テニス ボレー

ボレー

サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

ダブルスの試合で、サービスゲームの前衛。

「出ないと、動かないと・・・」と思っていると、いつの間にかゲームをブレイクされる。

その次も・・・結局同じ、じゃないですか?

アナタが思っているよりも、テニスの試合って早く進むし取返しが付かなくなる。

そうなる前に、動くなら・・・いつがベストでしょうか?

 

サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

 


 

1.絶対に、1ポイント目!

私なら、最初のポイント。

パートナーがサーブを打つ、0-0のカウントで絶対に動きます。

理由は簡単で、対戦相手もまだサーブに慣れていないから。

どんなコースに、どんな球種で来るのかを探っている段階ですからね。

ストレートに速いリターンが来ることは、ほぼ無いと思って良いでしょう。

打たれたら、それは仕方ない、それが入ったら相手を褒めるしかありません。

でも、最初のポイントで動いた前衛、ということでしっかりと印象は残せるはず。

この準備、が大事ですよ。

 

2.ダブルスの試合は、どんどん進む

考えてみて下さい。

アナタ自身が「サービスゲームの前衛」としてプレー出来るのは4ゲームに1回だけ。

1/4の確率でしか、ゲーム自体回って来ないんです。

ダブルスの試合、どんどん進んでいきますからね。

「次こそ・・・」なんて考えていても、2ゲームで終わる可能性だって高い。

それがダブルスの試合、です。

動けるとき、最初に動いておかないと、後悔だけが残りますよ。

 

3.セカンドサーブでも、出て良いと思う

ファーストポイントって、ただの1ポイントじゃない。

試合の流れを大きく作るし、その後の試合中ずっと引きずります。

それは、ポイントを取っても取られても一緒。

だからせめて、印象付ける何かをやっておいて損は無いはず。

相手リターンを、前衛が触る。

そのことだけで、大成功ですよ。

そこから先、相手はずっと前衛を気にしながらプレーしていかないといけない。

これは辛い、辛過ぎるんですよね。

 

4.空気なんか、読まないで壊すこと

強い相手と対戦するときこそ、です。

相手が勝つ、周りで見ている人も、「きっと強いペアが勝つよな・・・」と思っているところ、空気を壊す。

それには、ファーストポイントアタックしかないでしょう。

前日から、温めておく。

ペアとLINEしながら、どうやって試合に入るか、その入り方だけでも確認しておきましょう。

試合に勝ちたいなら、空気を変えること。

自分たちで何を興すのか、が大事です。

 

動きたいけど動けない。

そういう前衛のみなさんは、もう決めで入りましょう。

どんな試合でも、1ポイント目は出る!その結果は気にしない。

ダブルスの試合、最初に動けると気持ちも身体も軽くなりますからね。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    チャンスを決めるパンチの効いたボレー、ラケットヘッドの使い方に秘密有り

    バシッとボレーで、しっかり決めたい。パンチ力のあるボレーでミス…

  3. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

  4. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

  5. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

    女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。その…

  6. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  2. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人…
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
PAGE TOP