ボレー

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。

試合に出ていると、この必要性を感じませんか?

浮いたボレーは、前衛に捕まるとやられてしまう。

でも、浮かないボレーなら相手のミスも誘える。

ネットが怖い、だけどボレーを浮かせたくない・・・という方に、今回は打点でのヒントを一緒に考えてみましょう。

 

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

 


 

1.なぜ、ボールは浮いてしまうのか?

要因は色々あるでしょうが、やはり大きいのはラケット面の作り方。

ボールの下を打つようなボレーであれば、当然山なりなボレーになります。

でも、こういうボレーが必要な場面もあるんですよ、実際。

ネットから遠い位置でのボレー、ファーストボレーを深く返すような時には、必要ですよね。

でも、例えばダブルスで4人共にネットに出て、ボレーボレーを打ち合うような場面ではどうでしょう?

浮かないボレーを打つ、しっかり抑えを効かせたボレーに仕上げておかないと、ビビって打てないんじゃないですか?

 

2.ボールに横回転、をかけてみよう

ボレーが浮いてしまうのは、ラケット面が上を向いているから。

つい、相手コートに安全に返球しようとすると、浮いてしまいますよね。

ここで勇気を持って、ボールに横回転をかけるという意識が大事。

ボールの横を触って、スライスをかける。

ラケットの先を、立てるか寝かせるかハッキリさせて、ボールをコントロールする意識が大事です。

基本的にボールの右側を触れば左に飛ぶし、左側を触れば右に飛ぶ。

この感覚を、しっかり練習から養っておきましょう。

 

3.スライス回転をかけるから、ネットしないで越えていく

「でも、低い弾道だとネットしそうで怖い・・・」と思う方も多いでしょう。

確かに、その怖さはあります。

でも、しっかり横回転をかけたボレーって、ネットしないんです。

なぜなら、失速しないで滞空時間が長い、低い弾道でも重力に負けない強さがあるんです。

だからしっかり回転をかけることが出来るし、試合でも自信を持って打てる。

回転をかけるから、ネットしないという感覚が大事です。

 

4.当てるだけ、ではなく少しだけ前に押す

少しだけ前に押し込むこと、でしっかり回転がかかります。

当てて返そう、とすると上手くいかない。

浮かないようにしようと意識し過ぎて、弱々しいボレーになっては反撃されます。

ラケット面を作って、前に押してスライスをかける。

余裕があれば、下半身も使って足を出す。

このあたり、普段の練習から意識するだけでだいぶ違いますよ。

 

浮かないボレーは、回転がかかっている。

上手い人と試合をすると、そんな感じじゃないですか?

真後ろを打つのではなく、ボールの横を捕らえて回転をかける。

アングルボレーにも応用出来るこの技術、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について

    決定力のあるボレー、さすがにネット近くでは決めていきたい。粘り…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  3. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

  4. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

    「ボレーで足元にボールが来た時、ノーバウンドかハーフボレー、どっちの方…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

    ボレーは丁寧につなぐことが第一。それでも、4人でネットについて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  2. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  3. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい
PAGE TOP