シングルス

シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

シングルスの試合は、コートに自分一人。

だからこそ、相手の打つコースを予測する力、が求められますよね。

「でも、どこに打って来るのは全く分からない・・・」人は、ちょっとした傾向から掴んでいきましょう。

低い打点のストロークは・・・クロス、に来ます。

 

シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

 


 

1.なせ、クロスに来る?

アナタ自身も、打つ立場になってみると分かります。

低い打点でのストロークって、怖いんです。

ネットミスが怖いし、高く打ったらアウトミスが怖い。

それだけ恐怖心があれば、安全策でいきたくなりますよね。

シングルスの試合、低い打点のストロークはクロスに来る可能性が高いでしょう。

ネットが低い場所、センターストラップ上を通って、長い距離でも入るクロス方向へのショットを選択したくなるのが自然です。

 

2.相手が打つ前に、動き出して良い

アナタ自身、予測するとはこういうこと。

相手が打つ前、テイクバックに入った時点で動き出す。

「クロスだ!」と思ったら、半歩でも良いので先に動き出す。

勇気が要りますよね。

でもこれがシングルスの試合では大事。

半歩でも早く動き出せれば、それはアナタ自身の攻撃力がアップする源になりますから。

 

3.ストレートに打たれても、慌てない

低い打点からストレート、ダウンザライン方向へのショット。

無くは無い、です。

ですが、低い打点を無理にストレート、これはネットも高いですしアウトになる可能性も高い。

速いボールは、入らないと思って良いでしょう。

ですので、逆を突かれても慌てない、届かないようなボールはアウトかネットするはず。

こういう意識で待てると、テニスの試合はすごくやりやすくなります。

諦めないで、コートに入るボールは届くんだと。

シングルスの試合では、この自信が大事なんですよね。

 

4.低い打点のストロークを、打たせよう

ですので、相手の打点を低くすること、が大事になります。

コースが読めるようになるし、戦い方が楽になる。

ハードヒットできなくなって、クロスに打つしかなくなるような場面を増やすこと。

浅いボールを使ったり、スライスも良いですね。

プロ選手でも、低いスライスは仕方なくクロス方向へ打つ、ような場面が多くあります。

私たちでも使える作戦、予測ですから。

ぜひシングルスの試合で意識してみて下さい。

 

「言われてみれば、そうかも」ですよね。

こういうのを、どんどん溜めていくこと。

そして、繰り返し練習して身体で反応出来るようになる、目で得た情報で反応出来るようになること、が大事。

絶対に、みなさんなら出来ます!

 

■第1回 「第1回 読者ミーティング」(東京開催)を開催します

→参加応募、お待ちしてます!

 

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  2. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  3. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

    シングルスの試合で、相手の実力や特徴を測ってみる。それには、序…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える
  2. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコース…
  5. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
PAGE TOP