ボレー

バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。

何となく、ブレたり大事な場面で入らなかったりしないですか?

クロス方向へ、バックボレーをしっかり打つ。

これは、簡単なようで難しいショットなんです。

 

バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

 


 

1.バックボレー、正面向きだと厳しい

フォアボレーなら、まだ誤魔化しが効くんですけどね。

バックボレーは、身体が正面を向いている状態だとコントロールが難しい。

しっかり踏み込んでいくボレー、は打てませんから。

右利きの方なら、右の方が前の状態でバックボレー、を打ちたいですよね。

完全な横向き、でなくても少し上半身を捻る必要はあるでしょう。

動画を参考に、まずはご自身の形を確認してみて下さい。

 

2.クロスにもストレートにも、同じ打ち方で

打ち方、構えは基本的には同じ。

毎回変えていたら、相手にばれてしまいますからね。

ボールを触る場所が、少しだけ違います。

そして、バックボレーをクロス方向に打つ時に必要な意識、それは「背中の方向に飛ばす」ということ。

バックボレーでクロスに打つ、ということは、角度を付ければ自分の背中の方向に飛ばす感じに近い。

アングルボレーなんかは、まさにコレですよね。

でも、通常のクロス方向に打つ時にも、私は必要な意識だと思いますよ。

 

3.打ち終わっても横向き、でいこう!

ある程度パワーのある、踏み込んだボレーにはこの形が大事。

打ち終わっても、すぐに身体が前を向くことは無い。

右利きの方なら、左側を向いた状態で打ち終わる感じ、です。

打点に顔を残して、打ち終わる。

フォアボレーでも大事な意識ですが、特にバックボレーはこの形が大事。

クロス方向に打つなら、背中の方向に飛んでいくから、基本自分が打ったボールは見えないくらいに思っておきましょう。

 

4.横振りしないで、縦に動かす

ラケットは、縦方向に動かす。

その中で、クロスにボールが飛んでいくラケット面を作っていることが大事。

クロス方向にボレー、引っ張るように横に振る方が結構多いですよね。

これは、試合向きの打ち方ではありません。

安定しないし、怪我もしやすい。

ラケットは縦に少し動かすくらい、クロスに飛んでいく面を作って抑え込む。

どうでしょう、ぜひこのイメージでみなさんも練習してみて下さい。

 

バックボレーをクロスに打てると、並行陣がすごく楽。

アングルボレーでも攻撃出来るようになるので、余裕が生まれます。

簡単なようで難しい、それがクロス方向へのボレー。

しっかり試合で使えるように、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  2. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  4. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れません…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

    「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる
  2. リターン

    速いけどリターンしやすいサーブ、遅いけどしにくいサーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  4. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
  5. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!
PAGE TOP