ダブルス

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。

こういう試合で、リターンからどう攻めていくのか、考えてみましょう。

相手が前に出て来る、なら確実に穴を突いていきたい。

ただ強打、強打のリターンだけだと、入らなくなると辛いですよ。

ロブボレーを使う、というアイデアはお勧めです。

 

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

 


 

1.リターンをまず、しっかりクロスに低く打つ

サーブ&ボレーの相手には、まず低いリターン。

これは、必要不可欠です。

赤側がリターン、アナタ側のペアだと思って見てみて下さい。

青側の選手は、サーブを打ったら前に出て来る。

ファーストボレーをさせる、低いリターンをまずは狙いましょう。

狙い過ぎないで、ボレーさせるくらいの意識で充分です。

相手が前に来る、でも狙いはこの2か所↓。

ショートクロスと、ストレートロブ。

でも、いきなりリターンでこの2か所を狙うのはリスクが大きい。

まずは相手の弱点を自覚しつつ、普通にクロスに低くリターン、が基本ですね。

浮かないように前に入ってリターン。

スピン、またはスライスで回転をかけるリターンを打てると、並行陣相手にも強いです。

 

2.リターンダッシュで、4アップを作ろう!

ここで、しっかり前に出るのがポイント。

リターン側の選手も前に出て、4人でネットに出るような状態、4アップにしてしまいましょう。

こうなると、相手のサーバーも安易なファーストボレーは打てない。

低いファーストボレーを、どこに返そうか・・・悩みますよね。

結局、普通にクロスに返して来る、のが一番多いパターンでしょう。

リターンを打って前に出て、更にその次のボール、をどうするのか。

ここで、ロブボレーというアイデアを入れていきましょう。

もしリターンが浮いて、ファーストボレーで攻められても大丈夫。

足下のボレーでも、ロブボレーでなら切り返せる。

大事なのは、リターンで前に出る前から、ストレートにロブボレーを打つことをある程度決めておくこと。

相手のサーバーは、きっと低いリターンで態勢を少し崩しているはず。

こういう時には、時間を与えないで更に動かすこと、が有効な攻撃になる。

サーブを打って、ファーストボレー出来たと思ったら、もうカバーに走らないといけない・・・という感じで、忙しくしてあげましょう。

 

3.相手の前衛をかわす、良い手段にもなる

相手の前衛がアグレッシブな場合でも、これは有効な作戦になります。

なぜなら、強気な前衛は常にセンターのボールに飛びつこう、触ろうと考えているから。

だから、ストレートロブが効くんですよね。

それに、ロブボレーならスマッシュを打とうにも下がる時間が無い。

いきなり自分の頭上に打たれては、何も成す術が無いでしょう。

きっと相手は、こんな感じ↓で慌ててチェンジすることになるはず。

相手を走らせている間に、こちらはしっかり陣形を整えましょう。

やっと追いつくような感じなら、そこからはロブが来るはず。

待ち構えて、しっかりスマッシュを打つこと。

ロブを打った後には、ロブ返しを最大限に警戒しましょう。

当然、スマッシュを打っていない選手のサポートも忘れずに。

ここまでイメージ出来れば、リターンから並行陣を崩せる自信が出来るはず。

一連の流れ、として型を作りましょう。

 

ダブルスの試合での、リターンゲームからの展開。

これは、何パターンか決まっています。

相手が並行陣なら、このパターンで1セットに2~3ポイントは取れる。

ぜひ、練習からロブボレー、磨いてみて下さい。

ベテランのみなさんはもちろん、学生のみなさんにも必要なテクニックですよ。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  2. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

  5. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  6. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  2. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない
  3. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です
  4. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
PAGE TOP