テニス ダブルス

リターン

リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみなさんへ。

前に踏み込んで、そこからストレートってなかなか難しいですよね。

でも、ちょっとしたコツを掴めば大丈夫。

ラケット面だけで、ストレート方向へコントロール出来るようになりますよ!

 

リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

 


 

1.リターン改革、でいこう!

思い切って、変えることが大事だと思います。

リターンのコースを打ち分ける、ということ。

今まで、どこかストロークの延長線上で考えてはいませんでしたか?

私は、それでは難しいと思っています。

リターンはストロークとは分けて、ボレーの感覚でラケット面で打ち分けて良い。

なぜなら、ベースラインよりも内側、前に入って打つショットだから。

前に入って壁を作る、ことを意識出来ればリターンは確実に打ち分けられるようになります。

 

2.ストレートにボールを飛ばす、ラケット面は出来てる?

リターンの時には、そんなにスウィングは出来ません。

それこそ、速いサーブは当てるだけ、が精いっぱいでしょう。

ですから、ストレートにしっかり打つ為には、ラケット面が出来ているかどうか、が鍵になります。

当てるだけで、まずストレートに飛んでいくようなラケット面、が出来ているかどうか。

ここの意識、が強く持てているかが大事です。

ラケットの振り、スウィングでコントロールしようとしている人は、まだまだたくさんいます。

遅いサーブならそれでも打てますが、速く正確なサーブは難しいでしょう。

自分でどういうラケット面を作っているのか、を再度意識してみましょう。

 

3.壁を作って、引き付ける

ラケット面さえ出来ていれば、何も心配ありません。

あとは自分自身が、壁になるようなイメージ。

その壁に、ボールを引き付けていく。

予めポジションを前にしておいて、壁ですからあまり動き過ぎる必要はありません。

しっかり、ボールを跳ね返していく。

相手前衛に向かって、ボールを飛ばす。

強打する必要は全くありません、相手に触られてもOK。

しっかりと自分が壁になって、思ったところにはね返すこと、がリターンでは大事です。

 

4.ストレートに打つ、のは最初に決めておこう!

いつ決めるの?と言えば、ポイント前です。

ダブルスなら、しっかりパートナーに伝えておかないとダメですからね。

ストレートに打つと決めるのは、いつだってかなり前、です。

「次ストレートに打つね」と伝えたら、もうラケット面を準備にかかる。

相手がサーブを打つ構えをする頃には、「こういう角度で、ここで当てていこう」という具体的なイメージまで持てるように。

ストレートに打つ、壁になってはね返していく。

試合では、これでいきましょう!

 

ストレートへのリターンは、打つというより運ぶという感じ。

強打して決まるのも、運んで決まるのも、テニスでは同じポイントですからね。

小さい動作で運べた方が、その次のボールまでしっかり対応出来ます。

ぜひ、意識してダブルスのリターンに使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  3. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

    マッチポイント、絶対に取りたい・・・。と、意気込んで挑む中でも…

  4. リターン

    センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?

    センターへ厳しいサーブ、これをどうリターンしていくのか。これは…

  5. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  6. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  2. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール
  3. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやっ…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます
PAGE TOP