シングルス

シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

シングルスの試合、疲労度が溜まる終盤。

これは、本当に精神戦です。

ですが、ただ気持ちの強さを全面に出すだけで勝てるなら、苦労しない。

疲れたらどこを、具体的に変えていくのか。

私が意識しているポイントは、これです。

 

シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

 


 

1.つい、急ぎたくなってしまう

何せ、早く終わりたいですから。

疲れたし、暑いし、もう勝っても負けてもどっちでも良い・・・から、早く終わりたいと思ってしまう。

そして、ご存知の通りこんな思考になると、大体負けます。

つい、急ぎたくなってしまう自分、がいつもいます。

疲労度が溜まって、シングルスの試合でも5-5、6-6でタイブレークに入ると・・・プレーが淡泊になる。

ボールが直線的になって、無理な攻めが増える。

これを止める、変えるだけでも、かなり勝率は上がると思いますよ。

 

2.ボールの軌道を、上げる

シングルスの試合は、やはりベースラインからのストロークが多い。

この軌道、を上げるんです。

ネットの2メートル上くらいを通過させる、のを試合の終盤はイメージする。

相手も、そこまでネットに出て来ないでしょうしね。

そうすると、ミスが減って自分が戻る時間も作れる。

それに、深いボールで相手をえぐることが出来る。

浅いボールを引き出したら、ボールを直線的にする、または疲れている相手を走らせるドロップショットを使う。

でも、ベースで使いたいのはこの「軌道が高いボール」です。

 

3.軌道を高くする為には?

まず、自分が打点を下げ過ぎないこと。

それから、上に打ち上げ過ぎないこと、です。

上に打ち上げていると、相手に攻撃されるし、風の影響も受ける。

しっかり、打つのは前方向。

その中で、発射角度をいつもよりも高く設定する。

ボールが一番遠くに飛ぶ角度、45度でボールが飛び出していくイメージですね。

しっかり振り切って、回転をかけましょう。

この意識、シングルスの試合では大事です。

 

4.両手バックハンド、浅くならないように!

このイメージで、一番のネックはこれです。

両手バックハンドストローク、が浅くなるのが怖い。

右利きの方は、意識して左腕を使って前に押し出していく。

試合の終盤、疲れてきた時こそ、利き腕ではない腕、が主役です。

しっかり振り切る、そのために利き腕はリラックス。

シングルスの試合で、バックハンドが軌道高く、深く打てると強いですよ。

ぜひ、意識してプレーしてみて下さい。

 

試合の終盤に強い人は、ミスが少ない。

終盤って、普通の人は疲れてミスが増えるんです。

だから、少し変える、微調整する。

シングルスの試合、コーチの役割も自分で担うしかありません。

戦い抜いて、勝ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  4. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  5. テニス 楽天
  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理…

    テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由
  2. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておい…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
PAGE TOP