テニス ボレー

ボレー

ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。

そう考えている方は、テニススクールの初中級者クラスの方は多いんじゃないでしょうか?

確かに、ストロークと比べれば難しそうなボレー。

でも、今回はそれをしっかり攻守で考えることで、上手く対処出来るコツをご紹介します。

当たり前のようで、なかなか意識出来ていないものなんですよ。

 

ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

 


 

1.ボレーは打って来る、相手次第

ストロークと違って、相手との距離は短いですから。

ストロークで打たれるにしても、ボレー対ボレーになるにせよ、とにかく相手との距離が近いから時間が無い。

相手が打ったらすぐ、自分も打たないといけない。

ですから、余裕が無くてみなさん焦ってしまうんだと思います。

焦ってしまうと、どんなボールが来るのか、来そうなのか、を考えられないで頭が真っ白になる。

そして、いつも「同じ待ち方」をしてしまうんです。

 

2.もっと相手を、よく見よう!

相手を見れば、ボールを予測出来る。

それがテニスです。

相手がしっかり打って来る、態勢が充分に良い感じなら、アナタ自身のボレーはどうでしょう。

まず、守りの意識に切り替えますよね。

ブロックしてまず返す、足は前に出せないことを覚悟するべきでしょう。

逆に、相手の態勢が不十分だったら、どうでしょうか。

鋭いボールは来ないし、ロブが来る可能性も高い。

ここで、何を変えるべきでしょうか?

上の2つを同じように待っていたら、損ですよ。

 

3.ブロックボレーで待つなら・・・?

態勢は低く、相手の強打に備えましょう。

リラックスしてラケットを高い位置に構えて、正面はバックボレーですね。

そうやって返す準備、をしっかり意識として高く待つ。

これだけでも、かなり守備力は上がりますよ。

ブロックボレーですから、相手のボールは速い、自分のボレーは少しスライスをかけて山なりに返球する、のが基本ですね。

下がり過ぎない意識も大事。

相手が強打の場面でも、下がれば下がるだけ、守れる範囲は狭くなりがち。

自分が壁になる、という覚悟が大事です。

 

4.相手の態勢が不十分なら・・・?

やっとボールに追い付く相手、または深いボールに苦しそうにしている。

そこから、どういうボールが来るのか想定して、準備する。

私なら、ロブも警戒して少しだけ下がる。

そして、そこからフワッとしたボールが来れば、足を前に踏み込んでボレー。

アナタ自身が押しているような場面ですから、焦らなくても大丈夫です。

ブロックボレーのときとは違い、しっかりフットワークを使うイメージですね。

遅いボールには、自分から足を出していく。

相手が打つ前に、しっかり分けて考えておくことが大事です。

 

ボレーが苦手な人は、まずこの2種類。

しっかり分けて、予測して待てるようにしましょう。

普段の練習、ボレー対ストロークのラリーから意識するだけで、だいぶ違いますよ。

慣れてくれば、自然と考えなくても身体が反応してくれるようになるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  3. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー

    実戦的で、試合で使えるボレー。私は、このドロップボレーを凄く試…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  5. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ

    試合の中で使えるボレーは、相手をしっかり攻撃していくボレー。で…

  6. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  3. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
  5. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
PAGE TOP