テニス ダブルス

サーブ

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

サーブはセンターに。

テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効かを感じるはずです。

ダブルスの試合でも、前衛を活かせますからね。

でも、ただ普通にセンターを狙っているだけだと、もしかしたら確率が悪いかも知れません。

大事なポイントは、サーブの基本。

どんなサーブも、「変化していること」を再確認しましょう。

 

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

 


 

1.フラットサーブだって、ストレートじゃない

センターと言えば、バシッと決まるフラットサーブ。

このイメージ、みなさんも強いですよね。

ですが、これも大きな誤解の元になってしまいがちです。

フラットサーブでも、多少は軌道が変化している。

この事実、をしっかり認識しておきましょう。

真っすぐなストレート、というのはサーブではほとんど無い。

バックスピンがかかるようなボールでは無いですからね、テニスのサーブは。

野球のピッチャーが投げるボールが真っすぐ進むのは、バックスピンがかかっているから。

テニスのサーブの回転は違う、と考えておきましょう。

 

2.センターへのサーブも、「曲げて」入れる

右利きでも左利きでも、一緒です。

センターへのサーブは、変化球で入れる。

私は右利きですが、例えばデュースサイドからなら、ネットの上を通過するときにはだいぶ右寄りです。

基本は左に曲がりますから、その曲がり具合いから逆算して、ネットの上を通す。

もっと言えば、自分から打ち出される軌道のイメージ、を作る。

真っすぐ飛ばそう、と思うから、実はセンターに入らない。

センターに入らないで、狙っていないワイドに入ったりするんです。

 

3.「曲げる」を意識すると、サーブは振り切れる

センターへのサーブも、回転をかけないといけない。

だからラケットを振り切って、回転をかけることが大事なんです。

この必要性、意識が芽生えると、セカンドサーブでもラケットを振る意識が高まるでしょう。

サーブが弱弱しい人って、曲げて入れるという感覚が足りないんです。

女性でもシニアの方でも、サーブは変化球勝負。

これをどうセンターにコントロールしていくのか、を考えていきましょう。

 

4.アドバンテージサイド、は狙い目!

私は右利きですが、相手も右利きの場合、このコースを狙います。

一見、相手のフォアハンドに入るのでどうかな、という感じですが、相手リターンはバック側で待っている。

この事実、を忘れてはいけません。

フォアハンド側のリターンって、結構おなざりになるんですよね。

みんなバックを警戒しているから、狙い目。

右利き同士、アドバンテージサイドからのサーブなら、センターに曲げて入れることが大事になります。

直線的に狙っても、センターにサーブは入りません。

左に曲がるのを計算して、どこを通すのか、どういう軌道にするのか。

回転系のサーブでセンターを狙う癖、身に付けていきましょう!

 

つい、私もセンターには速いサーブを打ちたくなります。

でも、そこはグッとこらえて我慢、ですね。

曲げてセンターにサーブを入れる、から安定するし振り切れる。

それは、上手い人だけの発想?

そういう人は、ずっと試合にも出ないで外側から傍観しているだけ、でしょうね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイント5つ

    テニスは紳士のスポーツ、と言われます。相手を敬い、お互いが気持…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

    特に男性の方は、自分のサーブにこだわりがある方は多い。屈強な体…

  3. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  5. テニス ダブルス
  6. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで
  3. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!
  5. テニス メンタル

    その他

    「なぜ日本でテニスがプロスポーツに成り得ないのか?」 テニス選手のコート外での意…
PAGE TOP