テニス ダブルス

サーブ

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

サーブはセンターに。

テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効かを感じるはずです。

ダブルスの試合でも、前衛を活かせますからね。

でも、ただ普通にセンターを狙っているだけだと、もしかしたら確率が悪いかも知れません。

大事なポイントは、サーブの基本。

どんなサーブも、「変化していること」を再確認しましょう。

 

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

 


 

1.フラットサーブだって、ストレートじゃない

センターと言えば、バシッと決まるフラットサーブ。

このイメージ、みなさんも強いですよね。

ですが、これも大きな誤解の元になってしまいがちです。

フラットサーブでも、多少は軌道が変化している。

この事実、をしっかり認識しておきましょう。

真っすぐなストレート、というのはサーブではほとんど無い。

バックスピンがかかるようなボールでは無いですからね、テニスのサーブは。

野球のピッチャーが投げるボールが真っすぐ進むのは、バックスピンがかかっているから。

テニスのサーブの回転は違う、と考えておきましょう。

 

2.センターへのサーブも、「曲げて」入れる

右利きでも左利きでも、一緒です。

センターへのサーブは、変化球で入れる。

私は右利きですが、例えばデュースサイドからなら、ネットの上を通過するときにはだいぶ右寄りです。

基本は左に曲がりますから、その曲がり具合いから逆算して、ネットの上を通す。

もっと言えば、自分から打ち出される軌道のイメージ、を作る。

真っすぐ飛ばそう、と思うから、実はセンターに入らない。

センターに入らないで、狙っていないワイドに入ったりするんです。

 

3.「曲げる」を意識すると、サーブは振り切れる

センターへのサーブも、回転をかけないといけない。

だからラケットを振り切って、回転をかけることが大事なんです。

この必要性、意識が芽生えると、セカンドサーブでもラケットを振る意識が高まるでしょう。

サーブが弱弱しい人って、曲げて入れるという感覚が足りないんです。

女性でもシニアの方でも、サーブは変化球勝負。

これをどうセンターにコントロールしていくのか、を考えていきましょう。

 

4.アドバンテージサイド、は狙い目!

私は右利きですが、相手も右利きの場合、このコースを狙います。

一見、相手のフォアハンドに入るのでどうかな、という感じですが、相手リターンはバック側で待っている。

この事実、を忘れてはいけません。

フォアハンド側のリターンって、結構おなざりになるんですよね。

みんなバックを警戒しているから、狙い目。

右利き同士、アドバンテージサイドからのサーブなら、センターに曲げて入れることが大事になります。

直線的に狙っても、センターにサーブは入りません。

左に曲がるのを計算して、どこを通すのか、どういう軌道にするのか。

回転系のサーブでセンターを狙う癖、身に付けていきましょう!

 

つい、私もセンターには速いサーブを打ちたくなります。

でも、そこはグッとこらえて我慢、ですね。

曲げてセンターにサーブを入れる、から安定するし振り切れる。

それは、上手い人だけの発想?

そういう人は、ずっと試合にも出ないで外側から傍観しているだけ、でしょうね。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大

    サーブを打つ時に、力が伝わっていない人の典型例。それって、肘が…

  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  6. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

    女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。プロ選手でもサービス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?
  2. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
  3. 戦術

    考えた時点で、もう遅い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
PAGE TOP