テニス リターン

シングルス

シングルスには、自分というパートナーがいる

最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があります。

大坂選手のシーンは、よくテレビでも見ますよね。

「あんなコーチが、自分にもいれば・・・」と思ったみなさん、安心して下さい。

アナタ自身にも、大事な味方がついているじゃないですか。

 

シングルスには、自分というパートナーがいる

 


 

1.自分は監督、選手は別

難しい表現かもしれませんが、私はこの感覚で試合をしています。

自分の身体を動かしているのは、もう一人の自分。

それはコートの上の方から、それこそコントローラーを使って動かしている、ような感じ。

試合は選手がやるけど、実際にはシングルスの試合を2人で戦っているような感じ、ですね。

自分は監督として、選手に指示を出す。

選手と会話もするし、意見も聞く、そして最後に決断する。

シングルスの試合ですけど、戦っているのは1人じゃない。

この感覚、みなさんはどうでしょうか?

 

2.対戦相手について、「論じる」ことが大事

シングルスの試合ですから、対戦相手は1人。

この相手に対して、監督と選手で話し合う。

監督は準備してきた作戦や、練習してきたことを求めるけど、現場の選手はどうでしょう。

「いや、これは厳しいですよ監督」と、思っているかもしれない。

だから率直な意見を聞いて、作戦を方向転換していく。

こうやって「対話」していると、気持ちも楽になっていくんですよ。

論じること、をやってみる。

コートには2人の選手がいる、と思えるとすごく楽ですよ。

 

3.まやかしでも、2対1にしてしまう

もちろん実際には1人ですが、何だか頼もしくなってくる。

2人で試合をしているような感じになって、相手に向かっていけるはずです。

昔女子選手でラケットバッグに小さなぬいぐるみを入れている選手がいましたが、これも一つのアイデア。

ベンチに座らせておいても、良いんじゃないですか?

まやかしでも、2対1、3対1くらいにして、シングルスの試合を戦ってみる。

仲間の応援も当然力になりますが、やはり自分を分かってくれている監督、自分自身を味方につけないと。

シングルスの試合は、孤独との戦いですからね。

 

4.自分と向き合えた人から、自分を受け入れることが出来る

テニスがなかなか上手くならない、上達しない方。

それはどこかで、「自分と向き合うこと」を避けている人でしょう。

何となく本気になれない、余力を残しておきたいから、自分とあえて向き合わない。

そうなると、試合では勝てません。

脆いし、すぐに逃げてしまう。

自分と向き合うことが出来るかどうか、自信が無い人ほどシングルスを2人で戦って欲しいんです。

最初は、監督と選手が喧嘩してばかりだと思いますが、必ずその距離は縮まっていきます。

自分と向き合えた人から、本物のテニス選手になれる。

T-PRESSは、記事を通じて自分と向き合う場、でもあると思って下さい。

 

苦しいとき、しんどいとき。

試合でどう踏ん張るのか、だと思います。

1人では、なかなか厳しい。

2人いる、自分というパートナーがいるという発想一つで、救われる試合がある。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

  4. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  2. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出してい…
  3. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  4. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?
PAGE TOP