テニス ストローク

リターン

速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。

良いリターン、で攻撃されるのは誰だって嫌なもの。

サーブに集中出来なくなりますからね。

アナタ自身、良いリターンの定義から考えていきましょう!

 

速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

 


 

1.タイミングを速く!が大事

錦織選手のリターン、がまさにそうですよね。

コースも良いですが、何よりタイミングが早い。

だから相手はサーブを打ち終えた、と思ったらすぐに自分のコートにボールが返って来ている。

これはもう、たまったもんじゃないです。

テニスの試合で、何が辛いってサーブを打った後にすぐ守備、対応に走る、ということ。

タイミングを速くすること、にリターンは全力を注いで良い。

セカンドサーブ、は特にチャージしていきましょう。

 

2.イメージ動画を、何回も観よう

私がお勧めなのは、錦織選手とマレー選手。

この2人のリターン動画は、徹底して繰り返し見ていきましょう。

特に、アドバンテージサイドでのワイドに入ったサーブ、を両手バックハンドで抑えるようなリターンは相手にとって脅威になります。

良いイメージを持って身体を動かす、ことがテニスでは大事。

ポジションを前にして、ラケット動作はシンプルにして。

速いタイミングで打って、相手を慌てさせるイメージでいきましょう。

 

3.リターンを工夫しないと、相手は楽

アナタ自身がサーブ側でも、そうじゃないですか。

リターンに意図が感じられない、ただ返すだけの相手って本当にテニスでは楽です。

自分のサーブも効いている、と感じて自信も持てる。

こうなると、特に男性サーバーは厳しいですよね。

ノリノリで良いサーブを続けて来る。

サーブのリズムを、いかに乱すのか。

それは、アナタ自身のリターンのタイミング、バリエーションにかかっています。

 

4.腕は前に、出し過ぎない!

では、その速いタイミングのリターンのコツは何か。

ラケットを振り過ぎない、はもちろんそうですが、ラケットを前に出し過ぎない、のもコツです。

私は片手バックハンドですが、打った後に引くくらい、の感じで良い。

フォアハンドも、パン!と合わせるだけ。

腕を前に出していく、という感じではないんですよね。

フォロースルーも短く、インパクト重視。

ラケット面で力の向きを変えてあげる。

そんなリターン、ぜひ動画を観ながら意識してみて下さい。

 

相手のサーブが速いって、逆にチャンスです。

そのサーブを上手く利用して、相手を陥れれば良い。

男性で、サーブの後に隙が生まれやすい人は多いですから。

ぜひ、意識して速いタイミングのリターン、磨いていって下さい!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

  2. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  3. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  2. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず…
  4. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
PAGE TOP