スマッシュ

「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。

逆に決める人って、決めるような雰囲気がある、と思いませんか?

これは、試合でのあるあるだと思います。

スマッシュが決まらないと、絶対に上のレベルでは勝てない。

それがテニスの試合、です。

当たり前のメンタル、意識の持ち方から見直していきましょう!

 

「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

 


 

1.「入ってくれ・・・」じゃ、甘い

スマッシュを打つ前に、どう思えるのか。

厳しいロブでも、自分が打ちながらどう感じて、考えているのか。

必死なだけじゃ、ずっと分からないままですよ。

スマッシュを打ちながら、「入ってくれ・・・」みたいに神頼みしても、結果は変わらない。

絶対に入るんだ、と。

このスマッシュを打って、相手を追い込むんだという意識、が大事なんです。

 

2.表情から変えていこう

ロブを上げられて、それだけでもう、苦しい表情。

泣きそうになっている人、周りにいませんか?

これでは、良いスマッシュなんて打てない。

技術はさておき、まずは表情から変えていきましょう。

真剣に、自信を持ったような表情で、ロブが上がった瞬間には少し笑顔、くらい見せてはどうでしょうか。

きっと、スマッシュを打つメンタルも変わって来ると思うんですよね。

表情を変えて、自分に自信を持たせる。

「絶対入るんだ!」と思わせることは、試合で大事なテクニックです。

 

3.入ると思ったら入る、のがスマッシュです

不思議なものですが、実際はこうなります。

スマッシュを打つ瞬間に、入ると思ったら入る。

入らないと思ったら、どこかで雑になってしまってミスする。

ミスというか、逃げてるんですよね、必死で最後まで丁寧に打つという動作から。

スマッシュを決める力がある人は、下がってもジャンプしても、絶対に諦めない。

入ると思って打てば入る、ということを経験上知っている選手ですから。

こういう人は、やっぱり試合で強いんです。

 

4.シンプルなフォーム、に変えていこう

サーブよりもシンプルに、とにかくシンプルに。

スマッシュのキーワードは、これです。

派手なショットのように思われがちですが、スマッシュは実に地味なショットの一つ。

打てるコースを隠しながら、回転をかけて相手コートに打つ。

ネットから遠ければ、山なりのようなスマッシュでも良いでしょう。

「絶対に入る!」と思えるような打ち方、で練習から打ててますか?

そのスマッシュ、マッチポイントで打つと思ってみて下さい。

そのための練習、を日々出来ているかどうか、が大事です。

 

スマッシュのメンタルこそ、アナタ自身のテニスに対するメンタルです。

このスマッシュを強化しない限り、試合で上にはいけない。

繰り返しますが、この意識改革が出来ないとずっと3回戦止まりでしょう。

「スマッシュは、たまにしか打たない?」

大事なポイントで1ポイント以上の価値がある、ことに早く気付きましょう。

テニスの試合は、思っている以上に、スマッシュの実力差で決まります。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

    ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。シングルスでも…

  4. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

    ダブルスの試合で、よくある光景。相手にロブを打たれて、前衛が打…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
  3. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップで…
PAGE TOP