戦術

ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

試合に出ていると、練習と違うこと多くありますよね。

相手も自分を動かして来るし、人数が少ないコートを守らないといけない。

普段の練習のショットだけで勝てる試合、なんて無いでしょう。

試合では、本当にオールラウンドな能力が求められますから。

 

ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

 


 

1.練習の何が、問題なのか

特に、人数が多いテニススクール、部活やサークルでは練習は限定的になります。

何が限定されるか、と言えばショットの種類。

今、この場所ではストローク。

次、あそこではボレー。

この繰り返し、ですよね。

ポジションが変わって、ストロークからボレーに移行する、というような流れは少ない。

同じ場所で、同じショットを打ち続ける、ということが基本となる。

もちろん、それも大事なんですが・・・。

 

2.ポジションの変化、に慣れていない人は勝てない

テニスの試合は、相手がいないところを狙う。

だから、前後に動く機会が圧倒的に増えます。

シングルスならまさにそうですよね。

でも、これに対しての練習は充分とは言えないでしょう。

どうしても人は、楽な練習、出来ることだけをやりたいと思いますから。

アプローチからネット、またロブで抜かれたら下がって・・・なんて練習、なかなか出来ないと思うんです。

でも、試合ではこうやってポジションとショットを変えていかないといけないんですよね。

 

3.ストローク、ボレー、それも色々

試合では、ベースラインでストロークを打って、ネット近くでボレー、だけじゃない。

むしろその逆も多いんですよね。

ベースライン付近でカットするようなボレー、ネット際に落ちたボールを、回転をかけてストロークで狙う。

こういう逆の現象、がよく起きます。

この逆の現象に慣れておく、自分の中で「こうやって打てば入るんだ」という感覚を養っておくことが大事です。

なかなか、難しいですよね、これは。

でも、試合で勝ちたいなら、ここで工夫しておかないと勝てません。

 

4.練習を工夫すれば、幅は拡がる

練習で何が、必要なのか。

それにはちょっとした工夫と、意識です。

ネット近くでのストロークを磨きたいなら、まず浅いボールを諦めないこと。

そして、ドロップショットを常に打って、打たれてという約束を入れましょう、ラリー練習にも。

カットボレーも同じ。

ボレー対ストロークの練習で、積極的にストローク側がロブを打つ。

そしてそれを、落とさないでボレー側が返すという練習。

「それって、当たり前じゃない?」と思うでしょうが、実際は違うでしょう。

パンパンと、自分が打ちやすいボールでラリーしているだけ、じゃないんですか?

意識の改革と工夫で、プレーの幅は拡がります。

普段の練習次第、だと私は思いますよ。

 

繰り返します、ネット近くでストローク、ベースライン近くでボレー。

これが出来るようになれば、試合では強い。

どんどん、試合や練習で相手にコレを打たせましょう。

打たせていくことでアナタ自身も、どう対処していくかが分かって来ますから。

ぜひ、意識改革を!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

    「これは、はまったな」という感覚。試合の中で、少しずつ増やして…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている

    試合で調子が良い相手って、嫌ですよね。でも、何か手を打たないと…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  4. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう

    気にしないようにしても、どうしても気になるもの。それはアナタ自…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
  3. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  4. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ
PAGE TOP