シングルス

シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

シングルスの試合で、セルフジャッジ。

そんなときに、何気なく打っているサーブを打って、損することがある。

これを知っていると、すごく戦いやすくなります。

同時に、きっとサービスゲームも良い方向に向かいますよ。

 

シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

 


 

1.もし、ネットにかけると・・・

サーブをネットにかけると、どうなりますか?

当然、自分のコートに戻って来ますよね。

これ、ファーストサーブがネットしてセカンドサーブの前に、妙な間が出来ますよね。

「取りに行こうか・・・」と、迷った時点で、セカンドサーブにも影響が出る。

全く出ない、と言い切れる人は少ないんじゃないでしょうか。

それに、ネット近くに落ちたからそのままプレー、の時だって、実は気になってしまう。

ネットに出ると、踏む可能性だってありますからね。

色んな意味で、ファーストサーブをネットしてしまうのはすごく損なんです。

 

2.ダブルスなら、前衛が素早く拾える

これがダブルスなら、話は別。

前衛が拾ってくれますから、自分はすぐにセカンドサーブの準備に入れる。

意識している人は少ないかもしれませんが、ファーストとセカンドの間って、出来るだけ短い方が良い。

集中して、同じル―ティーンでこなしていきたいですからね。

シングルスなら、当然ボールを拾うのも自分自身。

だからこそ、ファーストサーブは絶対にネットしない。

理由は、面倒なことになるから。

うん、これで良いじゃないでしょうか?

 

3.ネットしない、だけでナイスサーブが増えるはず

実際、私はこの意識で試合をしているので、楽です。

根としなければ、失敗ではない。

オーバーフォルトはOK、という感じで自分としてはすごく楽になるんです。

ネットしないような動機付け、は小さいことでも良い。

自分の流儀、リズムを持っていると思えると、サービスゲームは強くなる。

実際に、すごくネットフォルトは少ないです。

そうしていれば、良いサーブは入ります、絶対に。

 

4.でもネットしても、慌てずに処理しよう

それでも、ネットすることはあります。

そういう時には、私はあえて、しっかり時間を取ります。

歩いてボールを拾って、またポジションに着いてしっかり打つ。

慌てて戻る、ような気持ちが湧いた時点でもう黄色信号ですから。

どうせネットしたんなら、ここはしっかり間を空けて落ち着こう、という感じ。

シングルスの試合ですから、誰に気を遣う必要もありませんしね。

こうやってメリハリ、を付けると良いと思いますよ。

 

シングルスの試合、孤独だし辛いじゃないですか。

フォルトしてボールを避けにいく作業・・・何だか切なくないですか?

これを減らす、だけでかなりメンタルも変わるはず。

損なことはしない、に限りますよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 試合
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

    シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?…

  3. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

  6. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず
  2. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設…
  3. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  5. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
PAGE TOP