ストローク

ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。

でも、実際に上手い選手のプレーを見ていると・・・どうでしょう。

打つ前、に後ろに引いているように見える、ことないですか?

これを紐解くには、テイクバックを2段階と考える必要があります。

ストロークの基本、テイクバックがしっかり出来ればもうストロークはミスが怖く無くなる。

ぜひ、今一度意識してみて下さい。

 

ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

 


 

1.まずはターン!その後に・・・?

まず、フォアかバックかを分かった時点で身体をターン!

これが第一のテイクバック、ですね。

まずは上半身をターンさせて、走る。

そこでボールに追いついて、その後にもう一度、第二のテイクバックが入ります。

ターンした上半身を、更にひねって、戻す。

この動きが、パワーを生んでくれる。

実は、この2段階のテイクバックが出来ている人って、すごくすくないんです。

 

2.第一のターンが、遅い!

これが、一番多いパターンです。

フォア側にボールを打たれているのに、身体が正面向きのまま。

上半身のターンはすぐにしないといけないのに、出来ない。

結果的に、ボールに追いついてからやっと横向き、ラケットの準備、打つという感じで忙しい。

これでは、打ち分けも出来ないしミスも増える。

第一のターン、は相手が打った瞬間に行わないといけないんです。

普通に待っていたら、まず遅れる。

そう考えておいて、損は無いです。

 

3.第一のテイクバック、ターンさえ終えておけばミスは減る

なぜ、この最初の第一のテイクバックが大事か。

それは、相手のボールが深い時でも、最悪何とかなるからです。

相手のボールが深いと、その返球は難しいですよね。

でも、第一のターンで横向きは作れているから、何とかボールを打つことが出来る。

正面向きのままだと、深いボールって絶対に返らない。

第一のテイクバックを終えていれば、相手のボールが厳しくても対応出来る。

やってみたら、分かると思いますよ。

 

4.余裕があるときこそ、第二のテイクバックが活きる

第二のテイクバック、上半身を更にひねる動き。

これが出来るときは、アナタ自身がストロークで攻撃出来る時。

しっかり止まって、ひねって、その戻す反動で打てる時ですからね。

こういうボール、を試合で増やせば勝てます。

余裕がある時にこそ、第一のテイクバックから早いタイミングで行うこと。

つい、私たちは遅いボールだとさぼりがちなんですよね。

遅いボールでも、忙しい。

忙しく準備することで、初めて攻撃出来るのがテニス、ですから。

 

パッとターンして、踏み込むと同時にひねって戻す。

ストロークの身体の使い方、これをしっかり意識してみて下さい。

第一のターン、この速度が早ければ試合でそうミスは増えないですよ。

相手が打って、ネットを越える前までが勝負。

磨いて、攻撃的なストロークで主導権を握っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  2. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

    試合の中で、相手がネットに出て来て自分から攻撃していくショット。…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

    ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブシ…

  4. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ

    何度か書いてきました、スライスショットの必要性。草トーの試合を…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  2. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考…
  5. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に
PAGE TOP