練習メニュー

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

試合に出たいけど、実力不足で何とかしたい。

とにかく、試合を作れるくらいになりたいと考えている方に、お勧めの練習方法をご紹介します。

誰だって、最初に試合に出るときは怖いし、出たら恥をかいたもの。

ですが、やっぱり出るからには勝ちたいじゃないですか。

その可能性を少しでも高める為に、初心者の方こそ「練習」を工夫しましょう。

 

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

 


 

1.リターンでロブの練習

試合では、まず相手のサーブから始まります。

これを返せないと、試合にならないし気持ちも落ちてしまう。

相手のサーブが速くても、何とか上方向に上げてロブ、を打てるように練習しておきましょう。

ポイントは、相手のサーブが自分のどのあたりに飛んで来るのか、を予測する力。

そこに少し上に向けたラケット面で準備する、これだけです。

リターン練習では、ロブを上げる練習をしておくと試合で楽になりますよ。

 

2.セカンドサーブを2回打つサーブ練習

ファーストサーブ、を無理に打つ必要はありません。

私は、初心者の方は「セカンドサーブを2連続」で良いと思っています。

その方が、同じサーブを打つというだけで楽に打てますし、ダブルフォルトの可能性も減る。

「打ち分ける」と思うと、サーブって難しいじゃないですか。

ゆっくりで良いので、セカンドサーブを2回打つ。

この練習、やっておいて損は無いですよ。

 

3.ダブルスなら、ストレートリターン

これも、練習しておきましょう!

ダブルスの試合で、無理にクロスにばかり打つ必要はありません。

相手の前衛に触られてもOK、な形でストレートリターンの練習、をしておきましょう。

そこでボレーされたら、またそれを頑張って返す。

「リターンで、何をしよう・・・」と試合で不安になるのを避ける為に、ぜひ練習しておいて下さいね。

 

4.ネットに出るパターンの練習

初心者の方こそ、私は前に出る方が戦いやすいと思っています。

ストローク戦は一見戦えそうですが、守る範囲が広いし、相手はなかなかミスしてくれません。

ダブルスでもシングルスでも、自分の中で「こうなったら、前に出る」と決めておく。

サーブやリターンを打った後、でも良いですし、サービスラインよりネット寄りにバウンドしたら出る!でも良いでしょう。

普段の練習からパターン化しておくこと、が出来れば試合でも実践出来るはず。

「出れたら出る」では、試合では出られません。

 

5.実力差をシャッフルした練習試合

試合に出たい、と考えているなら、練習から試合を入れていきましょう。

それも、実力が近い人同士、ではなく違う人であえて組んでいく。

これ、大事ですよ。

実力が上の人も良い練習になりますし、マンネリ化を防ぐ、本番の試合に近い感覚で出来る。

よく部活やサークルでも、実力が近い人同士でやりがちじゃないですか。

これでは、相手が変わらないし、実戦向きではない。

初心者の人ほど積極的に上手い人と試合をする、上手い人はその人を育てることで自分が強くなれる。

ぜひ、チームで意識してみて下さい。

 

練習を、「普通通り」にやらないこと。

これが試合に出る為に、勝つ為に必要なことだと思います。

試合って、いわば非日常の世界。

ましてや、試合慣れしていない初心者の方のプレッシャーは凄いですよね。

今回のヒントを元に、ぜひみなさんも考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事

    テニスの練習。毎日、何気なくいつものメンバーで、いつもの練習を…

  2. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  3. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る

    皆さんの普段の習慣、当たり前だと思っていること。これは、なかな…

  5. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  6. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
  2. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
  3. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  5. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスでサーブ&ボレーが得意なら、「たまにステイして雁行陣にする」と、…
PAGE TOP