テニス 戦術

ボレー

ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

サーブ&ボレー、でのファーストボレー。

これをしっかり返すのが、テニスではなかなか難しいですよね。

逆に、しっかり自信を持って打てるようになれば楽に並行陣で戦える。

今回は、「いかにファーストボレーを安定させるか」について考えてみましょう。

 

ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

 


 

1.ナイスボレー、だけどポーチされる?

これは、上のレベルでのダブルスの試合で、絶対にぶち当たる壁です。

自分がサーブを打って前に出る、ナイスなファーストボレーの感触・・・と思っても、相手の前衛にポーチされる。

どうでしょう、みなさんも経験あると思います。

自分では良いボールを打っているつもりでも、やられてしまう。

これはダメージが大きいですよね。

でも、これって概念を変えていかないと厳しい問題、なんです。

アナタ自身が「ナイスなファーストボレー」と思っていること、をもっともっと、俯瞰して見ないといけませんから。

 

2.相手の後衛にとって、ナイスなだけ

私もそうなんですが、ついファーストボレーは対相手の後衛の選手、が基準になりがち。

深くスライスをかけて、しっかり追い込むことを意識して打つじゃないですか。

だから、その感触で打てた時には「いける!」と思って心躍るんです。

でも・・・相手の前衛、からしたらどうでしょうか?

後衛に深く打つ、ということは山なりなボレーになるはずですし、ファーストボレーは足下から上方向に打つ機会が多いショット。

前衛が前に詰めれば、それは打ちやすいボールになるのは当然です。

だからこそ、意識を変えていかないといけない。

対前衛、を意識しながらのファーストボレーに変えていきましょう。

 

3.早めに前衛に1本散らす、ことが大事

相手の対後衛へのボレー、という意識を変えましょう。

ファーストボレーは、まず相手の前衛を意識する。

ここをけん制しながら、深く後衛に打つボールも、ある。

私はいつも、早めに前衛にも打っておきます。

浮いてきたら決めよう、ではなくて低いボールでも相手が動くことを想定して、打ってみる。

良いんです、ポーチに出なくてそのまま前衛にボレーされても。

大事なのは、「ファーストボレー、どこにでも打つよ」というメッセージを相手に与えること。

これが出来れば、ファーストボレーを叩かれるような機会は少なくなるはず。

それからもう一つ、大事なことがあります。

 



 

4.ファーストボレーの前に、味方の前衛・・・何してる?

毎回リターンを沈められて、ファーストボレーを叩かれる。

こういうダブルスには、ある共通点があります。

サーブ側の前衛が、全く動いていないんです。

そりゃ、リターン側の前衛がどんどん詰めて来ますよね。

だって、守備をしなくて良い訳ですから。

これが、サーブ側の前衛がどんどん動いてきたらどうでしょう?

リターン側の前衛は、まず守備、相手の前衛をケアすることに必死になると思いますよ。

ファーストボレーを決められているのは、前衛の責任も大きい。

「なんだよ・・・並行陣出来ないじゃん・・・」と思っている前衛こそ、一番の犯人でしょう。

 

相手の前衛に、前に詰めさせないプレー。

これは、自分一人では出来ないと思って良いでしょう。

パートナーにも動いてもらう、動いてもらいやすいサーブを、自分も打っていく。

この姿勢があれば、きっとファーストボレーはもっと楽に後衛に展開出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  4. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  6. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦
  3. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべ…
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
PAGE TOP