ダブルス

後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。

こういうペアは、なかなか勝ち上がるのが難しい。

前衛を見ていると、すごく分かりますよ。

しっかり詰めることが出来ている前衛は、後衛もカバーしやすい。

結果的に相手はプレッシャーに負けてくれる。

そんなペアを、目指してみませんか?

 

後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

 


 

1.安易に「お願い!」なんて言っても、ダメ

前衛で、後ろは後衛がカバーしてくれるもの。

テニスのダブルスって、どこかこの暗黙の了解、みたいなのがありますよね。

私から言わせると、甘い、甘過ぎる。

「お願い!」と連呼する前衛に限って、結局ポーチも決められないし、何も参加出来ていない。

後ろをお願いする、任せるということは、どういうことか。

今一度、真剣に考えてみないと変わらないですよ。

 

2.ネットにド詰めして、初めて「お願い」出来る

強いペアの前衛は、前への圧力が凄い。

「触ったら、決まる」くらい前のポジションをしっかり取っている。

だから、後ろは任せて良い。

捨ててるんですよね、このエリアは。

だから、後衛がカバーするのは当然だし、後衛も納得感がある。

ダブルスの試合って、この両者の納得感が大事なんですよ。

どこかで、「え?何で自分?」みたいな感覚があると、それはすぐにプレーの精度に現れます。

みなさんも、経験あるんじゃないでしょうか?

 

3.カバーするんじゃなくて、自分の担当

私が後衛なら、前衛に動いてと指示して後ろは自分が守る。

カバーしている、という感覚じゃないんです。

自分の担当エリアを、普通に対応しているだけ。

その分、クロスは浅いボールもしっかり前衛に任せる。

コートを横に割って、自分が後ろはしっかり取る、という意気込みがあるんですよね。

そうすると、プレーに迷いもなくなる。

ペアへの不満も無いし、疑問も無い、共通の認識でプレー出来ている自信だけがある。

こういうペア、になれればダブルスも強いですよ。

 

4.責任感がある選手、が最後は勝つ

自分はどこを担当して、どう決めるのか。

この責任感がある人は、ダブルスでも強い。

自然と結果も出て来るでしょう。

前衛で前に詰めること、がしっかり出来ている人は後衛からも信頼されるし、自分もやりやすくなる。

この辺り、ペアにカバーだけを期待するのとは大違いですよね。

ミックスダブルス、の女性の方もそうです。

何から何までお願いしていては、面白くないじゃないですか。

上は男性に任せる、でも自分はネットに詰めて、低いボールは必ず決めるんだという責任感が大事。

そうなると、一層練習にも身が入ると思います。

 

カバーという概念、捨てましょう。

カバーしているという感覚が、前衛を弱く、頼りなくしていく。

担当が違う、その打ち合わせをしっかりして、ポイントに入ること。

ダブルスの試合ですからね、このあたりを揃えておかないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイン…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  5. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない
  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  3. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  4. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不…
PAGE TOP