戦術

打たれたくないコース、に打たせない為には?

テニスの試合の中で、自分の弱点を攻撃されること。

これほど、辛いことはありませんよね。

でも、これは発想と準備で防げる、私はそう思います。

試合では、相手にどう感じてもらうか、が大事。

弱点があると自覚出来ているなら、「普通」のポジショニングはもったいないでしょう。

寄っておくこと、が一番の作戦

これが一番、テニスでは効きます。

打たれたくないコースがあるなら、寄っておく。

バックハンドに打たれたくないなら、フォアハンド側を空けておく。

これだけで、試合では結構効果がありますよ。

「そんなの当たり前じゃないか」と、思う方も多いと思いますが、実は試合ではみなさん、あまり大胆になれていない。

普通、にやってしまいがちなんですよ。

リターンの位置だって、どこに立っても良い。

みなさん、真面目に真ん中に立っては・・・いませんか?



ダブルスなら、徹底してセンターに寄る

私は、並行陣でもこれを意識しています。

ダブルス、とはいえ、2人の距離は近い。

離れていた方が、守りやすいように感じるじゃないですか。

でも、それだとガンガンにセンターを攻められて、終わる。

センター、2人の間に打たれると、こっちは打てるコースが少なくなってしまうんですよね。

だから、結果的に崩されて負けてしまう。

そうならないように、もう1~2メートルくらいの距離感を保っておく。

そうすると、こっちが楽な「外側」に配球してくれますから。

見た目の印象、を使うことは大事です、試合では。



相手に求めるのは、「狙い過ぎてアウト」

相手も、そりゃ気付きます。

「この選手、バックハンドは苦手なんだな・・・」と。

でも、良いんです、それで。

相手に、狭いところを狙わせてみて、それでミスを誘う。

バックハンドを打たせたかったら、「ココに打つしかない」という状況、を作ってあげる。

そこに見事、打たれたらしょうがない、スライスで凌ぎましょうか。

ほとんどが、狙い過ぎてアウト、ネット、になってくれると思いますよ。

これは、アナタ自身が戦術で引き出したミス、得点ですね。

シングルスでも、あえてコースを空けて相手に打たせる作戦、は大事です。

→公式YouTubeチャンネルはコチラから


   

テニスは自分の土俵、で勝負して良い

打ちたくなければ、打たなくて良い。

それがテニスです。

私も、中学時代は本当にストロークが苦手で、ボレーばっかりしてました。

小学校までバレーボールをやっていたので、ノーバウンドの方が楽だし感覚が掴めたんですよね。

でも、それは「後付け」の言い方でしかない。

当時の私は、ボールを落としたくなかった、ストロークを打ちたくなかっただけ。

でも、周りから見ると「何だ、あの訳の分からない、サーブ&ボレーをする中学生は!?」となる訳です。

相手は、ボレーさせれば良いのにどんどんミスしてくれる。

こういう発想、大事なんじゃないかなと。

弱点を隠していたら、武器になる。

それもテニス、だと思いますよ。



まだまだ、発想次第で変わります。

弱点を隠す、のではなく活用する。

打たせたくなかったら、相手にどうやってプレッシャーをかけるか、を考えてみましょう。

今あるみなさんのスキル、でまだまだ試合は楽に運べます。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  2. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る

    テニスの試合、みなさんは「初対戦」の割合ってどうでしょうか?試…

  3. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る

    アナタ自身、全ての相手に「同じようなテニス」で挑んではいないか。…

  4. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。…

  5. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

    テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります…

  6. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に
  3. テニススクール

    コーチとの関係値も、アナタの大事な実力
  4. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのボレーでは、「ネットより低い打点からのボレー」をしっかり返球できれば、プ…
PAGE TOP