テニス ダブルス

ダブルス

見せかけIフォーメーション、効果は絶大

ダブルスでサーブからのフォーメーション。

これは、難易度が高いと誰もが思いますよね。

でも、実はそうでもありません。

特に高校生、大学生のみなさんにはぜひ試して欲しいのが、Iフォーメーション。

「あぁ・・・あの前衛がしゃがんで、大変なやつか・・・」と思った方、違います。

もっと普通に、今までの延長でやってみて良いんですよ。

 

見せかけIフォーメーション、効果は絶大

 


 

1.前衛は低い態勢になり、センターに少し寄るだけ

誰が見ても、「フォーメーション入れて来たな!」と思われるのが、本来のIフォーメーション。

サーブを打つ人、前衛、リターンが一直線上に立って、揺さぶる戦術ですね。

これ、確かに効果はありますが実際はどうでしょう。

リターンをサイドに打たれたら辛いので、それをさせないサービス力は必要になります。

それに、完全にしゃがんだ状態の前衛が立ち上がるのも、結構大変。

ですから、これを完全にやる必要は無いでしょう。

「なんちゃって」「見せかけ」で、私は良いと思いますよ。

 

2.前衛はセンターに寄る、そして・・・?

まず、前衛はいつものポジションから少しセンターに寄ります。

前衛は普通の場所だと、基本はストレートを守るような場所に立っていることになります。

ですので、1メートルだけセンターに寄る。

これだけでも、かなりリターン側からしたら嫌なはず。

でも、そのまま立っていると、後頭部にサーブが当たることもあるでしょう。

ですから、しゃがまないまでも、低い態勢を作る。

膝はコートに付かなくて良いですが、出来るだけ低い態勢を作ってサーブを打つコースを空けてあげる。

この形で、見せかけIフォーメーションの完成です!

 

3.そのまま、動かないでもOK

Iフォーメーションは、前衛とサーバーでお互い逆に動く、ケースが多いですよね。

サーブ側が右なら、前衛は左に。

この打ち合わせをしておいて、勝負!というのが基本です。

でも、今回の見せかけIフォーメーションなら、無理しなくても大丈夫。

前衛は、サーブの音が聞こえたら動かない、またはストレート寄りに動いても良いと思います。

これだけでも、充分に相手へのプレッシャーになります。

フォーメーションの作戦は、「動かないと!」というプレッシャーを自分たちで背負ってしまうことが多いですから。

あくまでこの作戦は、「見せかけ」で良い。

すごく動きそうで、実は普通の雁行陣・・・なんて感じで、良いんです。

 

4.何もしないと、強い相手には勝てません

この作戦は、あくまで見せかけですが・・・大事な揺さぶり、です。

強い相手には、何もしないと普通に負けてしまうだけ。

この作戦で、少しでもリターンで力んでくれたり、感情的になってくれればラッキー。

見せかけだけのIフォーメ―ションですから、こちらとしては特別なことをしているつもりは無い、という感じでいきましょう。

前衛が、少し低い態勢で1メートルセンターに寄る。

やることは、これだけです。

ぜひ、学生のみなさんだけでなく、社会人のみなさんも試してみて下さい!

 

ポジションが1メートル違えば、だいぶ印象が違います。

前衛なら、なおさらですね。

見せかけでも良い、とにかく相手にプレッシャーをかけていきましょうよ。

やってみたら上手くいく、病みつきになること間違いなしです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく

    決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?ダブルスの試合で、「…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

    ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に…
  3. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由
  5. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!
PAGE TOP