テニス ダブルス

ストローク

両手バックハンド、だけで良いの?

最近では、片手バックハンドストローク、の選手は少ないですよね。

学生、ジュニアの試合を観ていると、女子ではまずほとんどいないですし、男子でも少ない。

これが良い悪い、は置いておいて、両手バックハンドストロークを武器にしている方にお伝えしたいこと。

片手、の練習もしておかないと、試合で勝つのは難しい。

それがテニスという競技です。

 

両手バックハンド、だけで良いの?

 


 

1.守備力を上げるには、最後は片手

バックハンドのスライス、もちろん両手でも打てます。

ですが、本当にあと数cm、というボールに追いついて腕を伸ばすなら、片腕の方がリーチが出る。

最後に伸ばして触る、そのスライスショット一つで、相手コートに返すことが出来る。

これは、普段から片手でバックハンドスライス、を意識して練習しておかないと厳しいでしょう。

両手バックハンドが得意な人ほど、最後まで両手にこだわってしまう。

錦織選手でも、守備の場面では多く片手バックハンドスライス、を使いますからね。

攻撃力がある選手ほど、守備の意識は薄くなりがち、なので注意が必要です。

 

2.女性の方でも、ネットプレーで使える!

片手バックハンド、を少しでも使えるようになると利点があります。

女性の方でも、ネットプレーで守備範囲が拡がる。

ボレーも両手バック、でも基本はOKですが、少し遠いところのボールは、やはり片手でないと触れない。

この触った時に、どういうラケット面を作るのか。

どれくらいの強さでグリップを握るのか、は大事なポイントになります。

ボレーボレーでも、バックボレーを少し片手で返球してみる。

練習から、幅を広げるような意識、で片手バックボレーも使ってみる。

こういう意識は、すごく大事です。

 

3.ストロークで、ドロップショットが使えるように

ネットプレーともう一つ、大事な要素があります。

両手バックハンドストロークでは、ドロップショットが使えない。

打てなくもないんですが・・・ちょっと厳しいですよね。

両手バックで打ち込む、と見せかけて片手バックでスライス、というのがやはり打ちやすいはず。

ぜひ、練習して身に付けて欲しいショットなんです。

両手バックハンドのスピンで押しているなら、なおさら相手は下がって来ますから。

前が空いている、そこを使うには片手バックハンド、がベストな選択でしょう。

 



 

4.「得意技」にこそ、発展の余地がある

最近の若い方は、バックハンドが得意な選手が多い。

それも、両手バックハンドストローク、ですね。

でも、私からすると「もっと幅が出来るし、上手くなるのにな・・・」と思います。

片手バックハンドも練習しておけば、より自分の武器を活かせるのに、と。

自分で自分を知っているようで、実は損していることも多いと思いませんか?

得意と思っている技術にこそ、まだまだ発展の余地はある。

両手バックハンド、本当に両手打ちだけで良いの?と、思う訳です。

 

しっかり打っていく、のが基本だと思います。

でも、球際の守備やドロップショット、には片手バックの方が向いている。

バックのストロークが得意な人ほど、考えてみて下さい。

きっと、もっと楽に戦えるようになりますよ。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  4. テニス 守備
  5. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  6. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある
  2. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
  5. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る
PAGE TOP