フットワーク

相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。

この時に、みなさんのフットワークはどうでしょうか?

ショートクロスのように浅いボールはもちろん、「下がってしまう」と、テニスは厳しくなる。

守備範囲が拡がるようで、実は触れる範囲はすごく狭くなってしまうんですよね。

このこと、に気付かないとずっと相手から押される展開、になってしまいます。

 

相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

 


 

1.下がっても、ボールは離れていく

よく考えてみて下さい。

相手が、自分のコートに、クロス方向のストロークを打って来る。

これを、下がって触ろうと思っても・・・ボールによっては、どんどんサイドに切れていく。

下がって触るつもりが、自分がどんどんボールから離れていってしまっているようなパターン、無いですか?

強いショットには、下がりたくなる気持ちも分かります。

でも、それではテニスの良い守備とは言えない。

大事なのは、しっかりワンバウンドで、出来るだけ高い打点でボールを触ることですからね。

 

2.2バウンドで触っても、テニスでは反則

ただ、自分の後ろにボールを通さない、だけなら良いんです。

ですがルール上、テニスはワンバウンドで触らないといけないんですよね。

下がってしまうと、ボールに触れても2バウンド、3バウンドになってしまうようなケースが多いでしょう。

ただボールの後ろに回るだけで、ボールはどんどんバウンドしていく。

テニスって、とにかく時間が無い競技だと思った方が良い。

相手が打った瞬間に、もう自分の守備が始まる。

それは、2バウンドまでの時間との戦い、です。

 

3.前に入りながら打つから、クロスへ切れる前に打てる

例えば、ワイドへのスライスサーブでもそうですよね。

リターンで、前に入るからサイドに切れる前に触れる、良い打点でボールが打てる。

曲がらせない、という意識があれば、自然とポジションは前になるはずなんです。

これは、クロスのストロークでも一緒ですよ。

下がっても、どんどんボールが切れていくようなショットには対応できない。

ベースライン上を移動する、もしくはコートの内側に入るくらいの気持ちで良いと思います。

下がってしまうのは、ただアナタ自身の恐怖心が強いだけ。

余計に触り辛くなっていること、に気付かないとダメです。

 

4.全部スピン、じゃなくても良い!

「でも、全部前に入って打つのは間に合わないよ・・・」という方も、多いと思います。

こういう時の為に、スライスがあるんです。

フォアハンドでもバックハンドでも、スライスのグリップにして大きく足を開いて、打点を確保する。

スピンのようにテイクバックからの流れが必要無いですから、サッと出して、サッと打てる。

このスライスがあれば、下がることもなく相手のボールを返球出来る。

当然、そこから守備の時間は続きますけどね。

下がってしまうよりは、自分のポジションをキープ出来る。

相手のクロスショットに対して、下がらない。

この強い意志は、テニスの試合の基本です。

 

強い相手との対戦のとき、こそ大事ですね。

下がってしまうと、相手の思うツボ。

より攻撃の勢いが増して来るでしょうから、注意が必要です。

クロスへのショットは下がらない、厳しければスライスを使う。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を

    試合で必要な、スプリットステップ。これって、みなさん毎回どんな…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ

    試合で大事なのに、つい練習で見落としがちなモノ。それは、フット…

  3. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

  4. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  5. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  6. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
  3. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  4. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
PAGE TOP