ダブルス

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。

こういう試合で、リターンからどう攻めていくのか、考えてみましょう。

相手が前に出て来る、なら確実に穴を突いていきたい。

ただ強打、強打のリターンだけだと、入らなくなると辛いですよ。

ロブボレーを使う、というアイデアはお勧めです。

 

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

 


 

1.リターンをまず、しっかりクロスに低く打つ

サーブ&ボレーの相手には、まず低いリターン。

これは、必要不可欠です。

赤側がリターン、アナタ側のペアだと思って見てみて下さい。

青側の選手は、サーブを打ったら前に出て来る。

ファーストボレーをさせる、低いリターンをまずは狙いましょう。

狙い過ぎないで、ボレーさせるくらいの意識で充分です。

相手が前に来る、でも狙いはこの2か所↓。

ショートクロスと、ストレートロブ。

でも、いきなりリターンでこの2か所を狙うのはリスクが大きい。

まずは相手の弱点を自覚しつつ、普通にクロスに低くリターン、が基本ですね。

浮かないように前に入ってリターン。

スピン、またはスライスで回転をかけるリターンを打てると、並行陣相手にも強いです。

 

2.リターンダッシュで、4アップを作ろう!

ここで、しっかり前に出るのがポイント。

リターン側の選手も前に出て、4人でネットに出るような状態、4アップにしてしまいましょう。

こうなると、相手のサーバーも安易なファーストボレーは打てない。

低いファーストボレーを、どこに返そうか・・・悩みますよね。

結局、普通にクロスに返して来る、のが一番多いパターンでしょう。

リターンを打って前に出て、更にその次のボール、をどうするのか。

ここで、ロブボレーというアイデアを入れていきましょう。

もしリターンが浮いて、ファーストボレーで攻められても大丈夫。

足下のボレーでも、ロブボレーでなら切り返せる。

大事なのは、リターンで前に出る前から、ストレートにロブボレーを打つことをある程度決めておくこと。

相手のサーバーは、きっと低いリターンで態勢を少し崩しているはず。

こういう時には、時間を与えないで更に動かすこと、が有効な攻撃になる。

サーブを打って、ファーストボレー出来たと思ったら、もうカバーに走らないといけない・・・という感じで、忙しくしてあげましょう。

 

3.相手の前衛をかわす、良い手段にもなる

相手の前衛がアグレッシブな場合でも、これは有効な作戦になります。

なぜなら、強気な前衛は常にセンターのボールに飛びつこう、触ろうと考えているから。

だから、ストレートロブが効くんですよね。

それに、ロブボレーならスマッシュを打とうにも下がる時間が無い。

いきなり自分の頭上に打たれては、何も成す術が無いでしょう。

きっと相手は、こんな感じ↓で慌ててチェンジすることになるはず。

相手を走らせている間に、こちらはしっかり陣形を整えましょう。

やっと追いつくような感じなら、そこからはロブが来るはず。

待ち構えて、しっかりスマッシュを打つこと。

ロブを打った後には、ロブ返しを最大限に警戒しましょう。

当然、スマッシュを打っていない選手のサポートも忘れずに。

ここまでイメージ出来れば、リターンから並行陣を崩せる自信が出来るはず。

一連の流れ、として型を作りましょう。

 

ダブルスの試合での、リターンゲームからの展開。

これは、何パターンか決まっています。

相手が並行陣なら、このパターンで1セットに2~3ポイントは取れる。

ぜひ、練習からロブボレー、磨いてみて下さい。

ベテランのみなさんはもちろん、学生のみなさんにも必要なテクニックですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要

    ダブルスの試合、皆さんはどの程度「選択肢」を持てていますか?強…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

    テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思い…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つの…
  2. テニス テニススクール

    テニススクール

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  4. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
PAGE TOP