日々の雑記

大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。

もう、みなさんもご存知の通り、大坂なおみ選手が全米オープンでシングルス優勝!

この歴史的快挙、説明不要ですね。

 


 

憧れの選手を相手に、憧れの舞台で、決勝で戦い切ること。

この難しさ、想像を絶します、本当に。

しかも試合は主審の警告が相次いで、不穏なムードになっても乱れないメンタル、頭が下がります。

警告でゲームを失うなんて、なかなか見ない光景ですよね。

試合に勝った後も、まるで負けたかのように涙を隠す仕草、こっちはもう号泣でした。

今回の大坂選手の優勝、私は日本テニス界にとって「最後のピースが埋まるきっかけ」になると思っています。

 

たくさんの日本人選手の試合を観ていて、感じること。

それは、技術以上に「自信」が欠けているということ。

自分が勝てる、結果を出せる、と心そこから思えていない、信じ切れていない。

だから最後の最後で、相手に押し切られてしまう。

でも、その自信って自分一人だけだと、養えないんです。

いくら周りが、「お前なら出来る!」と言っても、「言うのは簡単だよな・・・」となる。

 

でも今回、大坂選手が結果を出した。

これ以上ない、勇気と自信を日本人選手に与えてくれました。

「これなら、俺でも出来るかも」と、思うはずなんです、絶対に。

部活やサークルでも一緒です。

「アイツが出来たなら、俺も出来る、私も出来る」と思えるのが、テニスであり個人競技の良いところ。

どんな言葉より、コーチングより、説得力があります。

何より、一番若い大坂選手がやってのけた訳ですから。

錦織選手が優勝したのとは、訳が違います。

 

それくらい、今回の大阪選手の優勝は大きな意味がある。

日本テニス界、選手のメンタル、この2018年9月で大きく変わったなと。

この先のテニスの歴史の中でも、大きな分岐点になるでしょう。

いや、この20歳の選手だけに頑張らせてはいけない。

私たちも、この頑張りを活かす機会をもらったと思って、頑張りましょう。

目の前のテニス、日々の生活を。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか

    最近、お昼を外に食べに出る機会が多いのですが・・・ふと、考えることが。…

  2. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

  4. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

    年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。テレビでもサッ…

  6. テニス 準備

    日々の雑記

    成長していける人は、自分の通過点を確認出来ている

    アンケートや相談室で、たくさんの「嬉しい声」を頂く機会があります。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっ…
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに…
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に
PAGE TOP