ボレー

低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

ボレーが苦手な人の、泣き所と言えばコレ。

低い位置でのボレー、ローボレーを返すのが難しいですよね。

でも、これってどうなんでしょう。

私は、あえて基本を捨てることで、楽に返せるようになると思いますよ。

 

低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

 


 

1.基本を捨ててみる、と見えてくる

低い位置でのボレー、例えば膝より低い位置でのボレーはみなさんどうでしょう?

難しい・・・と感じますか?

それは、ボレーの基本を踏襲しようと考えているからだと思います。

身体を横向き、顔を近づけて、ラケットヘッドを立ててボレー、をやろうとしてると難しい。

もっと楽に、ラケットを下に出すだけで良いでしょう。

コーチからすると「なんだ、その横着なボレーは!」と怒られるかも知れませんが。

こちらとしては、相手から攻撃されている非常事態。

基本を守っているほど、余裕は無いんですよね。

 

2.低い位置でのボレーは、軽く触るでOK

ローボレー、何が難しいのか。

それは、「相手コートに深く返そう」と思うから難しいのかも知れません。

軽く触るだけで良い、浅くなっても良いと思って触ってみて下さい。

実際の試合では、これで充分相手に対抗出来る。

多いミスが、ローボレーを無理して深く打とうとしてアウト、じゃないですか?

そうなるくらいなら、軽く触って相手コートにまず返す。

その時の打ち方は、ラケットを下に出すだけで低い態勢も作らないで良いと思います。

 

3.ローボレーは低い態勢で・・・?

打つのが確かに基本、でしょう。

でも、正直そこまでの余裕が無い時もあります。

そんな時には、まずラケット面を作って返球優先、で良いんじゃないでしょうか。

例えばサーブ&ボレーの、ファーストボレーのような場面。

相手のリターンが鋭いなら、まず返すことを優先しないと。

低い態勢を作るのに一生懸命で、打つ瞬間にはガシャってしまう人、多くないですか?

もっともっと、現実的にプレーしていきましょうよ。

 

4.大事なのは、返したその次!

ですよね、試合では。

軽く触ってまず返す、そして次のポジションをどうするか、です。

前に詰めても良いし、ロブを予測して下がっても良い。

次の相手の態勢を見て、自分でポジションを調整出来る。

軽く触って打つからこそ、この余裕が生まれるんです。

並行陣、プレーの基本は次のポジショニングですから。

ここが疎かになるなら、その打ち方を変えていく方が私は正しい選択だと思いますよ。

 

横着なボレー、良いじゃないですか。

無理なく体力も温存出来るし、態勢も崩れない。

確かに、コーチやスクールでは直されることも多いでしょう。

そこをどうするのか、良い機会ですので担当コーチと話し合っても良いと思いますよ。

厳しく足下に打たれたボレーをどうするのか。

アナタ自身が決めた答えで、プレーしていきましょう。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

  6. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!
  3. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
  4. テニス リターン

    ストローク

    自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです
  5. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
PAGE TOP