シングルス

シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

シングルスの試合での、戦術が欲しい。

そう考えているみなさんは、まずこの型から実践していきましょう。

意識したいのは、ポジショニングと迫力。

ネットプレーの技量?

そんなものは、やりながら身に付けていけば良いんです。

 

シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

 


 

1.ネットに出て初めて、戦術と言える

シングルスの試合、戦うのはアナタ一人。

たくさんの戦術、作戦が欲しいですよね。

でも、みなさんベースライン近くから、どこに打つのか。

後ろから打っていく、相手を振り回していくこと、だけにこだわってはいませんか?

ネットに出ていない状態では、戦術も狭くなる。

まず、アナタ自身が考えるべきは、ネットに出ること。

シングルスで、その勇気があれば道は拓けます。

 

2.ネットに出る迫力、が欲しい

シンプルに、これでいきましょう。

ダウンザラインからネットに出る、これだけです。

試合前から、決めておきましょう、この作戦を入れていくんだと。

フォアハンドでも、バックハンドでも良い。

自分がシングルスのサイドライン近くで打つ機会で、少しでも前に踏み込めるなら・・・ダウンザライン!

に打ってそこからネットに出る、真っすぐ出る。

この迫力、がシングルスの試合では大事です。

ネットプレーの技術の前に、まずは決断力、しっかりしたダッシュ力が必要なんです。

 

3.決めておけば、迷うことは無い

しっかりダウンザラインに打って、前に出る。

これを決めておけば、ネットプレーは半分決まったようなもの。

自分から出る、その出足の迫力に相手は押されるんです。

試合に出ている選手なら、分かるはず。

決めて挑んでくる相手、は強いし、プレッシャーを感じる。

ましてや、ネットに出る側ですから、余計に相手は引いてしまいます。

シングルスの戦術、要所でこのプレーを入れていくだけで良い。

中学生時代の私でも出来た作戦ですので、きっとみなさんでも出来るはず。

シングルスの試合で前に出ない、というのはもったいないですよ。

 

4.パッシングショットは、クロスへ打たせよう

前に出た時に、あえてクロスは空けておく。

ここに打たせてみる、という感覚で良いでしょう。

また、相手の状況に寄ってはロブが来る可能性も高いですね。

ロブを警戒しつつ、クロスに打たせる。

パッシングショットは、恐れてはいけない。

シングルスの試合、自分一人ですから焦りも出ます。

ですが、打たせて良いんです。

真っ向勝負、挑んでいきましょうよ。

 

シングルスの試合で、迫力を持ってネットに出る。

これは、練習から意識して下さい。

きっと、アナタ自身「怖さ」があるはず。

抜かれたらどうしよう・・・という迷い。

これを払しょくするには、アナタ自身の意志が肝心。

戦術でしっかり戦うには、前に出ることが一番でしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  5. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー
  4. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
  5. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
PAGE TOP