テニス 戦術

ボレー

ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

サーブ&ボレー、でのファーストボレー。

これをしっかり返すのが、テニスではなかなか難しいですよね。

逆に、しっかり自信を持って打てるようになれば楽に並行陣で戦える。

今回は、「いかにファーストボレーを安定させるか」について考えてみましょう。

 

ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

 


 

1.ナイスボレー、だけどポーチされる?

これは、上のレベルでのダブルスの試合で、絶対にぶち当たる壁です。

自分がサーブを打って前に出る、ナイスなファーストボレーの感触・・・と思っても、相手の前衛にポーチされる。

どうでしょう、みなさんも経験あると思います。

自分では良いボールを打っているつもりでも、やられてしまう。

これはダメージが大きいですよね。

でも、これって概念を変えていかないと厳しい問題、なんです。

アナタ自身が「ナイスなファーストボレー」と思っていること、をもっともっと、俯瞰して見ないといけませんから。

 

2.相手の後衛にとって、ナイスなだけ

私もそうなんですが、ついファーストボレーは対相手の後衛の選手、が基準になりがち。

深くスライスをかけて、しっかり追い込むことを意識して打つじゃないですか。

だから、その感触で打てた時には「いける!」と思って心躍るんです。

でも・・・相手の前衛、からしたらどうでしょうか?

後衛に深く打つ、ということは山なりなボレーになるはずですし、ファーストボレーは足下から上方向に打つ機会が多いショット。

前衛が前に詰めれば、それは打ちやすいボールになるのは当然です。

だからこそ、意識を変えていかないといけない。

対前衛、を意識しながらのファーストボレーに変えていきましょう。

 

3.早めに前衛に1本散らす、ことが大事

相手の対後衛へのボレー、という意識を変えましょう。

ファーストボレーは、まず相手の前衛を意識する。

ここをけん制しながら、深く後衛に打つボールも、ある。

私はいつも、早めに前衛にも打っておきます。

浮いてきたら決めよう、ではなくて低いボールでも相手が動くことを想定して、打ってみる。

良いんです、ポーチに出なくてそのまま前衛にボレーされても。

大事なのは、「ファーストボレー、どこにでも打つよ」というメッセージを相手に与えること。

これが出来れば、ファーストボレーを叩かれるような機会は少なくなるはず。

それからもう一つ、大事なことがあります。

 



 

4.ファーストボレーの前に、味方の前衛・・・何してる?

毎回リターンを沈められて、ファーストボレーを叩かれる。

こういうダブルスには、ある共通点があります。

サーブ側の前衛が、全く動いていないんです。

そりゃ、リターン側の前衛がどんどん詰めて来ますよね。

だって、守備をしなくて良い訳ですから。

これが、サーブ側の前衛がどんどん動いてきたらどうでしょう?

リターン側の前衛は、まず守備、相手の前衛をケアすることに必死になると思いますよ。

ファーストボレーを決められているのは、前衛の責任も大きい。

「なんだよ・・・並行陣出来ないじゃん・・・」と思っている前衛こそ、一番の犯人でしょう。

 

相手の前衛に、前に詰めさせないプレー。

これは、自分一人では出来ないと思って良いでしょう。

パートナーにも動いてもらう、動いてもらいやすいサーブを、自分も打っていく。

この姿勢があれば、きっとファーストボレーはもっと楽に後衛に展開出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多…
  3. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い
  5. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない
PAGE TOP