テニス 上達

戦術

練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

「練習通りに、なんで出来ないんだろう」

と、悩む方は多いですよね。

これは、なかなか難しい問題。

テニスって、練習と試合で差が生まれやすい。

だからこそ、それが出来たときには快感ですし、自信を持って良い。

それがアナタ自身の成長、ですから。

 

練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

 


 

1.なぜ、試合は難しいのか?

色々要素はあると思いますが、まずは緊張感ですよね。

1ポイントずつ、静かな中で知らない相手と打ち合う。

それも、サーブから始まるから難しい。

実力者は速く正確なサーブだし、初心者のような相手でも癖のあるサーブ、多いじゃないですか。

これを返球したところからラリーなのに、リターンだけでかなりのパワーを消耗しますよね。

相手のボールに慣れるのも、大変。

試合って、練習には無い要素がかなり多く、難しいものなんです。

 

2.練習で意識したい、試合に必要なこと

つい、練習だと自分がやりたいこと、だけになってしまう。

そして、打ちやすい相手、気心の知れた相手だけ、とのラリーになりがちじゃないですか。

でも、これでは試合とのギャップが激しいですよね。

「練習通り出来ない・・・」と嘆いている方は、その練習に相手が協力してくれていること、に気付かないと。

アナタ自身の打ちやすさ、を後押ししてくれている。

でも、試合ではその逆。

相手、つまりネットを挟んで向かいに立っている選手は、アナタの妨害者。

練習で出来ることを、その選手に出来るかどうか・・・は、かなり難しい問題なんです。

 

3.「練習でやってきたこと」って、何?

これに、しっかり答えられますか?

アナタ自身が練習してきたことって、何でしょう。

何となく、テニスをして、強くなっているような感じだけじゃないですかね。

相当強く、自分のテーマを意識して練習しておかないと、試合でまず「やってみよう」とはならない。

目の前のサーブ、リターン、粘りで頭はいっぱいになってしまいますからね。

練習でやってきたこと、試合前に自分で見つめ直せるくらいじゃないと。

そして、そこには「やり切るぞ」という強い意志が大事なんです。

 

4.ほとんどの人は、現場で勇気を無くして出来ない

例えば並行陣、サーブ&ボレーを練習してきても、いざ試合になると出来ない。

試合のコートで相手を目の前にすると、どうしても試合では安全策に出たくなる。

練習でやってきたこと、は出せないんです、普通は。

勇気が要る作戦、試合では強い意志が無いと難しい。

この意志を持てるかどうか、がテニスでは大事なんです。

しっかりと持てるようになれば、それは立派な成長。

やって失敗、失点なら良いじゃないですか。

試合では練習でやっていること、をやること自体が難しいんです。

 

やるだけなのに、難しい。

それがテニスです。

練習でしっかりテーマを持ってやっている人でも、試合で出せている人は少ない。

どこかで、変えていかないと成長が測れないですからね。

勇気を出して、試合でも殻を破っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない

    もちろん、テニスの試合の中で・・・です。本当に勝ちたい試合、お…

  2. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ

    「相手をよく観察すること」の重要性は、何度も書いて来ました。じ…

  3. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる

    試合の対戦相手、どう観察してどう戦術を立てていくのか。色々と書…

  4. テニス メンタル

    戦術

    見えないものを見る力、を養おう

    試合の中で、落ち着いてプレー出来る人は強い。経験もあるでしょう…

  5. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  2. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  4. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
  5. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
PAGE TOP