サーブ

サーブ&ボレー、必勝のコツ

試合で使う、サーブ&ボレー。

でも、なかなか成功しない、ミスのイメージしか湧いて来ない方も多いでしょう。

私が普段意識していること、ちょっとしたコツ。

本当にちょっとしたことですが、すぐに出来てみなさんも使えるはず。

実力関係なく、大事なポイントです。

 

サーブ&ボレー、必勝のコツ

 


 

1.「ファーストボレーまで、集中」

あまり、先々のことを考えてもダメ。

まずサーブ、そしてファーストボレー。

この2つがしっかりしていれば、その先は何とでもなります。

もっと言えば、良いサーブが入れば良いファーストボレーの8割は完成したようなもの。

そしてファーストボレーがある程度しっかりと返れば、もうそのポイントはほぼ決まったようなもの。

「ファーストボレーまで、集中」で良い。

ダブルスでも、必要な考え方だと思います。

 

2.パートナーにも伝えておこう

「とにかく、ファーストボレーまで頑張るわ」と、伝えてみる。

これ、弱気なようですが、パートナーに宣言することで自分もハッキリ意識出来ます。

それに、パートナーの前衛も、「そこから先は、自分の仕事だな」と感じてくれる。

強い相手に対しては、ファーストボレーまで頑張ることだって大変ですからね。

ここまでは、しっかりと責任を持って遂行しよう、自分がやるんだと。

言葉にすること、伝えることで迷いも消えると思いますよ。

 

3.自分が楽になる方法、を考えよう

試合では、このスタンスが大事。

色々考えるし、準備はするけど、結果的にそれが自分を苦しめていることになってはいませんか?

がんじがらめに自分を縛っても、良いプレーは出来ない。

特にサーブ&ボレーのような作戦は、勇気が要るじゃないですか。

強い相手と分かっていても、前に出る、そのために自分が楽になる言葉を持っておく。

強い相手だからこそ、サーブ&ボレーって必要ですからね。

「ファーストボレーまで集中」だけで良いんです。

 

4.あとは勝手に、身体が反応してくれる

「でも、そのファーストボレーが返されたらどうするの?」と思いますよね。

これも、心配いりません。

無心で良い。

私の経験では、ファーストボレーまでしっかりプレー出来れば、あとは身体が反応してくれます。

サーブ、ファーストボレー、をしっかりリズムよく繰り出していく。

ここから先は、どうにでもなります。

余裕が出てきたら考えれば良い。

あ、でも1つだけ。

ファーストボレーがしっかり深く入ったら、相手はロブで来る可能性が高いですね。

これだけ意識して、ポジションを前にし過ぎないようにしておきましょう。

 

コツでも何でも無い、かもしれません。

ですが、私はいつも、このスタンス。

「ファーストボレーまで、ファーストボレーまでで良いんだ」と。

独り言のようにつぶやいていると、プレーって変わりますよ。

それは、メンタルが楽になっているから、なんですね。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス 攻撃
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

    試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう

    サーブ&ボレー、なぜなかなか上手くいかないのか。この問題を考え…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  6. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分かること

    サーブが良い、自信のある選手はその「構え」にオーラがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
  2. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ
  4. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  5. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない…
PAGE TOP