テニス ダブルス

ダブルス

見せかけIフォーメーション、効果は絶大

ダブルスでサーブからのフォーメーション。

これは、難易度が高いと誰もが思いますよね。

でも、実はそうでもありません。

特に高校生、大学生のみなさんにはぜひ試して欲しいのが、Iフォーメーション。

「あぁ・・・あの前衛がしゃがんで、大変なやつか・・・」と思った方、違います。

もっと普通に、今までの延長でやってみて良いんですよ。

 

見せかけIフォーメーション、効果は絶大

 


 

1.前衛は低い態勢になり、センターに少し寄るだけ

誰が見ても、「フォーメーション入れて来たな!」と思われるのが、本来のIフォーメーション。

サーブを打つ人、前衛、リターンが一直線上に立って、揺さぶる戦術ですね。

これ、確かに効果はありますが実際はどうでしょう。

リターンをサイドに打たれたら辛いので、それをさせないサービス力は必要になります。

それに、完全にしゃがんだ状態の前衛が立ち上がるのも、結構大変。

ですから、これを完全にやる必要は無いでしょう。

「なんちゃって」「見せかけ」で、私は良いと思いますよ。

 

2.前衛はセンターに寄る、そして・・・?

まず、前衛はいつものポジションから少しセンターに寄ります。

前衛は普通の場所だと、基本はストレートを守るような場所に立っていることになります。

ですので、1メートルだけセンターに寄る。

これだけでも、かなりリターン側からしたら嫌なはず。

でも、そのまま立っていると、後頭部にサーブが当たることもあるでしょう。

ですから、しゃがまないまでも、低い態勢を作る。

膝はコートに付かなくて良いですが、出来るだけ低い態勢を作ってサーブを打つコースを空けてあげる。

この形で、見せかけIフォーメーションの完成です!

 

3.そのまま、動かないでもOK

Iフォーメーションは、前衛とサーバーでお互い逆に動く、ケースが多いですよね。

サーブ側が右なら、前衛は左に。

この打ち合わせをしておいて、勝負!というのが基本です。

でも、今回の見せかけIフォーメーションなら、無理しなくても大丈夫。

前衛は、サーブの音が聞こえたら動かない、またはストレート寄りに動いても良いと思います。

これだけでも、充分に相手へのプレッシャーになります。

フォーメーションの作戦は、「動かないと!」というプレッシャーを自分たちで背負ってしまうことが多いですから。

あくまでこの作戦は、「見せかけ」で良い。

すごく動きそうで、実は普通の雁行陣・・・なんて感じで、良いんです。

 

4.何もしないと、強い相手には勝てません

この作戦は、あくまで見せかけですが・・・大事な揺さぶり、です。

強い相手には、何もしないと普通に負けてしまうだけ。

この作戦で、少しでもリターンで力んでくれたり、感情的になってくれればラッキー。

見せかけだけのIフォーメ―ションですから、こちらとしては特別なことをしているつもりは無い、という感じでいきましょう。

前衛が、少し低い態勢で1メートルセンターに寄る。

やることは、これだけです。

ぜひ、学生のみなさんだけでなく、社会人のみなさんも試してみて下さい!

 

ポジションが1メートル違えば、だいぶ印象が違います。

前衛なら、なおさらですね。

見せかけでも良い、とにかく相手にプレッシャーをかけていきましょうよ。

やってみたら上手くいく、病みつきになること間違いなしです。

 

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

    男子ダブルス、またはミックスダブルスで、こういう試合は必ずあります。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと
  2. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  4. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
  5. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?
PAGE TOP