テニス ストローク

リターン

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

テニスの試合は、シングルスかダブルス。

色々やることは変わって来ますが、一番変化があるのはリターン、でしょう。

この違いを理解出来ていれば、そう簡単にサーブで押し切られることも無い。

自分の中で、どう違いを作るのか。

両方出ている方も、専門でチャレンジしている方も、今一度リターンのポジションについて考えてみましょう。

 

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

 


 

1.シングルスの場合は?

相手は1人、サーブを打って来る相手。

ですから、基本気楽で良いと私は思います。

甘いリターンでも、そう簡単には決まらない。

ダブルスのような前衛がいないので、まずは返す、サーブを打った相手にもう一度打たせることが大事になって来ます。

シングルスの場合、サーブが返せないともったいないですからね。

まずは返す、のを優先するので、ポジションは少し下がり目でも良い。

ファーストサーブはハッキリ下がってみると、相手もやり辛いと思いますよ。

 

2.ダブルスは・・・?

今度は、相手の前衛がいます。

ですから、サーブを打った相手、ともう一人敵がいる。

これが厄介なんですよね。

しかも、前にいるから簡単なボールでリターンすると、その時点で決められてしまう。

では、どうするのか。

リターンのポジションで言えば、私は前に入ることが大事だと考えています。

相手サーブ選手との、距離を詰める。

ということはつまり、相手の前衛との距離も詰めるということ。

距離が短くなればそれだけ、打ってから反応、ボールに触れるまでの時間が無くなりますから、そう簡単に前衛は参戦出来ないでしょう。

これがベースラインより下がった場所からリターンしていると・・・前のスペースも使われるし、ポーチにも出やすい。

強い相手は、このあたりを見逃してはくれません。

 

3.ダブルス用リターンは、そのままシングルスでも使える

私は、この「ダブルス用リターン」をぜひ身に付けて欲しいと思っています。

コートの内側に入って、サーブをライジングショットのようなリターンで返す。

なぜなら、シングルスでも使えるから。

相手がセカンドサーブになって、リターンダッシュでプレッシャーをかけることも出来る。

前に出なくても、ライジングでリターンするだけで相手サーバーはビビってくれます。

良いコースに入れば、ウィナーにもなる。

ダブルス用リターン、が出来ればシングルスでも強いんです。

 

4.逆に、シングルスリターンしか出来ないと・・・

ダブルスの試合では、戦えませんよね。

並行陣のような相手、サーブ&ボレーが上手い相手からすると、前にドロップを打てばもう得点。

簡単にやられてしまいます。

よっぽど相手のサーブが触れない、手も足も出ない時にだけ、下がるのは有りですが。

シングルスのリターン、ではなかなかダブルスは戦えない。

プロ選手の試合を観るときも、ぜひこのリターンのポジショニング、は意識してみて下さい。

シングルスの試合のファーストサーブ、でかなり下がっているのには理由があります。

プロ選手はサーブが凄いのと、自分自身が脚力があるから、ですね。

 

もっともっと、カスタマイズしていきましょう。

リターンのポジションを変えて、試行錯誤してみる。

アナタ自身で、どのあたりまで前に出れるのか、下がれるのか。

ぜひ、意識して普段の練習から、探ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  2. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コン…

  3. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  5. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

  6. リターン

    みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

    テニスの試合で、あるあるな話。私たちは練習で相手とラリーする、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    どんな最新モデルのラケットを持っていても、その人のテニスがダサければ意味が無い
  2. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!
  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?
  5. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
PAGE TOP