フットワーク

相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。

この時に、みなさんのフットワークはどうでしょうか?

ショートクロスのように浅いボールはもちろん、「下がってしまう」と、テニスは厳しくなる。

守備範囲が拡がるようで、実は触れる範囲はすごく狭くなってしまうんですよね。

このこと、に気付かないとずっと相手から押される展開、になってしまいます。

 

相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

 


 

1.下がっても、ボールは離れていく

よく考えてみて下さい。

相手が、自分のコートに、クロス方向のストロークを打って来る。

これを、下がって触ろうと思っても・・・ボールによっては、どんどんサイドに切れていく。

下がって触るつもりが、自分がどんどんボールから離れていってしまっているようなパターン、無いですか?

強いショットには、下がりたくなる気持ちも分かります。

でも、それではテニスの良い守備とは言えない。

大事なのは、しっかりワンバウンドで、出来るだけ高い打点でボールを触ることですからね。

 

2.2バウンドで触っても、テニスでは反則

ただ、自分の後ろにボールを通さない、だけなら良いんです。

ですがルール上、テニスはワンバウンドで触らないといけないんですよね。

下がってしまうと、ボールに触れても2バウンド、3バウンドになってしまうようなケースが多いでしょう。

ただボールの後ろに回るだけで、ボールはどんどんバウンドしていく。

テニスって、とにかく時間が無い競技だと思った方が良い。

相手が打った瞬間に、もう自分の守備が始まる。

それは、2バウンドまでの時間との戦い、です。

 

3.前に入りながら打つから、クロスへ切れる前に打てる

例えば、ワイドへのスライスサーブでもそうですよね。

リターンで、前に入るからサイドに切れる前に触れる、良い打点でボールが打てる。

曲がらせない、という意識があれば、自然とポジションは前になるはずなんです。

これは、クロスのストロークでも一緒ですよ。

下がっても、どんどんボールが切れていくようなショットには対応できない。

ベースライン上を移動する、もしくはコートの内側に入るくらいの気持ちで良いと思います。

下がってしまうのは、ただアナタ自身の恐怖心が強いだけ。

余計に触り辛くなっていること、に気付かないとダメです。

 

4.全部スピン、じゃなくても良い!

「でも、全部前に入って打つのは間に合わないよ・・・」という方も、多いと思います。

こういう時の為に、スライスがあるんです。

フォアハンドでもバックハンドでも、スライスのグリップにして大きく足を開いて、打点を確保する。

スピンのようにテイクバックからの流れが必要無いですから、サッと出して、サッと打てる。

このスライスがあれば、下がることもなく相手のボールを返球出来る。

当然、そこから守備の時間は続きますけどね。

下がってしまうよりは、自分のポジションをキープ出来る。

相手のクロスショットに対して、下がらない。

この強い意志は、テニスの試合の基本です。

 

強い相手との対戦のとき、こそ大事ですね。

下がってしまうと、相手の思うツボ。

より攻撃の勢いが増して来るでしょうから、注意が必要です。

クロスへのショットは下がらない、厳しければスライスを使う。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

    テニスの試合、相手によって色々変えていくのが基本、です。特に大…

  3. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

    試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  5. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  6. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

    恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。草トー大会では、オム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  2. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
  3. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  4. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
PAGE TOP