シングルス

シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

シングルスの試合で、セルフジャッジ。

そんなときに、何気なく打っているサーブを打って、損することがある。

これを知っていると、すごく戦いやすくなります。

同時に、きっとサービスゲームも良い方向に向かいますよ。

 

シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

 


 

1.もし、ネットにかけると・・・

サーブをネットにかけると、どうなりますか?

当然、自分のコートに戻って来ますよね。

これ、ファーストサーブがネットしてセカンドサーブの前に、妙な間が出来ますよね。

「取りに行こうか・・・」と、迷った時点で、セカンドサーブにも影響が出る。

全く出ない、と言い切れる人は少ないんじゃないでしょうか。

それに、ネット近くに落ちたからそのままプレー、の時だって、実は気になってしまう。

ネットに出ると、踏む可能性だってありますからね。

色んな意味で、ファーストサーブをネットしてしまうのはすごく損なんです。

 

2.ダブルスなら、前衛が素早く拾える

これがダブルスなら、話は別。

前衛が拾ってくれますから、自分はすぐにセカンドサーブの準備に入れる。

意識している人は少ないかもしれませんが、ファーストとセカンドの間って、出来るだけ短い方が良い。

集中して、同じル―ティーンでこなしていきたいですからね。

シングルスなら、当然ボールを拾うのも自分自身。

だからこそ、ファーストサーブは絶対にネットしない。

理由は、面倒なことになるから。

うん、これで良いじゃないでしょうか?

 

3.ネットしない、だけでナイスサーブが増えるはず

実際、私はこの意識で試合をしているので、楽です。

根としなければ、失敗ではない。

オーバーフォルトはOK、という感じで自分としてはすごく楽になるんです。

ネットしないような動機付け、は小さいことでも良い。

自分の流儀、リズムを持っていると思えると、サービスゲームは強くなる。

実際に、すごくネットフォルトは少ないです。

そうしていれば、良いサーブは入ります、絶対に。

 

4.でもネットしても、慌てずに処理しよう

それでも、ネットすることはあります。

そういう時には、私はあえて、しっかり時間を取ります。

歩いてボールを拾って、またポジションに着いてしっかり打つ。

慌てて戻る、ような気持ちが湧いた時点でもう黄色信号ですから。

どうせネットしたんなら、ここはしっかり間を空けて落ち着こう、という感じ。

シングルスの試合ですから、誰に気を遣う必要もありませんしね。

こうやってメリハリ、を付けると良いと思いますよ。

 

シングルスの試合、孤独だし辛いじゃないですか。

フォルトしてボールを避けにいく作業・・・何だか切なくないですか?

これを減らす、だけでかなりメンタルも変わるはず。

損なことはしない、に限りますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  2. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

    シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。まず、…

  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

    テニスの試合、試合運びが上手い選手はこの辺りが上手い。ちょとし…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  5. テニス 練習
  6. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう
  2. テニス フットワーク

    ボレー

    ダブルスの試合で、「ポーチに出たのにローボレーになってしまう」のは大問題です!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い
  5. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
PAGE TOP