シングルス

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。

すぐに浅くなってしまう人に、ちょっとしたアイデアを。

今のアナタ自身のストロークで、充分に深さを出すことは出来ます。

きっと、発想の転換だけで試合は勝てるようになる。

私はそう思いますよ。

 

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

 


 

1.深く打てるコース、があることに気付こう

まず、深さを出すには何が必要か。

私は、クロス方向へのショット、だと思います。

シングルスの打ち合い、いかにクロス方向に深く打てるかどうか。

この精度が非常に大事。

ただ闇雲に深く打つ、ではなく「クロスにしっかり深く打つこと」が大事なんだと。

シングルスの試合で、この意識をしっかり持って入りましょう。

迷いが消えれば、必ずラケットを振り切って深く打てるようになるはずです。

 

2.深く打っても入るのがクロスのコース

何より、距離が長い。

アナタが思っている以上にクロスのコースは、深くても入ります。

元々テニスコートは縦に長い、それにクロスのコースは斜めに打てるから飛距離を出しても良い。

スピン回転をしっかりかければ、変化して落ちてコートに収まってくれる。

この自信、が試合では大きな武器になります。

深く打ってもアウトしたら、気持ちも落ち込みますよね。

クロスなら大丈夫。

絶対に深く入ります。

 

3.サイドラインではなく、ベースラインを狙う

ここで狙いのコツとしては、ベースラインを狙うこと。

ベースライン上のバウンドさせるくらい、の意識でちょうど良いでしょう。

サイドラインを狙うと、身体が横回転してしまって上手くボールに縦の回転がかからない。

深く打って、ベースラインに落とすイメージでラケットを振ってみて下さい。

きっと、多少甘いクロスでも深さは出るはず。

サイドライン狙いのクロスは、浅いショートクロス系のショットだけ、に限定して使いましょう。

 

4.あくまで相手を押し込むショット、として使う

深いストロークで、エースは必要無い。

むしろ、相手も下がりますからまずノータッチエースは望めないと思っておきましょう。

しっかり相手を下げる、後ろに押し込むショットとして使うこと。

その後のネットプレー、につなげていくようなイメージで良いでしょう。

深いショットでエースを狙うと、力んでコントロールが乱れます。

シングルスの試合なら、相手は一人。

じっくり後ろに下げて、ネットプレーやドロップショットで充分に有効な攻撃は出来ますからね。

 

狙いをクロスに絞って、しっかり振る。

ベースラインに落ちるくらいの軌道で、高い軌道をイメージして打っていきましょう。

深く打つショットは、シングルスの屋台骨を支える技術。

ぜひ、ストロークで磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  3. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  6. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い
  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
PAGE TOP