ボールに横回転、をかけてみよう

ボレーが浮いてしまうのは、ラケット面が上を向いているから。

つい、相手コートに安全に返球しようとすると、浮いてしまいますよね。

ここで勇気を持って、ボールに横回転をかけるという意識が大事。

ボールの横を触って、スライスをかける。

ラケットの先を、立てるか寝かせるかハッキリさせて、ボールをコントロールする意識が大事です。

基本的にボールの右側を触れば左に飛ぶし、左側を触れば右に飛ぶ。

この感覚を、しっかり練習から養っておきましょう。

 

3.スライス回転をかけるから、ネットしないで越えていく

「でも、低い弾道だとネットしそうで怖い・・・」と思う方も多いでしょう。

確かに、その怖さはあります。

でも、しっかり横回転をかけたボレーって、ネットしないんです。

なぜなら、失速しないで滞空時間が長い、低い弾道でも重力に負けない強さがあるんです。

だからしっかり回転をかけることが出来るし、試合でも自信を持って打てる。

回転をかけるから、ネットしないという感覚が大事です。

 

4.当てるだけ、ではなく少しだけ前に押す

少しだけ前に押し込むこと、でしっかり回転がかかります。

当てて返そう、とすると上手くいかない。

浮かないようにしようと意識し過ぎて、弱々しいボレーになっては反撃されます。

ラケット面を作って、前に押してスライスをかける。

余裕があれば、下半身も使って足を出す。

このあたり、普段の練習から意識するだけでだいぶ違いますよ。

 

浮かないボレーは、回転がかかっている。

上手い人と試合をすると、そんな感じじゃないですか?

真後ろを打つのではなく、ボールの横を捕らえて回転をかける。

アングルボレーにも応用出来るこの技術、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

    試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。ストロークに比…

  3. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

  4. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  5. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ

    ダブルスの試合、並行陣で戦う上で必要なこと。相手のレベルが上…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
  4. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?
PAGE TOP