リターン

リターンでの左利きシフトは、大胆に

試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。

かなり厳しいコース、を狙われますよね。

自分のバックハンド側に切れていくスライスサーブ、はまず塞がないと試合にならない。

レベルが上の相手になって来ると、どんどん狙われることを覚悟しましょう。

 

リターンでの左利きシフトは、大胆に

 


 

1.大胆にいこう!

私はいつも、大胆にポジショニングを取ります。

立つ位置を、もうダブルスのサイドラインくらい、まで外に出ちゃいます。

相手から見ても、明らかにワイドを警戒している、と思わせる。

そこから、実際に相手が打つ瞬間には少し右側にポジションを戻す。

そうすることで、センターも充分に触れます。

右利きの方であればセンターへのサーブはフォアハンド、になりますからね。

まずは、相手にプレッシャーをかける。

「ワイドに打っても、無駄だよ」というメッセージを明確にしていくこと、が大事なんです。

 

2.逆に、相手がトスアップしてから左に動く

これも、有りですね。

あえて空けておいて、打たせて仕留める。

相手がトスアップしたらもう目線はコチラを向いていないので、どこに動いてもバレないですから。

ワイドに打ったら、そこにいる・・・!みたいな感じに、仕向けていきたい。

これも、ある意味大胆な作戦でしょう。

意識したいのは、両方ポジショニングです。

思いっきり外側に立って良い、そこからセンターに来ても、左利きのサーブは向かって左側に曲がりますから。

触れないようなコース、にはなかなか来ないはずですよ。

 

3.強い相手ほど、ポジションを見て来る

アナタ自身のポジション、をしっかりチェックしてくる。

これは、強い相手ほどその傾向が強いです。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「見せる」力。

バレないように、というのも一つの手ですが、私はあえて見せていく方が良いと思いますよ。

気持ち良くサーブを打たせない、ことから全ては始まります。

強い相手ほど、アナタ自身を見て来るはず。

だからこそ、どんどん利用させてもらいましょう。

 

4.左利きサーブ、怖く無い!

と、自分にしっかり自信を持ちましょう。

対策を練れば、大丈夫。

逆に、サーブが得意選手ほど、そのサーブだけを攻略すればガクッと落ち込んでくれる。

特に、最初のゲームですね。

ハッキリ大胆なポジションを見せて、揺さぶってみる。

得意なコースに打たせない、という意識だけで充分だと思います。

繰り返しますが、センターへのナイスサーブはしょうがない、というスタンスでいきましょう。

曲がって来ますし、フォアハンドなので大丈夫です!

 

相手のサーブを打って来るポジション、もよく見ておきましょう。

コートの端、から打って来るようなら、よりアナタ自身のポジションも外寄りに調整しないといけない。

センター寄りなら、少しセンターもケアする態勢で。

左利き、と一言で言っても様々。

ぜひ、貪欲に経験を積んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  2. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  3. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  5. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  6. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?
  4. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!
  5. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない
PAGE TOP