テニス ストローク

リターン

速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。

良いリターン、で攻撃されるのは誰だって嫌なもの。

サーブに集中出来なくなりますからね。

アナタ自身、良いリターンの定義から考えていきましょう!

 

速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

 


 

1.タイミングを速く!が大事

錦織選手のリターン、がまさにそうですよね。

コースも良いですが、何よりタイミングが早い。

だから相手はサーブを打ち終えた、と思ったらすぐに自分のコートにボールが返って来ている。

これはもう、たまったもんじゃないです。

テニスの試合で、何が辛いってサーブを打った後にすぐ守備、対応に走る、ということ。

タイミングを速くすること、にリターンは全力を注いで良い。

セカンドサーブ、は特にチャージしていきましょう。

 

2.イメージ動画を、何回も観よう

私がお勧めなのは、錦織選手とマレー選手。

この2人のリターン動画は、徹底して繰り返し見ていきましょう。

特に、アドバンテージサイドでのワイドに入ったサーブ、を両手バックハンドで抑えるようなリターンは相手にとって脅威になります。

良いイメージを持って身体を動かす、ことがテニスでは大事。

ポジションを前にして、ラケット動作はシンプルにして。

速いタイミングで打って、相手を慌てさせるイメージでいきましょう。

 

3.リターンを工夫しないと、相手は楽

アナタ自身がサーブ側でも、そうじゃないですか。

リターンに意図が感じられない、ただ返すだけの相手って本当にテニスでは楽です。

自分のサーブも効いている、と感じて自信も持てる。

こうなると、特に男性サーバーは厳しいですよね。

ノリノリで良いサーブを続けて来る。

サーブのリズムを、いかに乱すのか。

それは、アナタ自身のリターンのタイミング、バリエーションにかかっています。

 

4.腕は前に、出し過ぎない!

では、その速いタイミングのリターンのコツは何か。

ラケットを振り過ぎない、はもちろんそうですが、ラケットを前に出し過ぎない、のもコツです。

私は片手バックハンドですが、打った後に引くくらい、の感じで良い。

フォアハンドも、パン!と合わせるだけ。

腕を前に出していく、という感じではないんですよね。

フォロースルーも短く、インパクト重視。

ラケット面で力の向きを変えてあげる。

そんなリターン、ぜひ動画を観ながら意識してみて下さい。

 

相手のサーブが速いって、逆にチャンスです。

そのサーブを上手く利用して、相手を陥れれば良い。

男性で、サーブの後に隙が生まれやすい人は多いですから。

ぜひ、意識して速いタイミングのリターン、磨いていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  2. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  4. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

    リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。これが、私がいつ…

  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  6. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  3. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
PAGE TOP