戦術

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

テニスはある意味、騙し合い。

これが良い悪い、の議論はさておき、駆け引きを楽しめない人は辛いです、実際。

人を騙すということに抵抗を感じる方、も多いでしょう。

ですが、どんなスポーツも対人間とやる限り、これは付いて回る問題。

もう、覚悟を決めましょう。

 

人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

 


 

1.ゲームで人を騙すこと、は楽しい

トランプだってじゃんけんだって、駆け引きがありますからね。

これがあるから、ゲームは楽しい。

テニスも一緒です。

どこに打つのか、どう守るのか、考えて先回り出来るから楽しい部分が大きいんです。

ちょっとした騙し合い、を楽しめるようになるかどうか。

試合に勝てない人を見ていると、ある意味真面目過ぎる人、が多いように思います。

特に女性の初中級者、の方に多いんじゃないでしょうか。

意識して欲しいのは、客観性を持つ、ということです。

 

2.客観性を持つということは、自分を見つめなおすこと

今までの人生、テニス以外でも、自分はどう過ごして来たのか。

何を感じて、何を考えてどういう行動を選択してきたのか、を思い出してみましょう。

客観性を持つということは、そういうこと。

そうすると、一つ気付くはずです。

人を騙したり欺いたり、ゲーム感覚で楽しめない人は・・・もしかしたら、人から騙されてるかも、と。

テニスの試合の中でも、実はずっと同じ弱点を攻められていたり、簡単なフェイントに引っかかったり・・・。

こういう気付き、が無い人はずっと同じ負けの繰り返し。

でも、なかなか気づかないものなんですよね。

 

3.誰も駆け引きの勝ち負け、を指摘してはくれない

技術的なアドバイス、ならもらえます。

でも、相手とどう駆け引きをするのか、なぜ今負けたのか・・・なんて、基本は教えてもらえない。

コーチですら、教えるのが難しい部分ですからね。

自分で気付いて、工夫するしかないんです。

それにはまず、2.のように自分という人間を見つめ直してみる。

ほとんどの方は、「正直過ぎるテニス」になっているような気がします。

ここに気付けるだけで、きっと駆け引きは上手くなるし、試合にも勝てるようになるはず。

それは、立派なアナタ自身の実力ですよ。

 

4.駆け引きの力と実力は、同義語

です、私はこう考えています。

だって、テニスの駆け引きだって、実際に実践していくにはテクニックがいる。

じゃんけんのように、誰でも3種類出せる訳じゃない。

3種類出すには、それなりの技術が必要です。

だからこそ、小手先だけのテクニック、ですらテニスは難しいんです。

それを駆使して勝つ、それは実力と言って良い。

胸を張って良い勝ち方、なんですよ。

 

テニスはボールゲーム。

これ以上でも、以下でもありません。

ゲームを楽しむには、相手を知り自分を知り、そのうえで勝負に出ること。

このスリルが楽しいから、テニスは止められないし成長出来る。

そんな一役を、T-PRESSで担っていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?

    私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。最初は先輩…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  3. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

    プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。…

  4. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ

    みなさんがイメージする、強いテニス選手ってどんな選手でしょうか。…

  5. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  6. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 日々の雑記

    川口能活、という選手について語りたい
  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!
  4. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
PAGE TOP