テニス ボレー

ダブルス

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

ダブルスの前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスを決めること。

味方の後衛のストロークが深く入って「よし!」と思ってポーチに出ても、思った以上に低いボールが来てパニックに・・・ということ、よくありますよね。

アナタのボレーの技術はそのままに、意識を変えることでポイント奪取につなげていきましょう。

 

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

 


 

1.「一発で決めないといけない」という意識を捨てる

低い位置でボレーさせられているのであれば、それは決してアナタのペアのチャンスではありません。

一旦深く後衛に返球する、というシンプルな選択で「イーブン」の状態に戻すことを意識しましょう。

このときに大切なのは、打ったら自分もポジションを戻すこと。

ボレーを打って、そのままセンターベルト付近にいたのでは、後衛のパートナーもどうすれば良いか分かりません。

焦らず、足は止めずにいきましょう。

 

2.「低いボールが来ること」も想定して、低い態勢でポーチに入る

ポーチに出ていくときに、腰が高く目線が上下している人がいます。

こういった方は、えてしてボールをふかしてしまいがち。

低いボールでも無理やり相手前衛の足元を狙おうとして、ボールはネット一直線の予感がプンプンします。

まずは「低いボールがくる」ことを想定して、膝を曲げてポーチに動いていきましょう。

態勢が低いと、相手にも動きをばれにくくなるので、お勧めです。

 

3.「どうしても決めたい!」という人は、ネットギリギリまで接近してポーチで叩く!

ネットギリギリまでポーチで近づければ、上から叩くことも可能です。

これは上のレベルになれば必須のテクニック。

得てして、初中級者まポーチに出た際にネットとの距離が遠過ぎる傾向にあります。

思い切ってネットに近づくことで、低いストロークにも決定力のあるポーチで決めることができるでしょう。

 

4.ドロップボレーを覚えれば、アナタもポーチ巧者になれる!

低いボールは恰好のドロップボレーのチャンスです。

低い!と思ったら、すぐに手首で確度を作って、後衛の空いている前のスペースにドロップボレーを打ちましょう。

これも決めようと思わず、相手に返球されてOK。

陣形を崩すことができれば、その後の展開で攻撃していけます。

慣れてくればスライス回転をかけて、より相手にとって厳しいボールにしていきましょう。

決まると・・・正直、おしゃれでカッコ良いプレーです。

 

攻撃的なプレーをしているときほど、どこか相手のチャンスボールを期待してしまうもの。

実際に試合では、相手も必死に抵抗してきます。

攻撃しているのにリスクを冒す必要はありません。

思い切ったプレーももちろん大切ですが、まずはテニスというスポーツの中で「慌てないこと」が大切。

イメージさえ広く持つことができれば、アナタのテニスの幅はどんどん広がっていきます。

さぁ、心構えだけしっかりして、あとはどんどんポーチに出ていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  3. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて

    今日は、11月22日。読んで字のごとく、良い夫婦の日だそうです…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

    いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨してい…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  2. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探し…
  3. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  5. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
PAGE TOP