テニス ダブルス

ダブルス

「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

ダブルスパートナーとの、信頼関係。

みなさん、しっかり築けているでしょうか?

試合を観ていて、「このペア、強いな・・・」と感じるのは、こういう姿勢を目にしたとき。

お互いに盛り上げるようなペア、も強いですが、その次の段階はコレでしょう。

 

「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

 


 

1.一喜一憂、しない

ポイントを、取った、取られた。

これで一喜一憂しているようなペアは、そんなに強くない。

これはあくまで、私の経験則です。

そして、どちらかの選手が、どちらかの選手を盛り上げるように必死で褒めている、ようなペアもいますよね。

これも、気を遣っているのでパワーを使いますから、試合ではそれほど怖く無い。

やっぱり怖いのは、ポイントを取っても取られても、静かに試合を淡々と進めるようなペア。

一喜一憂しない、というのは何よりの信頼の証、ですからね。

 

2.「これくらいやってくれる」と思っているから

私もペアには、あえて一喜一憂しない、という姿勢でいます。

もちろん、盛り上げるとことは盛り上げますが、それも一時的なもの。

「お前はこれくらい出来るって、思ってるから」と、ペアのナイスショットにも「当然」のリアクションで応える。

ミスしても、無理に励ましたり怒ったりもしない。

信頼しているからこそ、チャレンジしてくれた、ありがとうという気持ちだけ、です。

試合中、ともすればすごく冷めているように感じられるかも知れませんが、全ては試合に勝つ為。

試合中のコートの上では、あくまで相手にどう見られているのか、を意識しましょう。

 

3.試合後には、喜怒哀楽を出す

試合後、になれば話は別。

実際に試合でどうだったのか、一喜一憂しなかったけど、その時は本当はどう感じていたのか。

それをペアで、確認する、吐き出す。

これが無いと、一喜一憂しないペアじゃなくて「本音が言えないだけのペア」になりますからね。

試合後には、喜怒哀楽を出して、お互いにテニスと向き合う。

ぜひ、このメリハリを大事にしてみて下さい。

 

4.一喜一憂しない、自分に対しても

ペアに対して、の前に自分自身に対しても、ですね。

これはテニスだけの話では無いでしょう。

自分に対して準備が出来ている、コミット出来ている人は、一喜一憂しない。

全てが想定内、で進めることが出来る。

テニスの試合では、これが出来るかどうかで勝敗が決まります。

ショットについて、ポイントの取得について、全ては俯瞰して、客観的に。

こういう話ばかりですみませんが、試合に勝ちたいなら、自分を変えていかないとダメ。

ずっと、悔しい想いだけを重ねていくことになりますよ。

 

パートナーの目をみて、大きくうなずく。

こういう行為だけで、充分に意志は伝わります。

アナタ自身、うわべだけで褒められるよりも嬉しくないですか?

試合で勝てる、強いペアの雰囲気。

ぜひ、形から入っていくことをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

    ダブルスの試合の、基本的な攻撃方法。結構、これを勘違いしている…

  4. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  6. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく
  3. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  4. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  5. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?
PAGE TOP