テニス ストローク

リターン

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

テニスの試合は、シングルスかダブルス。

色々やることは変わって来ますが、一番変化があるのはリターン、でしょう。

この違いを理解出来ていれば、そう簡単にサーブで押し切られることも無い。

自分の中で、どう違いを作るのか。

両方出ている方も、専門でチャレンジしている方も、今一度リターンのポジションについて考えてみましょう。

 

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

 


 

1.シングルスの場合は?

相手は1人、サーブを打って来る相手。

ですから、基本気楽で良いと私は思います。

甘いリターンでも、そう簡単には決まらない。

ダブルスのような前衛がいないので、まずは返す、サーブを打った相手にもう一度打たせることが大事になって来ます。

シングルスの場合、サーブが返せないともったいないですからね。

まずは返す、のを優先するので、ポジションは少し下がり目でも良い。

ファーストサーブはハッキリ下がってみると、相手もやり辛いと思いますよ。

 

2.ダブルスは・・・?

今度は、相手の前衛がいます。

ですから、サーブを打った相手、ともう一人敵がいる。

これが厄介なんですよね。

しかも、前にいるから簡単なボールでリターンすると、その時点で決められてしまう。

では、どうするのか。

リターンのポジションで言えば、私は前に入ることが大事だと考えています。

相手サーブ選手との、距離を詰める。

ということはつまり、相手の前衛との距離も詰めるということ。

距離が短くなればそれだけ、打ってから反応、ボールに触れるまでの時間が無くなりますから、そう簡単に前衛は参戦出来ないでしょう。

これがベースラインより下がった場所からリターンしていると・・・前のスペースも使われるし、ポーチにも出やすい。

強い相手は、このあたりを見逃してはくれません。

 

3.ダブルス用リターンは、そのままシングルスでも使える

私は、この「ダブルス用リターン」をぜひ身に付けて欲しいと思っています。

コートの内側に入って、サーブをライジングショットのようなリターンで返す。

なぜなら、シングルスでも使えるから。

相手がセカンドサーブになって、リターンダッシュでプレッシャーをかけることも出来る。

前に出なくても、ライジングでリターンするだけで相手サーバーはビビってくれます。

良いコースに入れば、ウィナーにもなる。

ダブルス用リターン、が出来ればシングルスでも強いんです。

 

4.逆に、シングルスリターンしか出来ないと・・・

ダブルスの試合では、戦えませんよね。

並行陣のような相手、サーブ&ボレーが上手い相手からすると、前にドロップを打てばもう得点。

簡単にやられてしまいます。

よっぽど相手のサーブが触れない、手も足も出ない時にだけ、下がるのは有りですが。

シングルスのリターン、ではなかなかダブルスは戦えない。

プロ選手の試合を観るときも、ぜひこのリターンのポジショニング、は意識してみて下さい。

シングルスの試合のファーストサーブ、でかなり下がっているのには理由があります。

プロ選手はサーブが凄いのと、自分自身が脚力があるから、ですね。

 

もっともっと、カスタマイズしていきましょう。

リターンのポジションを変えて、試行錯誤してみる。

アナタ自身で、どのあたりまで前に出れるのか、下がれるのか。

ぜひ、意識して普段の練習から、探ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  2. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  3. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  2. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
  3. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  4. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
PAGE TOP