日々の雑記

テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

8月も、もう後半。

みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか?

ご実家や故郷に帰省されていた方も多いと思います。

そういう自分の原点、育った場所のような所に戻ると、私自身思い出すことがあります。

 

中学、高校生くらいの頃は、とにかく「外に出る」ことを意識してました。

いや、あくまで結果的に・・・ですけどね。

何せ、テニス部に指導してくれる先生もコーチもいなかったですし、学校にコートも無かったですから。

「普通にやってたら、俺たちはダメなんだ!」という危機感、はすごくありました。

ですので、とにかく何事も経験してみる。

外の試合、草トーにも出るし、JOPの試合はどんどん観に行ってみる。

お年玉使って広島から大阪まで試合を観に行ったこと、も何度かありました。

無意識のうちにやっていたことですが、このマインドってすごく大事で、今の自分にも活かされているように思います。

 

テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資する。

試合に出る、こともそうですよね。

エントリー費を払って、試合に出ることも大事な経験。

本当に勝ちたい試合、以外の試合に出ることも自分の意志で、しっかりアクションを起こしていかないとダメ。

テニスの大会の観戦、もそうです。

「地元で大きな大会はやってないから・・・」という方なら、自分の足とお金で外に出る。

それだけ苦労して観に行く大会なら、1ポイントだって見逃さない意欲で観戦出来るでしょうから、本当に血となり肉となる。

目の前の環境だけで練習、していても強くはなれない。

この危機感は、大事です。

 

周りと違いを作る、そんな経験に投資する。

勇気が要るでしょう、お金も時間も要るでしょう。

でも、試合に強くなりたければ、自分自身に投資をしないと。

私の経験上、これが出来る人は必ず強くなる、結果を出す。

出来る限りのサポートを、T-PRESSでもやっていきたいと考えていますが、このサイトだけでは限界があるでしょう。

ぜひ、みなさんの踏み出す、オリジナリティのある一歩が欲しい。

そこから、みなさんのテニスは強くなっていくでしょうから。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道

    もうすぐゴールデンウィーク。既に連休がスタートしている方も多い…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニスの上達は、「すぐに効果が出ないこと」を、どれだけ続けられるかにかかっている

    毎日暑かったり、寒かったり・・・なかなか体調管理が難しい毎日、ですね。…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする

    昨日のマスターズの決勝、TVでご覧になっていた方も多いと思います。…

  4. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく

    西岡選手、惜しかったですねー!マスターズ大会でのラッキールーザ…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  4. メンタル

    いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
PAGE TOP