テニス 上達

戦術

練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

「練習通りに、なんで出来ないんだろう」

と、悩む方は多いですよね。

これは、なかなか難しい問題。

テニスって、練習と試合で差が生まれやすい。

だからこそ、それが出来たときには快感ですし、自信を持って良い。

それがアナタ自身の成長、ですから。

 

練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

 


 

1.なぜ、試合は難しいのか?

色々要素はあると思いますが、まずは緊張感ですよね。

1ポイントずつ、静かな中で知らない相手と打ち合う。

それも、サーブから始まるから難しい。

実力者は速く正確なサーブだし、初心者のような相手でも癖のあるサーブ、多いじゃないですか。

これを返球したところからラリーなのに、リターンだけでかなりのパワーを消耗しますよね。

相手のボールに慣れるのも、大変。

試合って、練習には無い要素がかなり多く、難しいものなんです。

 

2.練習で意識したい、試合に必要なこと

つい、練習だと自分がやりたいこと、だけになってしまう。

そして、打ちやすい相手、気心の知れた相手だけ、とのラリーになりがちじゃないですか。

でも、これでは試合とのギャップが激しいですよね。

「練習通り出来ない・・・」と嘆いている方は、その練習に相手が協力してくれていること、に気付かないと。

アナタ自身の打ちやすさ、を後押ししてくれている。

でも、試合ではその逆。

相手、つまりネットを挟んで向かいに立っている選手は、アナタの妨害者。

練習で出来ることを、その選手に出来るかどうか・・・は、かなり難しい問題なんです。

 

3.「練習でやってきたこと」って、何?

これに、しっかり答えられますか?

アナタ自身が練習してきたことって、何でしょう。

何となく、テニスをして、強くなっているような感じだけじゃないですかね。

相当強く、自分のテーマを意識して練習しておかないと、試合でまず「やってみよう」とはならない。

目の前のサーブ、リターン、粘りで頭はいっぱいになってしまいますからね。

練習でやってきたこと、試合前に自分で見つめ直せるくらいじゃないと。

そして、そこには「やり切るぞ」という強い意志が大事なんです。

 

4.ほとんどの人は、現場で勇気を無くして出来ない

例えば並行陣、サーブ&ボレーを練習してきても、いざ試合になると出来ない。

試合のコートで相手を目の前にすると、どうしても試合では安全策に出たくなる。

練習でやってきたこと、は出せないんです、普通は。

勇気が要る作戦、試合では強い意志が無いと難しい。

この意志を持てるかどうか、がテニスでは大事なんです。

しっかりと持てるようになれば、それは立派な成長。

やって失敗、失点なら良いじゃないですか。

試合では練習でやっていること、をやること自体が難しいんです。

 

やるだけなのに、難しい。

それがテニスです。

練習でしっかりテーマを持ってやっている人でも、試合で出せている人は少ない。

どこかで、変えていかないと成長が測れないですからね。

勇気を出して、試合でも殻を破っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

    上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。どんなチー…

  2. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

    試合前に考えること。色々不安になることもあると思いますが、逆に…

  3. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

    試合の中で、必要以上に落ち込んでばかりの人、いませんか?失点す…

  4. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  6. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること
  2. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  3. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉
PAGE TOP