フットワーク

とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

「ストロークで速いボールを打ちたい!」

「サービスエースを取りたい!」

どんなに遅いボール、粘りが大事だと分かっていても、この気持ちは抑えられないですよね。

速いボールを打つことが出来る、でもその前に、踏みたいステップがあります。

試合に勝ちたいなら、打てるようになるだけだと、勝てないですから。

 

とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

 


 

1.打つこと、も大事だけど・・・

速いボールを打つ!

テニスの醍醐味ですよね、私も大好きです。

ですが、打つだけで楽しい、満足する、ということは私自身ありません。

問題は、それを使って相手を翻弄出来るかどうか、試合に勝てるかどうか、ですから。

速いボールを打つだけで良いなら、相手なんて要らないですしね。

テニスの楽しさは、自分が打つだけじゃなくそこに相手がいること、にあります。

同時に、自分も「打たれる」という要素も大事ですね。

打つこと、と同じくらい大事なのは「打たれる」ということです。

 

2.速いボール、打てるより返せるようになろう

昔は、私も自分で打つ方が「カッコイイ!」と思ってました。

ですが、最近はちょっと違います。

相手が速いボールを打って来て、それを返す方が「もっと、カッコイイ!」と思えるようになって来ました。

考え方がベテランかも知れませんが、相手の速いボールを返す、というのもテニスでは立派な技術。

自分が打つことばかりに必死になって、この「返す」という技術をつい忘れてしまいがち、じゃないでしょうか?

打つこと、それから返すこと。

私は、どっちが試合での勝敗に直結するかと言えば、後者だと思います。

だって、相手のプレースタイルを操作することは出来ないですからね。

 

3.速いボールが返せない、で試合終了

という試合、シード選手相手だと多くないですか?

アナタ自身がせっかく自分の武器、速いボールを打てる技術を磨いていたとしても、使えないで終わる。

相手のボールが返せないから、攻撃どころじゃないんですよね。

自分が打つ練習ばかりして、相手からの速いボールを受け止めるような練習、工夫、最近出来てますか?

これが無いと、試合では戦えないですよ。

速いボールは、打つよりまず返す、ことを優先して出来るようにならないと。

練習だって、工夫次第です。

 

4.打たれる環境、で練習出来てますか?

では、実際の練習環境はどうでしょう?

アナタに向かって、適度に速いボールをしっかり打って来る相手はいますか?

いないようなら、環境を変えたり探したり、練習の工夫をしないといけないですね。

球出しから厳しくする、ポジションを前にする、色々工夫の仕方はあるはずです。

大事なのは、試合のような緊張感のある場面、でしっかり返せるような自信を養うこと。

速いボールを打たれる、というだけで力んでしまうようでは戦えません。

自分が打つだけに興味がある人、意外とテニス選手で多い。

だから、チャンスなんですけどね。

 

速いボールを返すには、コツがあります。

その一番のコツは、「恐怖心を無くし、成功イメージを持つ」こと。

速いボールは、返せるんだと自分で思えるかどうか。

試合でこのメンタルで戦えれば、そう負けはしません。

そのために、しっかり練習ですね!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. フットワーク

    コートカバーが遅れる、本当の理由

    試合で、相手に動かされると弱い人って、多いですよね。3回くら…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

  3. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  5. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  6. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線

    ストロークの生命線、スタンス。足がしっかり決まっていると、振り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  2. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも
  4. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない
  5. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
PAGE TOP