テニス リターン

フットワーク

構え直しは、ゴリ押しで

打った後の構え直し。

私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると考えています。

試合慣れしている人は、とにかく打った後が早い。

慣れていない人は、打つ前までが早いだけ。

この差って、試合の中ではすごく大きくなっていきますよね。

 

構え直しは、ゴリ押しで

 


 

1.何となく準備、通用しない

実際に試合で、強い相手と戦うときはどうでしょう。

打った後の、少しの隙、油断、が致命傷になる。

自分が打つ前、まではみなさん集中力高めていけるんですけどね。

打った後は、もう緊張の糸が途切れてしまう。

何となく打った後に構え直す、ようだと絶対に遅れます、次のショットが。

何となくではなく、ゴリ押しで構え直す。

打つ前の態勢、をパッと作ること。

これが出来れば、試合は一気に強くなります。

 

2.自分のボールを、信じるところから

構え直しが遅くなる要因、それは色々あるでしょう。

初中級から中級、試合に出始めたばかりの人は、自分の打ったボールが不安だから見てしまう。

見てしまうから、構え直しが遅れてしまう。

自分で打ったボールは、もう打った後はどうしようも出来ない。

2回、3回と続けて打つことは出来ないのがテニスです。

自分が打ったボールを信じて、構え直す。

ここまでが仕事です。

 

3.1つのショットに、構え直しも含めること

構え直し、をショットの一部にしてしまう。

これが、私がお勧めする方法です。

片手のフォアハンドなら、打った後にラケットを持っていない腕、でラケットをキャッチする。

ボレーでもそうですよね。

ラケットをキャッチ出来れば、構え直して身体の前に持って来るのが楽になる。

打ち終わりがダイナミックで崩れていると、構え直す作業が大変になる。

この差が、試合の中では凄く大きくなっていくのがテニスです。

構え直す動作まで含めて、ショットのフォームなんだ、と。

この意識は、練習から大事です。

 

4.自分が打った直後から、構える動作を

よく「相手が打つ前に構える」と、教わることがあります。

それは、間違いではないですが、もっと早く、もっとゴリ押しで構え直したい。

だからこそ、「自分がボールを打った瞬間から、構える」に変えていきましょう。

ラケットを身体のどこに準備するのか、しっかり意識して引き寄せる。

ボレー同士の打ち合いなんて、打った直後にまた自分が打つ、ようなリズムですからね。

相手が打つ前に、なんて遅い、遅くなる。

言葉で意識を変えれば、全てが変わっていきます。

 

構え直しの意識を、一から変えていく。

自分から主体的に、アクティブに。

どうしても守備の意識が高くなりそうですが、実は構え直しって攻撃の第一歩。

しっかり構えていれば、今までの守備だって攻撃に変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に

    テニスはスウィングスポーツである。道具を使って、スウィングして…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

    テニスの試合、相手によって色々変えていくのが基本、です。特に大…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?

    テニスの試合、ちょっとした場面でその人の強さが出る。私が観るの…

  6. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  2. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  4. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく
  5. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる
PAGE TOP