テニス ダブルス

サーブ

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

サーブはセンターに。

テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効かを感じるはずです。

ダブルスの試合でも、前衛を活かせますからね。

でも、ただ普通にセンターを狙っているだけだと、もしかしたら確率が悪いかも知れません。

大事なポイントは、サーブの基本。

どんなサーブも、「変化していること」を再確認しましょう。

 

センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

 


 

1.フラットサーブだって、ストレートじゃない

センターと言えば、バシッと決まるフラットサーブ。

このイメージ、みなさんも強いですよね。

ですが、これも大きな誤解の元になってしまいがちです。

フラットサーブでも、多少は軌道が変化している。

この事実、をしっかり認識しておきましょう。

真っすぐなストレート、というのはサーブではほとんど無い。

バックスピンがかかるようなボールでは無いですからね、テニスのサーブは。

野球のピッチャーが投げるボールが真っすぐ進むのは、バックスピンがかかっているから。

テニスのサーブの回転は違う、と考えておきましょう。

 

2.センターへのサーブも、「曲げて」入れる

右利きでも左利きでも、一緒です。

センターへのサーブは、変化球で入れる。

私は右利きですが、例えばデュースサイドからなら、ネットの上を通過するときにはだいぶ右寄りです。

基本は左に曲がりますから、その曲がり具合いから逆算して、ネットの上を通す。

もっと言えば、自分から打ち出される軌道のイメージ、を作る。

真っすぐ飛ばそう、と思うから、実はセンターに入らない。

センターに入らないで、狙っていないワイドに入ったりするんです。

 

3.「曲げる」を意識すると、サーブは振り切れる

センターへのサーブも、回転をかけないといけない。

だからラケットを振り切って、回転をかけることが大事なんです。

この必要性、意識が芽生えると、セカンドサーブでもラケットを振る意識が高まるでしょう。

サーブが弱弱しい人って、曲げて入れるという感覚が足りないんです。

女性でもシニアの方でも、サーブは変化球勝負。

これをどうセンターにコントロールしていくのか、を考えていきましょう。

 

4.アドバンテージサイド、は狙い目!

私は右利きですが、相手も右利きの場合、このコースを狙います。

一見、相手のフォアハンドに入るのでどうかな、という感じですが、相手リターンはバック側で待っている。

この事実、を忘れてはいけません。

フォアハンド側のリターンって、結構おなざりになるんですよね。

みんなバックを警戒しているから、狙い目。

右利き同士、アドバンテージサイドからのサーブなら、センターに曲げて入れることが大事になります。

直線的に狙っても、センターにサーブは入りません。

左に曲がるのを計算して、どこを通すのか、どういう軌道にするのか。

回転系のサーブでセンターを狙う癖、身に付けていきましょう!

 

つい、私もセンターには速いサーブを打ちたくなります。

でも、そこはグッとこらえて我慢、ですね。

曲げてセンターにサーブを入れる、から安定するし振り切れる。

それは、上手い人だけの発想?

そういう人は、ずっと試合にも出ないで外側から傍観しているだけ、でしょうね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

  2. テニス サーブ
  3. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる

    皆、部活の中でしっかりサーブ練習やってる?サーブが大事って試合…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと

    自分が打ったサーブが、「フォルト!」のコール。もう意識はセカン…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  3. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
  4. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
  5. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない
PAGE TOP