テニス ボレー

サーブ

サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

テニススクールでは、中級以上で並行陣を習うケースが多い。

ストロークが好きなのに、何で前に出ないといけないんだ・・・と、思う方も多いでしょう。

この並行陣に必要なサーブ&ボレー、これには何より根気が必要です。

難しいことをやろうとしている、だからこそ少し長い目で見て習得していかないといけないんです。

 

サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

 


 

1.難しいことを、楽しもう

テニスを始めて、ストロークが上達してネットプレー、次はサーブ・・・。

結構、このボレーとサーブで苦戦する人、多いですよね。

サーブ&ボレーは、その難しい技術を一気に連続でやってしまおう、という訳ですから。

そりゃ、難しいですよ。

サーブを入れることで精いっぱいなのに、前に出てネットから遠い位置でボレー。

これには、根気が必要です。

すぐに上手くいかない、そんな自分を受け入れることが大事です。

 

2.難しさを、楽しめるかどうか

サーブ&ボレーは、上級者の方でも難しい。

ミスが多いし、それこそリターン側から厳しく足下に打たれたら、サーブ側が苦しくなる。

でも、やはり試合に出るみなさんには、オプションとしても身に付けておく必要がある技術、戦術であることは確かです。

この難しい技術を、楽しみながら習得出来るかどうか。

自分として、工夫したり試行錯誤、を楽しめるかどうかって結構ポイントですよ。

色々なアドバイスがありますが、こういう技術は聞くコーチによって意見が割れたりしがち。

大事なのは、アナタ自身の感覚で取捨選択すること、です。

 

3.いきなり試合で使ってみる、方が良い

出来なくても、やってみる。

そうすると、見えて来るものがありますよ。

まず、相手リターン選手の反応は、どうなるのか。

自分がステイして後衛でストロークをするのと、サーブ&ボレーで前に出るのとでは、どう違うのか。

この感覚を先に実戦で養ってしまえば、練習も面白くなる。

何より、試合で使える感覚があるから、練習にも身が入りますよね。

「何だか分からないけど、とにかく言われたからやってるだけ」の人は、ずっとサーブ&ボレーなんて身に付かないです。

それくらい、差が大きくなっていく部分、だと思いますよ。

 

4.学生のみなさんこそ、ぜひ挑戦を!

中学生、高校生、大学生のみなさん。

騙されたと思って、根気強く、このサーブ&ボレーに取り組んでみて下さい。

難しいこと、を楽しむつもりで。

なぜなら、相手はこういうスタイルに慣れていない可能性が高いですから。

学生=ストローク、の時代じゃないですか。

前に出る、サーブ&ボレーの真似事で全然良いと思います。

試合に勝ちたいなら、普通にやっていてもダメ。

普通の結果を変えたいなら、アナタ自身が変わっていかないと難しい。

それがテニスの試合、です。

 

出来る出来ない、は関係ないです。

やるか、やらないか。

根気強く、試合で使って練習を続けることが出来るかどうか。

気持ち良くストロークを打っているだけの人に、勝ちたいならサーブ&ボレー、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  3. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある

    サーブを打つ前に、ボールを下に突く。この何気ない動作、みなさん…

  4. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

    自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。ま…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイン…
  2. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件
  3. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
  4. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  5. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていく…
PAGE TOP