テニス ストローク

リターン

リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について

リターンを安定させたい、でも攻撃もしたい・・・。

試合に出ていれば、こう考えるのが自然ですよね。

でも、結局どっち付かずになって、攻めも守りも中途半端になること、ありますよね。

私は、コースで分ける、準備するのをお勧めします!

 

リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について

 


 

1.センターはブロック、ワイドは攻める

結論は、これです。

相手のサーブ、コースによって決める。

センターに打たれたらブロックで確実に返す。

ワイドに打たれたら、攻撃していく。

これをリターンの中心的な考え方にしておくと、試合ですごく楽ですよ。

センターに入ったサーブは、ダブルスならポーチにも出られやすいですし、なかなか攻められない。

ワイドに入ったサーブは、ダウンザラインや角度を付けたクロス、で攻撃しやすい。

どんなレベルでも、基本の戦術として使えるはずです。

 

2.相手のサーブの最初の軌道、で「やっぱり!」と思えるように

まずは相手のトスアップ。

この位置をしっかり見ましょう、ここにはヒントがたくさんあります。

トスアップだけでコースを読めるような選手も、一般の大会では多いです。

そして、ある程度コースを予測しつつ、実際に打たれたら・・・「やっぱり!」と思いたいですよね。

出だしの軌道を見て、センターか、ワイドか、を見極める。

ボディに来ることもありますが、これは反応が遅れてもスライスで処理出来る。

予測と、それに対する見極め、を素早く行うこと。

意外と、リターンの時に相手の打ち出しに集中出来ていない人、多くないですか?

 

3.ワイドに来たら「こう攻める」を決めておこう

これだけは、決めておきましょう!

「次にワイドに来たら・・・ダウンザラインだな」とか、ハッキリ決めておく。

そうすると、迷い無く前に踏み込んでいけるし、攻撃力も上がる。

クロスでも良いと思いますし、出来ればリターンのコースは複数相手に見せておく。

相手がサーブを打つ前に決めておく、のが一番大事なポイントです。

リターンは決断力、です。

 



 

4.センターのサーブも、どこかで攻撃しよう!

でも、この作戦にも穴があります。

相手が、「センターに打っておけば、攻撃は無いな」と気付きますから。

そうならないように、どこかでセンターとワイドを逆、の設定にしないといけない。

センターに来たら攻める、ワイドに来たら何とか返す、という感じですね。

この駆け引き、を楽しみましょう。

相手と読み合い、どこで張って待つのか、攻撃していくのか。

外れることもあるでしょうが、実戦の場で養っていかないと身に付かない技術ですからね。

 

駆け引きを、楽しむこと。

これが出来ない選手は、試合で勝ち上がるのは難しいでしょう。

リターンの攻め、守りのポイントの作り方は、まさに駆け引きそのものですから。

基本は、センターを守ってワイドで攻める。

でも、その逆も見せていく。

試合では、この意識でリターンしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  3. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  4. テニス リターン
  5. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  6. テニス ロブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させて…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から…
PAGE TOP