テニス メンタル

ダブルス

サインプレー、はリズムを作る為に必要

サインプレーって、ハードルが高い。

ダブルスの試合で試してみたいけど・・・と考えているみなさん。

やりましょう!どんどん。

サインプレーって、難しく考えないで良いと思いますよ。

プロ選手がやっているような形、だけがサインプレーの形ではありませんから。

 

サインプレー、はリズムを作る為に必要

 


 

1.難しそう・・・

私も、最初に見た時はそう思いました。

ダブルスの試合で、サーブ側の前衛の選手が、コースのサインを出す。

そしてその後に、自分がポーチに出るかどうか、のサインを出す。

この2つのサインを出してプレーするのって、大変じゃないですか。

サーブを指定されたコースに、いきなり打てと言われて・・・打てないですよね。なかなか。

この形は、難しい。

ペアとして相当、組み込んでないと難しいですし、サーブのコントロール力が瞬時に求められますから。

私たちなら、もうポイント間で決めていく、で良いと思います。

 

2.決めたことをやる、ので立派なサインプレー

じゃないでしょうか、実際。

ダブルスの試合、ポイント間に決めることは2つだけ。

サーブのコースと、入ったら前衛が動くのかどうか、の部分。

これをファーストサーブ、セカンドサーブでどうするのかを決めて、プレーする。

立派なサインプレーだと私は思うんですよね。

「そんなの決められる実力じゃない、サーブを入れるので精いっぱいだから・・・」と思う方もいるでしょう。

ですが、結論やった方が良いです。

良いんです、思ったコースにサーブがいかなくても。

前衛は、出ると打ち合わせ、サインで決めていたら出る。

それだけのことです。

サインプレーを繰り返していくとリズムが出来る、のがダブルスですから。

 

3.出来るだけ、前衛がリードしてあげよう

私の感覚では、このサービスゲームは前衛がリードしてあげた方が良い。

「サーブのコースをココに打って欲しい、そうすれば、自分はどうするのか」を伝える。

サーバーの選手は、なるべくそれに近いコースに打つように努力する。

これに集中させた方が良いでしょう。

ダブルスの試合、前衛の方が相手の近くにいますから、リターンの癖やポジショニング、がよく見える。

その情報を元に、試合をリードしていくことが出来るでしょう。

 

4.リズム、流れは自分たちで作る

サービスゲームの中で、1回でも良い。

バシッとこのサインプレーが決まると、すごく楽になれます。

リズムも良くなるし、流れを作ることが出来る。

こういうのは、待っていてもダメ。

自分たちで、どんどん作り出していかないと。

「コミュニケーションが苦手で・・・」というペアの方ほど、話すのが怖いだけですから。

「今日のサーブ、どんな感じ?」くらいの会話から、入っていきましょうよ。

いきなりコースを指定するんじゃなくて、まずはサーブを打つ選手の良さを引き出していく。

それも立派な、テニス選手としての実力ですよ。

 

サインプレーは、簡単です。

レベル問わず、やるかやらないか。

サーブをしっかり、狙えるようになってから?

それって、いつになりますか?

自分でサインプレーを始めない限り、成長は遅いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

    ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミン…
  5. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように
PAGE TOP