テニス ロブ

ストローク

「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。

ここで女性のみなさんが苦戦するのが、男性の「癖球」じゃないでしょうか。

スライスでもスピンでも、色々な回転を、色々な打ち方で打って来る。

威力もあるし、プレッシャーを感じてしまう方は、「返し方」を覚えていきましょう。

ベテランやシニアの方でも、すぐに出来るアイデアをまとめてみました。

 

「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

 


 

1.バウンドさせない、ボレーで返す

スライスでもスピンでも、バウンドさせてしまうから厄介なモノ。

特にハードコートでは、失速しないで伸びて来ますからね。

出来るだけ、並行陣やリターンダッシュで自分は「ボレーで返す」ことを意識してみましょう。

自分がネットに出る、という選択はテニスでは難しくない。

ヘビーな回転も、バウンドさせなければ良いんです。

 

2.味方の前衛を使って、威力を削ぐ

相手の男性が、気持ち良くストロークを打って来る。

そりゃ、回転もしっかりかかって来るし、厳しいですよね。

相手の男性の回転量、を抑えるにはどうすれば良いのか。

気持ち良く打たせなければ良いんです。

前衛の男性に動いてもらい、プレッシャーをかけてもらう。

その分、自分はストレートをカバーに走ったり、違う場所を守るつもりでプレーする。

そうすれば、きっと相手の男性もそう振り切ったストロークは打てないはずですよ。

 

3.スライスへのバウンドに、近付く

男性のスライスストローク、をどう返すのか。

これがまず、女性のみなさんには至上命題ですよね。

このコツは、しっかりスライスだと分かった段階で、バウンド地点に近付くこと。

そして、低い態勢で滑るボールの下、にラケットを入れる覚悟が大事です。

普段の練習で、女性同士でもスライスのストロークを打ち合う。

男性がいたら、スライスを打ってもらう。

こういう練習意識、が大事ですね。

 

4.サーブは思い切って近付いてリターン!

もう一つ、男性サーブの回転にも苦労しますよね。

スライスサーブは曲がるし、スピンサーブは跳ねるし、普通に待っていては返せません。

だからこそ、女性のアナタ自身がサーブのバウンド地点に近付くこと。

ボールが変化する前に打つ、ことがリターンの意識として大事。

そこでミスしても良いんです、未来がある。

相手の男性も、踏み込んで来るリターンにはプレッシャーを感じると思いますよ。

 

5.テイクバックを早くする

1~4で書いてきたこと、にすべて共通すること。

それは、テイクバックを早くするという基本です。

ラケットを素早く引いて、しっかり加速させてボールに当てる。

これが出来て初めて、全ての作戦がしっかり出来るようになる。

みなさん、きっと準備出来ていない、遅いはず。

男性相手で、気持ちが引いてしまっていませんか?

テイクバックの早さを変えれば、気持ちもメンタルも変わります。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

技、を身に付けること。

そうすれば、何も恐れる必要はありません。

私もミックスダブルスをプレーしていて、男性の回転系ショットを恐れてくれているとすごく楽。

対策を知れば、恐れることはありません。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転をかけたショットです…

    チャンスボールになると、急にぎこちない感じになる方、何ででしょうか・・…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

  3. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

    ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻…

  4. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  5. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせるコツ5つ

    現代テニスを大きく変えた技術の一つが、両手バックハンドストロークの威力…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点

    もうすぐ秋の大会シーズン。シングルスの試合で、改めて「粘りが身…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意…
  2. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
  3. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない
  4. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
  5. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
PAGE TOP