テニス ダブルス

スマッシュ

背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。

ロブが効き辛い、というだけで私は結構困ります。

ですが、相手を観察する時に先入観は禁物。

身長が高い=上が強い、とは限らないのがテニスです。

 

背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

 


 

1.苦労していない可能性大

そもそも、身長が高い人って警戒される。

普通、ロブは上げませんよね、怖いから。

サーブにも自信がある人、身長が高い男性は多いでしょう。

でも、実際スマッシュは・・・どうでしょうか?

あんまり練習していない、苦労していない可能性が大、なんですよ。

だから、意外とスマッシュを打たせてみるのは有り、なんです。

それも、少しだけ後ろに下げる、動かしてあげればすぐにボロが出ると思いますよ。

 

2.低く速いロブには、弱い

身長が高い選手は、機敏さに欠ける。

ですので、速くて低いロブは、結構効くんですよ。

試合の中で、「これはロブ、打てないな・・・」と思っても、諦めないこと。

まず、少しだけ後ろに下げるように、ロブを打ってみる。

やってみないと分からないこと、試合ではたくさんありますから。

身長が高い人でも、スマッシュが苦手、下がって打てない人は多いですよ。

ぜひ、試合で先入観を取っ払って探ってみて下さい。

 

3.打たないでビビって終わる、ことがほとんど

試合では、こんな感じでしょう。

相手にビビって、打てないで終わる。

打ってみれば・・・実は相手の弱点だったのに、ということはよくあります。

それも、「これはきっと、相手は得意だろう」と思っていることが、案外苦手だったりもする。

私はいつも、「基本的に、スマッシュはみんな苦手」というスタンスで試合に入ります。

だって、なかなか練習出来る技術ではないですから。

身長が高い人も、一緒。

大きい身体って、それだけでコントロールは難しいんですよ。

手足も長いと、調整が難しい。

試合で、スマッシュを打たせてみる価値はあるんです。

 

4.一発打たれて、決められても気にしない

問題は、その打ち方、ボールへの入り方です。

スマッシュが得意な人は、ボールへの入りが早い、下がるのも早い。

でもスマッシュが苦手な人は、そこが遅いんです。

スマッシュの結果だけ、を見て決まった、ミスという感じで見てはダメ。

ポイントを取られても、その過程がどうだったのか。

遅い反応だったら、まだまだ打たせてみる価値はある。

簡単に諦めない、しっかり相手の反応を見るようにすれば、見抜けます。

 

スマッシュが苦手な長身の人、結構います。

確かにネットに立たれると威圧感が凄いですが、ビビってはダメ。

あえて、上で勝負するような感じ、で挑戦的にいきましょう。

こういう選手、メンタルが折れると弱いですから。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  4. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

  5. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?
  3. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い
  4. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?
  5. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
PAGE TOP