スマッシュ

「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。

逆に決める人って、決めるような雰囲気がある、と思いませんか?

これは、試合でのあるあるだと思います。

スマッシュが決まらないと、絶対に上のレベルでは勝てない。

それがテニスの試合、です。

当たり前のメンタル、意識の持ち方から見直していきましょう!

 

「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

 


 

1.「入ってくれ・・・」じゃ、甘い

スマッシュを打つ前に、どう思えるのか。

厳しいロブでも、自分が打ちながらどう感じて、考えているのか。

必死なだけじゃ、ずっと分からないままですよ。

スマッシュを打ちながら、「入ってくれ・・・」みたいに神頼みしても、結果は変わらない。

絶対に入るんだ、と。

このスマッシュを打って、相手を追い込むんだという意識、が大事なんです。

 

2.表情から変えていこう

ロブを上げられて、それだけでもう、苦しい表情。

泣きそうになっている人、周りにいませんか?

これでは、良いスマッシュなんて打てない。

技術はさておき、まずは表情から変えていきましょう。

真剣に、自信を持ったような表情で、ロブが上がった瞬間には少し笑顔、くらい見せてはどうでしょうか。

きっと、スマッシュを打つメンタルも変わって来ると思うんですよね。

表情を変えて、自分に自信を持たせる。

「絶対入るんだ!」と思わせることは、試合で大事なテクニックです。

 

3.入ると思ったら入る、のがスマッシュです

不思議なものですが、実際はこうなります。

スマッシュを打つ瞬間に、入ると思ったら入る。

入らないと思ったら、どこかで雑になってしまってミスする。

ミスというか、逃げてるんですよね、必死で最後まで丁寧に打つという動作から。

スマッシュを決める力がある人は、下がってもジャンプしても、絶対に諦めない。

入ると思って打てば入る、ということを経験上知っている選手ですから。

こういう人は、やっぱり試合で強いんです。

 

4.シンプルなフォーム、に変えていこう

サーブよりもシンプルに、とにかくシンプルに。

スマッシュのキーワードは、これです。

派手なショットのように思われがちですが、スマッシュは実に地味なショットの一つ。

打てるコースを隠しながら、回転をかけて相手コートに打つ。

ネットから遠ければ、山なりのようなスマッシュでも良いでしょう。

「絶対に入る!」と思えるような打ち方、で練習から打ててますか?

そのスマッシュ、マッチポイントで打つと思ってみて下さい。

そのための練習、を日々出来ているかどうか、が大事です。

 

スマッシュのメンタルこそ、アナタ自身のテニスに対するメンタルです。

このスマッシュを強化しない限り、試合で上にはいけない。

繰り返しますが、この意識改革が出来ないとずっと3回戦止まりでしょう。

「スマッシュは、たまにしか打たない?」

大事なポイントで1ポイント以上の価値がある、ことに早く気付きましょう。

テニスの試合は、思っている以上に、スマッシュの実力差で決まります。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

    「スマッシュは、得意ですか?」こう聞かれて、アナタはどう答える…

  5. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず

    スマッシュの決定力、皆さんどうでしょう?私は何度も、その人のテ…

  6. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
  4. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケ…
PAGE TOP