テニス ボレー

ダブルス

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

ダブルスの前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスを決めること。

味方の後衛のストロークが深く入って「よし!」と思ってポーチに出ても、思った以上に低いボールが来てパニックに・・・ということ、よくありますよね。

アナタのボレーの技術はそのままに、意識を変えることでポイント奪取につなげていきましょう。

 

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

 


 

1.「一発で決めないといけない」という意識を捨てる

低い位置でボレーさせられているのであれば、それは決してアナタのペアのチャンスではありません。

一旦深く後衛に返球する、というシンプルな選択で「イーブン」の状態に戻すことを意識しましょう。

このときに大切なのは、打ったら自分もポジションを戻すこと。

ボレーを打って、そのままセンターベルト付近にいたのでは、後衛のパートナーもどうすれば良いか分かりません。

焦らず、足は止めずにいきましょう。

 

2.「低いボールが来ること」も想定して、低い態勢でポーチに入る

ポーチに出ていくときに、腰が高く目線が上下している人がいます。

こういった方は、えてしてボールをふかしてしまいがち。

低いボールでも無理やり相手前衛の足元を狙おうとして、ボールはネット一直線の予感がプンプンします。

まずは「低いボールがくる」ことを想定して、膝を曲げてポーチに動いていきましょう。

態勢が低いと、相手にも動きをばれにくくなるので、お勧めです。

 

3.「どうしても決めたい!」という人は、ネットギリギリまで接近してポーチで叩く!

ネットギリギリまでポーチで近づければ、上から叩くことも可能です。

これは上のレベルになれば必須のテクニック。

得てして、初中級者まポーチに出た際にネットとの距離が遠過ぎる傾向にあります。

思い切ってネットに近づくことで、低いストロークにも決定力のあるポーチで決めることができるでしょう。

 

4.ドロップボレーを覚えれば、アナタもポーチ巧者になれる!

低いボールは恰好のドロップボレーのチャンスです。

低い!と思ったら、すぐに手首で確度を作って、後衛の空いている前のスペースにドロップボレーを打ちましょう。

これも決めようと思わず、相手に返球されてOK。

陣形を崩すことができれば、その後の展開で攻撃していけます。

慣れてくればスライス回転をかけて、より相手にとって厳しいボールにしていきましょう。

決まると・・・正直、おしゃれでカッコ良いプレーです。

 

攻撃的なプレーをしているときほど、どこか相手のチャンスボールを期待してしまうもの。

実際に試合では、相手も必死に抵抗してきます。

攻撃しているのにリスクを冒す必要はありません。

思い切ったプレーももちろん大切ですが、まずはテニスというスポーツの中で「慌てないこと」が大切。

イメージさえ広く持つことができれば、アナタのテニスの幅はどんどん広がっていきます。

さぁ、心構えだけしっかりして、あとはどんどんポーチに出ていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

  2. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

    ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。こ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う

    ダブルスの試合、怖いのは大逆転。その呼び水、となるようなアナタ…

特集記事

  1. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・
  2. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  3. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
  4. テニス 環境

    その他

    「試合に出れないなら、せめて応援で仲間を助けたい!」と思う人に知って欲しい、テニ…
  5. 戦術

    センスとは、即ち合理性
PAGE TOP