シングルス

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。

すぐに浅くなってしまう人に、ちょっとしたアイデアを。

今のアナタ自身のストロークで、充分に深さを出すことは出来ます。

きっと、発想の転換だけで試合は勝てるようになる。

私はそう思いますよ。

 

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

 


 

1.深く打てるコース、があることに気付こう

まず、深さを出すには何が必要か。

私は、クロス方向へのショット、だと思います。

シングルスの打ち合い、いかにクロス方向に深く打てるかどうか。

この精度が非常に大事。

ただ闇雲に深く打つ、ではなく「クロスにしっかり深く打つこと」が大事なんだと。

シングルスの試合で、この意識をしっかり持って入りましょう。

迷いが消えれば、必ずラケットを振り切って深く打てるようになるはずです。

 

2.深く打っても入るのがクロスのコース

何より、距離が長い。

アナタが思っている以上にクロスのコースは、深くても入ります。

元々テニスコートは縦に長い、それにクロスのコースは斜めに打てるから飛距離を出しても良い。

スピン回転をしっかりかければ、変化して落ちてコートに収まってくれる。

この自信、が試合では大きな武器になります。

深く打ってもアウトしたら、気持ちも落ち込みますよね。

クロスなら大丈夫。

絶対に深く入ります。

 

3.サイドラインではなく、ベースラインを狙う

ここで狙いのコツとしては、ベースラインを狙うこと。

ベースライン上のバウンドさせるくらい、の意識でちょうど良いでしょう。

サイドラインを狙うと、身体が横回転してしまって上手くボールに縦の回転がかからない。

深く打って、ベースラインに落とすイメージでラケットを振ってみて下さい。

きっと、多少甘いクロスでも深さは出るはず。

サイドライン狙いのクロスは、浅いショートクロス系のショットだけ、に限定して使いましょう。

 

4.あくまで相手を押し込むショット、として使う

深いストロークで、エースは必要無い。

むしろ、相手も下がりますからまずノータッチエースは望めないと思っておきましょう。

しっかり相手を下げる、後ろに押し込むショットとして使うこと。

その後のネットプレー、につなげていくようなイメージで良いでしょう。

深いショットでエースを狙うと、力んでコントロールが乱れます。

シングルスの試合なら、相手は一人。

じっくり後ろに下げて、ネットプレーやドロップショットで充分に有効な攻撃は出来ますからね。

 

狙いをクロスに絞って、しっかり振る。

ベースラインに落ちるくらいの軌道で、高い軌道をイメージして打っていきましょう。

深く打つショットは、シングルスの屋台骨を支える技術。

ぜひ、ストロークで磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要

    テニスのシングルスの試合で、なかなか勝てないと悩んでいる方は、特に学生…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本
  2. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
  3. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
  5. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
PAGE TOP