テニス ボレー

スマッシュ

テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

「ストロークが手打ちになってるよ!」と、いつも怒られているみなさん。

私は、この感覚はぜひスマッシュで打って欲しいんです。

手打ち=手首だけを使って打つから、ダメ、という発想は捨てましょう。

試合に勝ちたいなら、スマッシュは手打ちでOK。

逆に、そうじゃないと非効率的なんですよ。

 

テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

 


 

1.腕を振ってスマッシュ、打てる?

実際、サーブもそうです。

上手い人の効率的な腕の使い方、を見てみて下さい。

手首を上手く使って、腕はそんなに大きく振っていない、腕は上で打ち終わっている。

振ろう、振ろうと思っても、それだけ打点はぶれるし切れ味は出ないんです、サーブもスマッシュも。

手首を折るような形で、肘から先を少し動かすくらいで良い。

スマッシュもサーブも、コントロール重視でいきたいですからね。

大きく腕を振っても、安定感もコントロール性も上がらないです。

 

2.手打ちが出来るように、打点を確保

手打ちでパン!と打ってスマッシュを決める。

これに必要なのは、どこで打つかの打点です。

自分の頭上、よりも少しネット側に確保出来ると大丈夫。

それから、ボールのどこを打つのか、ですね。

手打ちでボールの真後ろ、を叩けば手首への負担も大きいですよ。

少しだけスライスをかけるようにボールの外側、を触って打つ。

そうすれば、少ない力で打てるしコントロールも良くなる。

ぜひ、この打点を自分で探してみて下さい。

「なんだ、これで良いんだ」という感触、掴めるはずですよ。

 

3.力は下半身から伝える

「でも、スマッシュはしっかり打ちたい!」という方も多いでしょう。

私も、そう思います。

スマッシュが弱弱しいと、試合では勝てない。

だからこそ、下半身から上方向に力を伝える。

止まって打つんじゃなくて、上に少しでもジャンプする。

軽くジャンプした方が、スマッシュは絶対に上手く打てます。

余裕があり過ぎると、つい両足をベターッと着けたままになってしまうじゃないですか。

こうなると、スマッシュはミスが一気に増えます。

 

4.意識はラケットを持っていない手、が中心!

コツとしては、これです。

ラケットを持っていない手、が主役。

これをしっかり上に掲げてバランスを取る。

ラケットを持つ手は、最後に手打ちでパン!と打つだけですから。

大事なのはフットワーク。

力んでしまう人ほど、こういう意識でいきましょう。

私なら、右利きですので左手主導。

左手のバランス次第、でスマッシュの精度は決まる。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

本当に、力は要らないんですよね。

スマッシュって、実際手打ちで良いし、バランス次第。

腕を振り過ぎてバランスを崩す人、がほとんどでしょう。

みなさん、試合向きのスマッシュに変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そ…

    テニスの試合では、「頭より上」のボールはしっかり打ち切ってポイントを獲…

  2. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

  3. テニス ボレー
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

  6. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと
  2. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  3. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう
  4. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝え…
PAGE TOP