テニス メンタル

メンタル

自分にコミット出来ない人は、裸になれない

最近、改めて感じます。

テニスが強くなりたいなら、裸にならないと。

すごく、恥ずかしいことなんですけどね。

裸になってみて、見えてくるもの、感じられるものがある。

世界も変わる。

一枚服を着ているだけでも、それは重たい鎧となって、アナタ自身の動きを鈍らせていくと思いますよ。

 

自分にコミット出来ない人は、裸になれない

 


 

1.T-PRESSは、私の裸の場所

みたいなもの、です。

実は、メッセージとかで「有料のメルマガ出しませんか?」「有料サロンを作りませんか?」というお声を、頂くこともあります。

でも、出来ないんですよね。

だって、このサイトで全て出させて頂いてますから。

もう、私は裸なんです。

これ以上、今の自分では出すものが、無い。

実力不足だと思いますが、これが限界なんです。

テニスについても、私は近いことが言えると思いますよ。

裸でテニスに向き合って、愚直に試合に出続けている人。

こういう人は、やっぱり強いですよ。

 

2.誰しもが、傷つくことが怖い

私たちの日常生活、平穏な日々。

誰だって、傷つくことは怖いです。

傷つく、と言っても実際に怪我する訳じゃない。

つまりは、人から評価を下される、ということです。

「あの人のテニス、全然ダメだね」とか、「練習しても、成長してないね」みたいな感じで、思われるのが嫌。

誰だってそうだと思います、私でもそうです。

でも、自分自身が裸の状態でいたら、もう気にならなくなりますよ。

だって、裸なんですから。

自分を取り繕わない、批判の声があれば受け止めるけど、良い意味で受け流すこともある。

裸になれない人は、自分の服を着替えてばかり。

いくらでも、着替えがあると思ってるんでしょうね。

 

3.自分にコミット、それがスタートライン

裸になって、テニスを頑張る。

市民大会の上位を目指すなら、何をするのか。

コミットして初めて、スタートラインに立つことが出来る。

自分に約束出来ていない人、はどんな名コーチから指導を受けても無理でしょう、伸びません。

というか、何を言っても本人の心に響かないし、鈍感な毎日。

裸だと、色々感じることが出来ますよ。

寒い、痛い、傷つくこと、たくさんです。

でもその傷こそが、テニス選手として強く、たくましくしてくれると私は思いますよ。

 

4.裸にならないと、つまらない

結論、これです。

私が、なんでこのサイトの更新を続けられるかと言えば・・・一言で、楽しいからです。

裸で本音で、書かせて頂いている。

ですので、たくさん反対のご意見や、批判の声も頂きます。

真摯に受け止めますが、服を着ていくつもりはありませんので、このスタンスは変えないつもりです。

だって、楽しくないですから、取り繕った内容でテニスの情報を発信しても。

きっと、今読んで頂いている読者のみなさんも、面白くなくなると思います。

裸の人生は、楽しいですよ。

仕事やプライベートでなかなか裸になれないなら、テニスくらいは、どうでしょう。

そこから、全てが変わり出すと私は思いますよ。

 

結果が出ない方、なかなかテニスが成長していない方。

私が見て感じるのは、まだまだ自分を守っているな、ということ。

人生なんて、一瞬です。

人と異なること、を恐れていては、志なんて成し遂げられない。

アナタ自身の感覚、をもっと大事にして良い、と私は思います。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  2. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

    テニスは、あるレベルまでは「ある程度」自然に上達する。個人差は…

  4. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  6. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある
  5. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
PAGE TOP