ロブ

攻めるロブは、あえてクロスに!

攻撃的なロブ、をしっかり打って攻めたい試合。

ダブルスで結構、ありますよね。

私が意識しているのは、「セオリー通り、以外の部分」です。

ストレートロブは、当たり前だしみんな打っているから効果が薄い。

あえて、クロス方向で攻めてみませんか?

 

攻めるロブは、あえてクロスに!

 


 

1.相手が並行陣、と考えて・・・

相手が並行陣で、ダブルスの試合。

普通なら、ロブは相手の前衛の上に打ちますよね。

その方が通過しやすいし、良い攻撃になる。

ですが、このストレートロブにも欠点はあります。

まず、ベースラインまでの距離が短いのでアウトしやすい。

それから、相手の後衛、つまりはクロス方向から飛んで来るボールをストレートに打つ為には若干コースを変えないといけない。

これって、かなり大変なことなんですよね。

 

2.クロスロブは、意外と狙い目

これ、私も試合でよく使いますが、効きます。

並行陣の後衛の相手に向かって打つので、あまり決まらなそうに見えますが・・・効果は大。

そのロブが抜けなくても良いんです。

大事なのは、相手の後衛に「ここもあるのか!」と思わせること。

前衛のカバーだけに走る、つもりが自分の上も打たれると、結構慌ててくれますよ。

クロスロブ、意外とどこに返して良いのか分からなくなりますからね。

試合慣れしていないような並行陣ペアには、狙い目です。

 

3.深く打っても、クロスなら入る

これが一番、リラックス出来ますよね。

入るかどうか、気にしないで良いでしょう。

クロスロブは、深い位置でもコートの角に入ってくれる、そう信じて振り抜いて良い。

相手も「自分は並行陣の後衛」という意識がありますから、そんなに攻撃的に打って来ることは無いはず。

よほど甘くならない限りは、クロスのロブは大丈夫。

相手を後ろに下げるつもり、で打っていきましょう。

 

4.打ってみないと、始まらない

これが大事な考え方。

ロブは前衛の上、だけという凝り固まった考え方を打破していきましょう。

打っていくことで、磨かれるし、効果が分かる。

セオリーだけで勝てる試合、なんて少ないですからね。

クロスロブ、普通に打ったら「いや、こっちでしょ」と前衛の上を指示されるかも知れません。

そこでアナタ自身が、しっかり説明出来るかどうか。

技術を磨くって、こういうことです。

 

並行陣には特に効きますね、これ。

そもそも、あまり打たれたことが無いと思うんです。

後衛の後ろ、上は、盤石ですか?

そんなペア、実際は少ないですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  2. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  4. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  5. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  6. ロブ

    スライスロブ、と見せかけて…

    試合でも使えるし、相手を揺さぶる良いショットになるのがロブ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!
  2. ダブルス

    ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です
  3. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素
PAGE TOP