テニス 練習

練習メニュー

練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。

私自身、社会人になってからは練習時間が減りましたし、学生の頃のようには出来ません。

でも、じゃあ毎日練習していれば上手くなるのかと言えば・・・そうでも無いでしょう。

打てるようにはなりますが、上手くなるのは難しい。

練習って、ある意味怖いんです。

 

練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

 


 

1.正しい練習、が出来ているのかどうか

全国のテニスチーム、スクール、色々な練習があって良い。

でも、それが正しい練習かどうかと言えば・・・あまり深く考えたこともない、という方が多いんじゃないでしょうか?

ショートラリーからロングラリー、ボレスト、ゲーム形式、試合・・・みたいな感じで、何となくこなしている。

テニススクールでも、同じです。

みんな、何となく正しいと思うことを、何となく練習しているだけ。

正しい練習が出来ているかどうか、という疑問なんてあまり持たないですよね。

これは怖い、実に怖いことなんです。

 

2.間違っている練習は、そのままマイナスの要素を強くしていく

例えば、何か間違っている練習をするとしましょう。

間違っている、と言い切るのも難しいですが、例えばストローク練習で、入りもしなうようなフラットショットをコートの後方からドッカン、ドッカン打つ練習。

これ、やればやるほど、試合では勝つのが難しくなりますよ。

そういうショットを打たせてくれる相手、なら勝てる可能性はあるかも知れないですが・・・。

入ったとしても強い相手なら拾われる。

でも、その人は練習で「相手に拾われる」ことは全く想定していない。

だから打った後の構えも無いし、来る場所に来た球出しをドッカンドッカン、打ち込むだけ。

これ、やればやるだけ逆効果。

極端な例ですが、これは実はよくある話。

練習の為の練習、であって、本人の満足度優先なんですよね。

 

3.練習の中身だけじゃない、大事なのは姿勢

私は、最近これを特に感じます。

練習の中身、はもちろん大事なんですが、それより大事なのは姿勢。

本人の意識、ですね。

自分に必要なものは何かを常に問いかけ、飢餓感に満ちている。

練習して試合で強くなりたい、だから試合から逆算して練習出来る人は、強くなります。

でも、ほとんどの人、環境はそうじゃないですよね。

お金を払って、お客さんとしてテニスをする。

サークルでも、仲が良いメンバーと気持ち良くなるテニスの練習、をする。

用意された環境があって、練習を仕切ってくれる人がいて、自分はその中に入ってラケットを振るだけ。

こうなるのが普通、なんです。

こういう練習で、強くなると思いますか?

私は、全くの逆、試合では弱くなっていくだけだと思います。

 

4.練習で上手い人と、試合で強い人は違う

3.のような環境の中で、力を発揮出来る人は普通。

水槽の中で、気持ち良く泳ぐ熱帯魚と一緒ですね。

私たちの試合は、それこそ大海原に出て自分で餌を求めて、生き残らないといけない。

そのために餌を探す、食べる練習をしないといけないんですが、水槽にいれば自然と餌は降って来る。

この環境の意識、を変えないと練習しても試合に強くはなれないでしょう。

「じゃあどうすれば良いんだよ・・・」と、思った方も多いでしょう。

全ては、アナタ自身が疑問を持つこと、から始まります。

「どうすれば良いんだろう・・・」と考えることが、スタートラインです。

 

偉そうに書いてますが、これは私自身の自戒の文章でもあります。

やっぱり「練習した気」を求めてるんですよね、いつも。

でも、いつも「ちょっと待てよ」と立ち止まってみる。

傍から見るとただの面倒くさい人にしか見えないと思うんですが、私たちは試合で勝ちたい、結果を出したいはず。

それくらいの意識で良い、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  3. 練習メニュー

    テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう

    学生時代は、部活やサークルで練習。社会人からは、テニススクール…

  4. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。ま…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ
  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!
  4. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
PAGE TOP