テニス ストローク

リターン

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

テニスの試合は、シングルスかダブルス。

色々やることは変わって来ますが、一番変化があるのはリターン、でしょう。

この違いを理解出来ていれば、そう簡単にサーブで押し切られることも無い。

自分の中で、どう違いを作るのか。

両方出ている方も、専門でチャレンジしている方も、今一度リターンのポジションについて考えてみましょう。

 

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

 


 

1.シングルスの場合は?

相手は1人、サーブを打って来る相手。

ですから、基本気楽で良いと私は思います。

甘いリターンでも、そう簡単には決まらない。

ダブルスのような前衛がいないので、まずは返す、サーブを打った相手にもう一度打たせることが大事になって来ます。

シングルスの場合、サーブが返せないともったいないですからね。

まずは返す、のを優先するので、ポジションは少し下がり目でも良い。

ファーストサーブはハッキリ下がってみると、相手もやり辛いと思いますよ。

 

2.ダブルスは・・・?

今度は、相手の前衛がいます。

ですから、サーブを打った相手、ともう一人敵がいる。

これが厄介なんですよね。

しかも、前にいるから簡単なボールでリターンすると、その時点で決められてしまう。

では、どうするのか。

リターンのポジションで言えば、私は前に入ることが大事だと考えています。

相手サーブ選手との、距離を詰める。

ということはつまり、相手の前衛との距離も詰めるということ。

距離が短くなればそれだけ、打ってから反応、ボールに触れるまでの時間が無くなりますから、そう簡単に前衛は参戦出来ないでしょう。

これがベースラインより下がった場所からリターンしていると・・・前のスペースも使われるし、ポーチにも出やすい。

強い相手は、このあたりを見逃してはくれません。

 

3.ダブルス用リターンは、そのままシングルスでも使える

私は、この「ダブルス用リターン」をぜひ身に付けて欲しいと思っています。

コートの内側に入って、サーブをライジングショットのようなリターンで返す。

なぜなら、シングルスでも使えるから。

相手がセカンドサーブになって、リターンダッシュでプレッシャーをかけることも出来る。

前に出なくても、ライジングでリターンするだけで相手サーバーはビビってくれます。

良いコースに入れば、ウィナーにもなる。

ダブルス用リターン、が出来ればシングルスでも強いんです。

 

4.逆に、シングルスリターンしか出来ないと・・・

ダブルスの試合では、戦えませんよね。

並行陣のような相手、サーブ&ボレーが上手い相手からすると、前にドロップを打てばもう得点。

簡単にやられてしまいます。

よっぽど相手のサーブが触れない、手も足も出ない時にだけ、下がるのは有りですが。

シングルスのリターン、ではなかなかダブルスは戦えない。

プロ選手の試合を観るときも、ぜひこのリターンのポジショニング、は意識してみて下さい。

シングルスの試合のファーストサーブ、でかなり下がっているのには理由があります。

プロ選手はサーブが凄いのと、自分自身が脚力があるから、ですね。

 

もっともっと、カスタマイズしていきましょう。

リターンのポジションを変えて、試行錯誤してみる。

アナタ自身で、どのあたりまで前に出れるのか、下がれるのか。

ぜひ、意識して普段の練習から、探ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

    相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。で…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストローク…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  5. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  6. リターン

    ブレイク意欲、を相手に見せつけよう

    テニスの試合は、どこかで相手のサーブをブレイクしないと勝てない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です
  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い
  5. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
PAGE TOP