日々の雑記

大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。

もう、みなさんもご存知の通り、大坂なおみ選手が全米オープンでシングルス優勝!

この歴史的快挙、説明不要ですね。

 


 

憧れの選手を相手に、憧れの舞台で、決勝で戦い切ること。

この難しさ、想像を絶します、本当に。

しかも試合は主審の警告が相次いで、不穏なムードになっても乱れないメンタル、頭が下がります。

警告でゲームを失うなんて、なかなか見ない光景ですよね。

試合に勝った後も、まるで負けたかのように涙を隠す仕草、こっちはもう号泣でした。

今回の大坂選手の優勝、私は日本テニス界にとって「最後のピースが埋まるきっかけ」になると思っています。

 

たくさんの日本人選手の試合を観ていて、感じること。

それは、技術以上に「自信」が欠けているということ。

自分が勝てる、結果を出せる、と心そこから思えていない、信じ切れていない。

だから最後の最後で、相手に押し切られてしまう。

でも、その自信って自分一人だけだと、養えないんです。

いくら周りが、「お前なら出来る!」と言っても、「言うのは簡単だよな・・・」となる。

 

でも今回、大坂選手が結果を出した。

これ以上ない、勇気と自信を日本人選手に与えてくれました。

「これなら、俺でも出来るかも」と、思うはずなんです、絶対に。

部活やサークルでも一緒です。

「アイツが出来たなら、俺も出来る、私も出来る」と思えるのが、テニスであり個人競技の良いところ。

どんな言葉より、コーチングより、説得力があります。

何より、一番若い大坂選手がやってのけた訳ですから。

錦織選手が優勝したのとは、訳が違います。

 

それくらい、今回の大阪選手の優勝は大きな意味がある。

日本テニス界、選手のメンタル、この2018年9月で大きく変わったなと。

この先のテニスの歴史の中でも、大きな分岐点になるでしょう。

いや、この20歳の選手だけに頑張らせてはいけない。

私たちも、この頑張りを活かす機会をもらったと思って、頑張りましょう。

目の前のテニス、日々の生活を。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

    何となくですが、最近感じること。それは、「シングルスの試合に出…

  2. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる

    最近、年月が経つのは早いなと。本当に、おじいさんのように感じて…

  3. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

    1月8日は成人の日、ですね。実は私、実際に自分が20歳の頃にこ…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない

    今日は総選挙、ですね。でも日本全国大雨で、なかなか投票に行けな…

  5. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  6. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス
  2. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう
  3. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー
  4. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  5. リターン

    センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?
PAGE TOP