サーブ

サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

意外と忘れがちな、サーブの基本。

ラケットの振り方の前に、持ち方、の部分ですね。

セカンドサーブになると、不安で崩れてしまう人も多いのでチェックしてみましょう。

素振りから確認しておくこと、が大事ですよ。

 

サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

 


 

1.手首の形を、崩さないこと

サーブを打つ時に、手首とラケットの角度、を変えないこと。

これは、基本です。

相当意識しておかないと、手首を使ってサーブを打つような感じになって、安定しない。

手首とラケットの角度は、準備からトスアップ、スウィングに入るまで変えないこと。

人によりますが、90度~120度くらいでしょうか。

自分で角度をしっかり意識して、準備、トスアップまで進むこと。

この意識が大事です。

 

2.形は決めるけど、リラックスして握る

リラックス出来ていないと、意味がない。

それがこのサーブでの手首の形です。

意識して、サーブを打つ時以外はラケットをくるくる回したり利き腕と逆の手で持つ。

そうして握力を消耗しないように、リラックスして待ちましょう。

サーブを打つ構えに入っても、強く握る必要はありません。

トスアップが始まる直前に、カチッと決めれば良い。

それでも、まだギュッとは握らないことが大事です。

 

3.打った後には、角度が崩れてもOK

あくまで私のコツですが、打った後はこの角度が変わって良い。

スピンサーブではラケットを持つ手の手のひらを外側に向けていきますから、角度を保つのが難しいですからね。

自然と180度、のような角度になっても良いでしょう。

90度、の角度で打点に入っていって、その後に手首を解放していく。

ただ、打つ前には角度を変えない、ことが大事。

打った後に、自然に開放していく、という意識で良いでしょう。

これでかなり、安定した力強いサーブが打てるはずです。

 

4.手首の形を意識しないと、サーブは安定しない

どんなにフォームを固めても、手首の角度が変わると意味がない。

それがテニスのショットです。

試合で緊張すると、つい手首の形を無理に変えてしまいたくなるんですよね。

置きにいく、入れにいくようなサーブ、になりやすい。

手首の角度を変えてしまうと、ずっとその調整で試合中はサーブが安定しない。

手首の角度を意識するだけで、サーブは力強く安定していく。

男性だけでなく、女性の方にも意識して欲しい基本です。

 

サーブって、毎回同じような動作、で打つショット。

でも、手首の形って意外と変えてしまいやすいんですよ。

固めておくことで、安定感も増すしボールに回転もかけやすくなる。

そして威力もアップしていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときで…

  2. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

    ダブルスの試合での、サービスゲーム。みなさんはサービスエースっ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

    自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。ま…

  6. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  2. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?
  4. テニス 構え

    その他

    テニスにおける良い構えとは、常に「ラケットの先がグリップより上にある」状態をキー…
  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
PAGE TOP