シングルス

シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

シングルスの試合、疲労度が溜まる終盤。

これは、本当に精神戦です。

ですが、ただ気持ちの強さを全面に出すだけで勝てるなら、苦労しない。

疲れたらどこを、具体的に変えていくのか。

私が意識しているポイントは、これです。

 

シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

 


 

1.つい、急ぎたくなってしまう

何せ、早く終わりたいですから。

疲れたし、暑いし、もう勝っても負けてもどっちでも良い・・・から、早く終わりたいと思ってしまう。

そして、ご存知の通りこんな思考になると、大体負けます。

つい、急ぎたくなってしまう自分、がいつもいます。

疲労度が溜まって、シングルスの試合でも5-5、6-6でタイブレークに入ると・・・プレーが淡泊になる。

ボールが直線的になって、無理な攻めが増える。

これを止める、変えるだけでも、かなり勝率は上がると思いますよ。

 

2.ボールの軌道を、上げる

シングルスの試合は、やはりベースラインからのストロークが多い。

この軌道、を上げるんです。

ネットの2メートル上くらいを通過させる、のを試合の終盤はイメージする。

相手も、そこまでネットに出て来ないでしょうしね。

そうすると、ミスが減って自分が戻る時間も作れる。

それに、深いボールで相手をえぐることが出来る。

浅いボールを引き出したら、ボールを直線的にする、または疲れている相手を走らせるドロップショットを使う。

でも、ベースで使いたいのはこの「軌道が高いボール」です。

 

3.軌道を高くする為には?

まず、自分が打点を下げ過ぎないこと。

それから、上に打ち上げ過ぎないこと、です。

上に打ち上げていると、相手に攻撃されるし、風の影響も受ける。

しっかり、打つのは前方向。

その中で、発射角度をいつもよりも高く設定する。

ボールが一番遠くに飛ぶ角度、45度でボールが飛び出していくイメージですね。

しっかり振り切って、回転をかけましょう。

この意識、シングルスの試合では大事です。

 

4.両手バックハンド、浅くならないように!

このイメージで、一番のネックはこれです。

両手バックハンドストローク、が浅くなるのが怖い。

右利きの方は、意識して左腕を使って前に押し出していく。

試合の終盤、疲れてきた時こそ、利き腕ではない腕、が主役です。

しっかり振り切る、そのために利き腕はリラックス。

シングルスの試合で、バックハンドが軌道高く、深く打てると強いですよ。

ぜひ、意識してプレーしてみて下さい。

 

試合の終盤に強い人は、ミスが少ない。

終盤って、普通の人は疲れてミスが増えるんです。

だから、少し変える、微調整する。

シングルスの試合、コーチの役割も自分で担うしかありません。

戦い抜いて、勝ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  2. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら
  2. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にと…
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  5. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
PAGE TOP