日々の雑記

テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

8月も、もう後半。

みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか?

ご実家や故郷に帰省されていた方も多いと思います。

そういう自分の原点、育った場所のような所に戻ると、私自身思い出すことがあります。

 

中学、高校生くらいの頃は、とにかく「外に出る」ことを意識してました。

いや、あくまで結果的に・・・ですけどね。

何せ、テニス部に指導してくれる先生もコーチもいなかったですし、学校にコートも無かったですから。

「普通にやってたら、俺たちはダメなんだ!」という危機感、はすごくありました。

ですので、とにかく何事も経験してみる。

外の試合、草トーにも出るし、JOPの試合はどんどん観に行ってみる。

お年玉使って広島から大阪まで試合を観に行ったこと、も何度かありました。

無意識のうちにやっていたことですが、このマインドってすごく大事で、今の自分にも活かされているように思います。

 

テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資する。

試合に出る、こともそうですよね。

エントリー費を払って、試合に出ることも大事な経験。

本当に勝ちたい試合、以外の試合に出ることも自分の意志で、しっかりアクションを起こしていかないとダメ。

テニスの大会の観戦、もそうです。

「地元で大きな大会はやってないから・・・」という方なら、自分の足とお金で外に出る。

それだけ苦労して観に行く大会なら、1ポイントだって見逃さない意欲で観戦出来るでしょうから、本当に血となり肉となる。

目の前の環境だけで練習、していても強くはなれない。

この危機感は、大事です。

 

周りと違いを作る、そんな経験に投資する。

勇気が要るでしょう、お金も時間も要るでしょう。

でも、試合に強くなりたければ、自分自身に投資をしないと。

私の経験上、これが出来る人は必ず強くなる、結果を出す。

出来る限りのサポートを、T-PRESSでもやっていきたいと考えていますが、このサイトだけでは限界があるでしょう。

ぜひ、みなさんの踏み出す、オリジナリティのある一歩が欲しい。

そこから、みなさんのテニスは強くなっていくでしょうから。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. 日々の雑記

    全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回、…

  2. テニス 錦織圭

    日々の雑記

    「錦織圭」選手について、アナタは自分の意見を持っておく必要がある

    重たいタイトルですみません・・・が、最近思うことを、書いてみたいと思い…

  3. テニス トレーニング

    日々の雑記

    先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる

    何事も、新しいことって否定されがち。テニスもそうですけど、仕…

  4. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…

    先月も、色々な出会いがありました。特に印象的だったのは、今年…

  6. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整

    今回は、少し重たい話題になります。あえて書かないと、と思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず
  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバラ…
  3. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  4. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです
  5. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
PAGE TOP