サーブ

ボールを下に突く、のにもコツがある

サーブを打つ前に、ボールを下に突く。

この何気ない動作、みなさんスムーズに出来てますか?

「ここまで気にするの?」と思うのかも知れませんが、気にしましょう。

テニスが上手い人は、この動作が美しいし、流れるようなボールの扱いでリズムも生まれる。

サーブが苦手な人ほど、こういう所作を見直した方が良いですよ。

 

ボールを下に突く、のにもコツがある

 


 

1.ボールを下に、突いてますか?

サーブを打つ前、だけじゃない。

テニスは、ボールをバウンドさせて打ち合う競技ですから。

自分がボールを持っている時には、どんどんコートに突きましょう。

突いていくだけで、コートのバウンドの感覚を掴めますから。

やり慣れたコートでも、当日の気候や使うボールによって違ったりもしますからね。

何より、ボールをコントロールしているだけでリズムが良くなるし、精神も落ち着く。

この「精神が落ち着く」、というのを実感出来ると強いんですよね。

 

2.ボールが乱れたら、落ち着くものも落ち着かない

ボールを下に突く、簡単なようで・・・奥が深いですよ。

これ、上手く出来る人と下手な人、差が無いように思いますよね。

実際、差はあります。

上手い人は、バウンドしたボールがきちんと手元に戻って来る。

ほとんど、手は動かさないんですよね。

下手な人はボールの軌道がバラバラ、手で毎回取りにいく感じ。

しまいには、自分の足に当たってボールが転がっていく始末。

まぁ、練習したり、誰かから教わったりしないですからね。

だからこそ、T-PRESSでは書いておきたいんです。

 

3.コツは3つの指、でクッションを作ること

ボールを支える、3本の指。

親指、人差し指、中指。

この3本の指でしっかり支える意識、が大事です。

支えつつ、バウンドして上がって来るボールの勢いを優しく吸収する、クッションになる。

手のひらでキャッチするような感じ、の方が多いですが、これでは安定しない。

キャッチしている、というよりも「支えている」だけ。

繰り返し下に突く時には、ボールをキャッチしている訳ではないんですよね。

勢いを吸収しているだけ。

この感覚、で優しく下に突き続ける、リズム良く、軌道が変わらないように出来る。

これだけで、かなりサーブは安定感がアップすると思いますよ。

 

4.ボールを見なくても、出来るようになろう

下を向いて、ボールを見ながら突く。

これに慣れてきたら、ボールを見ないでも突ける、キャッチ出来るようにしていきましょう。

手元を見ないで、しっかり出来ると良い感覚が養えるようになるんです。

ボールは、こう動くんだ。

テニスコートって、これくらい弾むんだ。

こういう小さい気付き、感覚を、普段の練習の中で養っていく。

意識次第で、アナタ自身も変わりますし、雰囲気が出て来るはずです。

 

テニスが上手い人って、ボールの扱いが上手い。

本当に小さい所作なんですけど、美しいというか、流れるような感じありますよね。

これらは全て、大事なリズム。

自分でリズムを持っている人は試合でも強い。

そのリズムは、アナタ自身で考えて、合理的に作り出していく必要があるんです。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  2. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  3. テニス メンタル
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  6. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  2. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  3. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ
  4. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り
  5. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?
PAGE TOP