テニス ボレー

サーブ

サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

テニススクールでは、中級以上で並行陣を習うケースが多い。

ストロークが好きなのに、何で前に出ないといけないんだ・・・と、思う方も多いでしょう。

この並行陣に必要なサーブ&ボレー、これには何より根気が必要です。

難しいことをやろうとしている、だからこそ少し長い目で見て習得していかないといけないんです。

 

サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

 


 

1.難しいことを、楽しもう

テニスを始めて、ストロークが上達してネットプレー、次はサーブ・・・。

結構、このボレーとサーブで苦戦する人、多いですよね。

サーブ&ボレーは、その難しい技術を一気に連続でやってしまおう、という訳ですから。

そりゃ、難しいですよ。

サーブを入れることで精いっぱいなのに、前に出てネットから遠い位置でボレー。

これには、根気が必要です。

すぐに上手くいかない、そんな自分を受け入れることが大事です。

 

2.難しさを、楽しめるかどうか

サーブ&ボレーは、上級者の方でも難しい。

ミスが多いし、それこそリターン側から厳しく足下に打たれたら、サーブ側が苦しくなる。

でも、やはり試合に出るみなさんには、オプションとしても身に付けておく必要がある技術、戦術であることは確かです。

この難しい技術を、楽しみながら習得出来るかどうか。

自分として、工夫したり試行錯誤、を楽しめるかどうかって結構ポイントですよ。

色々なアドバイスがありますが、こういう技術は聞くコーチによって意見が割れたりしがち。

大事なのは、アナタ自身の感覚で取捨選択すること、です。

 

3.いきなり試合で使ってみる、方が良い

出来なくても、やってみる。

そうすると、見えて来るものがありますよ。

まず、相手リターン選手の反応は、どうなるのか。

自分がステイして後衛でストロークをするのと、サーブ&ボレーで前に出るのとでは、どう違うのか。

この感覚を先に実戦で養ってしまえば、練習も面白くなる。

何より、試合で使える感覚があるから、練習にも身が入りますよね。

「何だか分からないけど、とにかく言われたからやってるだけ」の人は、ずっとサーブ&ボレーなんて身に付かないです。

それくらい、差が大きくなっていく部分、だと思いますよ。

 

4.学生のみなさんこそ、ぜひ挑戦を!

中学生、高校生、大学生のみなさん。

騙されたと思って、根気強く、このサーブ&ボレーに取り組んでみて下さい。

難しいこと、を楽しむつもりで。

なぜなら、相手はこういうスタイルに慣れていない可能性が高いですから。

学生=ストローク、の時代じゃないですか。

前に出る、サーブ&ボレーの真似事で全然良いと思います。

試合に勝ちたいなら、普通にやっていてもダメ。

普通の結果を変えたいなら、アナタ自身が変わっていかないと難しい。

それがテニスの試合、です。

 

出来る出来ない、は関係ないです。

やるか、やらないか。

根気強く、試合で使って練習を続けることが出来るかどうか。

気持ち良くストロークを打っているだけの人に、勝ちたいならサーブ&ボレー、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  2. テニス 構え
  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  4. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる
  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  3. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?
  4. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
PAGE TOP