戦術

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

テニスはある意味、騙し合い。

これが良い悪い、の議論はさておき、駆け引きを楽しめない人は辛いです、実際。

人を騙すということに抵抗を感じる方、も多いでしょう。

ですが、どんなスポーツも対人間とやる限り、これは付いて回る問題。

もう、覚悟を決めましょう。

 

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

 


 

1.ゲームで人を騙すこと、は楽しい

トランプだってじゃんけんだって、駆け引きがありますからね。

これがあるから、ゲームは楽しい。

テニスも一緒です。

どこに打つのか、どう守るのか、考えて先回り出来るから楽しい部分が大きいんです。

ちょっとした騙し合い、を楽しめるようになるかどうか。

試合に勝てない人を見ていると、ある意味真面目過ぎる人、が多いように思います。

特に女性の初中級者、の方に多いんじゃないでしょうか。

意識して欲しいのは、客観性を持つ、ということです。

 

2.客観性を持つということは、自分を見つめなおすこと

今までの人生、テニス以外でも、自分はどう過ごして来たのか。

何を感じて、何を考えてどういう行動を選択してきたのか、を思い出してみましょう。

客観性を持つということは、そういうこと。

そうすると、一つ気付くはずです。

人を騙したり欺いたり、ゲーム感覚で楽しめない人は・・・もしかしたら、人から騙されてるかも、と。

テニスの試合の中でも、実はずっと同じ弱点を攻められていたり、簡単なフェイントに引っかかったり・・・。

こういう気付き、が無い人はずっと同じ負けの繰り返し。

でも、なかなか気づかないものなんですよね。

 

3.誰も駆け引きの勝ち負け、を指摘してはくれない

技術的なアドバイス、ならもらえます。

でも、相手とどう駆け引きをするのか、なぜ今負けたのか・・・なんて、基本は教えてもらえない。

コーチですら、教えるのが難しい部分ですからね。

自分で気付いて、工夫するしかないんです。

それにはまず、2.のように自分という人間を見つめ直してみる。

ほとんどの方は、「正直過ぎるテニス」になっているような気がします。

ここに気付けるだけで、きっと駆け引きは上手くなるし、試合にも勝てるようになるはず。

それは、立派なアナタ自身の実力ですよ。

 

4.駆け引きの力と実力は、同義語

です、私はこう考えています。

だって、テニスの駆け引きだって、実際に実践していくにはテクニックがいる。

じゃんけんのように、誰でも3種類出せる訳じゃない。

3種類出すには、それなりの技術が必要です。

だからこそ、小手先だけのテクニック、ですらテニスは難しいんです。

それを駆使して勝つ、それは実力と言って良い。

胸を張って良い勝ち方、なんですよ。

 

テニスはボールゲーム。

これ以上でも、以下でもありません。

ゲームを楽しむには、相手を知り自分を知り、そのうえで勝負に出ること。

このスリルが楽しいから、テニスは止められないし成長出来る。

そんな一役を、T-PRESSで担っていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  2. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  3. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

    テニスに自信が生まれる、強くなっているという実感がある時。それ…

  4. 戦術

    相手を見てプレーする、そのコツは?

    相手のポジションを、確認しながらラリーする。これは、テニスの…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気
  3. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
  4. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ
PAGE TOP