リターン

リターンでの左利きシフトは、大胆に

試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。

かなり厳しいコース、を狙われますよね。

自分のバックハンド側に切れていくスライスサーブ、はまず塞がないと試合にならない。

レベルが上の相手になって来ると、どんどん狙われることを覚悟しましょう。

 

リターンでの左利きシフトは、大胆に

 


 

1.大胆にいこう!

私はいつも、大胆にポジショニングを取ります。

立つ位置を、もうダブルスのサイドラインくらい、まで外に出ちゃいます。

相手から見ても、明らかにワイドを警戒している、と思わせる。

そこから、実際に相手が打つ瞬間には少し右側にポジションを戻す。

そうすることで、センターも充分に触れます。

右利きの方であればセンターへのサーブはフォアハンド、になりますからね。

まずは、相手にプレッシャーをかける。

「ワイドに打っても、無駄だよ」というメッセージを明確にしていくこと、が大事なんです。

 

2.逆に、相手がトスアップしてから左に動く

これも、有りですね。

あえて空けておいて、打たせて仕留める。

相手がトスアップしたらもう目線はコチラを向いていないので、どこに動いてもバレないですから。

ワイドに打ったら、そこにいる・・・!みたいな感じに、仕向けていきたい。

これも、ある意味大胆な作戦でしょう。

意識したいのは、両方ポジショニングです。

思いっきり外側に立って良い、そこからセンターに来ても、左利きのサーブは向かって左側に曲がりますから。

触れないようなコース、にはなかなか来ないはずですよ。

 

3.強い相手ほど、ポジションを見て来る

アナタ自身のポジション、をしっかりチェックしてくる。

これは、強い相手ほどその傾向が強いです。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「見せる」力。

バレないように、というのも一つの手ですが、私はあえて見せていく方が良いと思いますよ。

気持ち良くサーブを打たせない、ことから全ては始まります。

強い相手ほど、アナタ自身を見て来るはず。

だからこそ、どんどん利用させてもらいましょう。

 

4.左利きサーブ、怖く無い!

と、自分にしっかり自信を持ちましょう。

対策を練れば、大丈夫。

逆に、サーブが得意選手ほど、そのサーブだけを攻略すればガクッと落ち込んでくれる。

特に、最初のゲームですね。

ハッキリ大胆なポジションを見せて、揺さぶってみる。

得意なコースに打たせない、という意識だけで充分だと思います。

繰り返しますが、センターへのナイスサーブはしょうがない、というスタンスでいきましょう。

曲がって来ますし、フォアハンドなので大丈夫です!

 

相手のサーブを打って来るポジション、もよく見ておきましょう。

コートの端、から打って来るようなら、よりアナタ自身のポジションも外寄りに調整しないといけない。

センター寄りなら、少しセンターもケアする態勢で。

左利き、と一言で言っても様々。

ぜひ、貪欲に経験を積んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  4. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  5. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出…
  2. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  3. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  5. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
PAGE TOP