戦術

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

テニスはある意味、騙し合い。

これが良い悪い、の議論はさておき、駆け引きを楽しめない人は辛いです、実際。

人を騙すということに抵抗を感じる方、も多いでしょう。

ですが、どんなスポーツも対人間とやる限り、これは付いて回る問題。

もう、覚悟を決めましょう。

 

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

 


 

1.ゲームで人を騙すこと、は楽しい

トランプだってじゃんけんだって、駆け引きがありますからね。

これがあるから、ゲームは楽しい。

テニスも一緒です。

どこに打つのか、どう守るのか、考えて先回り出来るから楽しい部分が大きいんです。

ちょっとした騙し合い、を楽しめるようになるかどうか。

試合に勝てない人を見ていると、ある意味真面目過ぎる人、が多いように思います。

特に女性の初中級者、の方に多いんじゃないでしょうか。

意識して欲しいのは、客観性を持つ、ということです。

 

2.客観性を持つということは、自分を見つめなおすこと

今までの人生、テニス以外でも、自分はどう過ごして来たのか。

何を感じて、何を考えてどういう行動を選択してきたのか、を思い出してみましょう。

客観性を持つということは、そういうこと。

そうすると、一つ気付くはずです。

人を騙したり欺いたり、ゲーム感覚で楽しめない人は・・・もしかしたら、人から騙されてるかも、と。

テニスの試合の中でも、実はずっと同じ弱点を攻められていたり、簡単なフェイントに引っかかったり・・・。

こういう気付き、が無い人はずっと同じ負けの繰り返し。

でも、なかなか気づかないものなんですよね。

 

3.誰も駆け引きの勝ち負け、を指摘してはくれない

技術的なアドバイス、ならもらえます。

でも、相手とどう駆け引きをするのか、なぜ今負けたのか・・・なんて、基本は教えてもらえない。

コーチですら、教えるのが難しい部分ですからね。

自分で気付いて、工夫するしかないんです。

それにはまず、2.のように自分という人間を見つめ直してみる。

ほとんどの方は、「正直過ぎるテニス」になっているような気がします。

ここに気付けるだけで、きっと駆け引きは上手くなるし、試合にも勝てるようになるはず。

それは、立派なアナタ自身の実力ですよ。

 

4.駆け引きの力と実力は、同義語

です、私はこう考えています。

だって、テニスの駆け引きだって、実際に実践していくにはテクニックがいる。

じゃんけんのように、誰でも3種類出せる訳じゃない。

3種類出すには、それなりの技術が必要です。

だからこそ、小手先だけのテクニック、ですらテニスは難しいんです。

それを駆使して勝つ、それは実力と言って良い。

胸を張って良い勝ち方、なんですよ。

 

テニスはボールゲーム。

これ以上でも、以下でもありません。

ゲームを楽しむには、相手を知り自分を知り、そのうえで勝負に出ること。

このスリルが楽しいから、テニスは止められないし成長出来る。

そんな一役を、T-PRESSで担っていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  2. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  3. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ

    皆さんはテニスの上達、どこで測るのが適切だと思いますか?試合に…

  4. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

    テニスの試合に、強くなっていくということ。それは、実際にはこう…

  5. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  6. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

    錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ち…
  3. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ロブへの対応を鍛えるには、「相手コートを見ないでも、いる場所をイメージ出来る」よ…
  5. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
PAGE TOP