その他

第1回 読者ミーティング 無事終了しました!

昨日にて、第1回 読者ミーティングを開催させて頂き、無事終了することが出来ました。

参加者のみなさん、ありがとう御座いました!

今回は10人弱のでの開催ということもあり、私としてはすごくアットホームな感じで楽しく進めさせて頂くことが出来ました。

何せ、こうやって人前で話すことも久々で・・・私自身、準備しながら不安でいっぱいでした。

ですが、参加者のみなさんの温かい声や、発表に参加頂く意欲に押されて、本当に私自身すごく楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

 

当日は、テーマとなる「試合に勝てる前衛術」ということで、ダブルスの前衛に着目した形で私が普段考えていることや、試合の動画等を交えて解説させて頂きました。

今回、やりたかったこととして、講師側が一方的に伝えるのではなく、みなさんの中から引き出したいなと。

そして参加者のみなさん自身で、自分にコミットしてもらうような形で進めたいと考えてました。

結果的には、すごく熱意のある参加者のみなさんで、今後自分が前衛としてどうプレーをステップアップさせていくのか、明確になったように思います。

私自身、すごく刺激になり、勉強になりました。

 

改めて、テニスって良いなと。

テニスを続けていなければ、こうやってみなさんと出会うことも無かったし、感動することも無かったでしょう。

今回のような企画は、毎月1~2回ほど、実施させて頂く予定です。

場所は今回の東京都世田谷区になってしまいますが、いつか全国で、違う場所でも実施していきます!

また、ゆくゆくはライブ配信や動画で参加出来る形など、参加者のみなさんの意向も考慮しながら、トライしていきたいなと。

新しいテニスを学ぶ場、価値を提供出来るように、これからも頑張っていきます!

また告知させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

  2. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!

    テニスもレベルが上がってくると、当然相手のボールも早くなる。速…

  3. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  4. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  5. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる

    テニスが上手くなる瞬間。それは、突然訪れます。特に、社…

  6. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

コメント

    • 岩田浩代
    • 2018年 10月 13日

    こんばんは。
    先日のイベントはドタ参ありがとうございました。
    非常に有意義な時間を過ごさせていただきました!
    またイベントあったら、ぜひおじゃまさせてください。

      • tomita
      • 2018年 10月 14日

      先日はありがとう御座いました!
      また新しいテーマでも企画させて頂きますので、ご都合合えばぜひまたよろしくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  2. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないと…
  4. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  5. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
PAGE TOP