シングルス

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。

すぐに浅くなってしまう人に、ちょっとしたアイデアを。

今のアナタ自身のストロークで、充分に深さを出すことは出来ます。

きっと、発想の転換だけで試合は勝てるようになる。

私はそう思いますよ。

 

シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

 


 

1.深く打てるコース、があることに気付こう

まず、深さを出すには何が必要か。

私は、クロス方向へのショット、だと思います。

シングルスの打ち合い、いかにクロス方向に深く打てるかどうか。

この精度が非常に大事。

ただ闇雲に深く打つ、ではなく「クロスにしっかり深く打つこと」が大事なんだと。

シングルスの試合で、この意識をしっかり持って入りましょう。

迷いが消えれば、必ずラケットを振り切って深く打てるようになるはずです。

 

2.深く打っても入るのがクロスのコース

何より、距離が長い。

アナタが思っている以上にクロスのコースは、深くても入ります。

元々テニスコートは縦に長い、それにクロスのコースは斜めに打てるから飛距離を出しても良い。

スピン回転をしっかりかければ、変化して落ちてコートに収まってくれる。

この自信、が試合では大きな武器になります。

深く打ってもアウトしたら、気持ちも落ち込みますよね。

クロスなら大丈夫。

絶対に深く入ります。

 

3.サイドラインではなく、ベースラインを狙う

ここで狙いのコツとしては、ベースラインを狙うこと。

ベースライン上のバウンドさせるくらい、の意識でちょうど良いでしょう。

サイドラインを狙うと、身体が横回転してしまって上手くボールに縦の回転がかからない。

深く打って、ベースラインに落とすイメージでラケットを振ってみて下さい。

きっと、多少甘いクロスでも深さは出るはず。

サイドライン狙いのクロスは、浅いショートクロス系のショットだけ、に限定して使いましょう。

 

4.あくまで相手を押し込むショット、として使う

深いストロークで、エースは必要無い。

むしろ、相手も下がりますからまずノータッチエースは望めないと思っておきましょう。

しっかり相手を下げる、後ろに押し込むショットとして使うこと。

その後のネットプレー、につなげていくようなイメージで良いでしょう。

深いショットでエースを狙うと、力んでコントロールが乱れます。

シングルスの試合なら、相手は一人。

じっくり後ろに下げて、ネットプレーやドロップショットで充分に有効な攻撃は出来ますからね。

 

狙いをクロスに絞って、しっかり振る。

ベースラインに落ちるくらいの軌道で、高い軌道をイメージして打っていきましょう。

深く打つショットは、シングルスの屋台骨を支える技術。

ぜひ、ストロークで磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

    今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。…

  5. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する
  2. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
  3. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  4. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの「ラケットでの球出し」にはテクニックが必要!その為に、身に付けたい技術に…
PAGE TOP